仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

草野球あるある

最新版 草野球あるある70連発!!『連れてくる度に彼女が違うプレイボーイがいる。』

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

最新版 草野球あるある71連発!!連れてくる度に彼女が違うプレイボーイがいる。』

草野球人であれば、

思わず『あるある~』と言いたくなる

草野球あるあるです。


こんにちはわさびです。


最新版 草野球あるある71連発をお送りします。


・塁ベースのマークが見つからない。

・ポンコツ投手ほどマウンドの傾斜にうるさい。

・外野が草むらになっているグラウンド。

・風の日の河川敷グラウンドは寒い。

・フェンス越しに観戦する散歩途中のおじさんが気になる。

・初心者に野球を教えたがる元野球部。

・草野球好きと競馬好きのシンクロ率は高い。

・意外に人気ポジションの一塁手。

・試合が終了すると『仕事だから。。』と毎回、すぐに帰る奴がいる。

・遅刻魔は他人の遅刻や無断欠席にうるさい。

・キャッチボールで変化球を投げて暴投ばかりする奴。

・夏になると一人だけ蚊に刺されてる奴。


・真冬に投げ過ぎて肩を壊す奴。

・連れてくる度、彼女が変わるプレイボーイがいる。

・ランナーと仲良く会話できるファースト選手がいる。

・忘れた頃にしか来ない幽霊部員がいる。

・デットボールなのに出塁しないでそのまま打ち続ける奴。

・ユニフォーム姿で原付きバイクに乗っている人を見ると微笑ましく思える。

・主審をやりたくないから真っ先に塁審に逃げる奴。

・ジャグで飲料水を持って来て『皆、よかったら飲んで』


・内野フライをお見合いした時の周りの気まずい空気。

・弱いチームはセカンドがザルである。

・強いチームはセカンドが名手である。

・『次、4番!!』と聞いただけでフェンスギリギリまで下がる外野手。

・名門高校のウインドブレーカーを発見すると『あの人、絶対に野球が上手いですよ。』

・一塁に走っているだけで失笑されてしまう奴。

・監督が決めた打順やポジションにやたらと口出しする奴。

・外野に向かって怒り口調で『バッター左!!』と言う内野手。

・振り逃げで走らないでブーイングされる奴。

・盗塁サインに走れずにツーストライクに追い込まれた打者のイライラ感。


・大会になると普段、やった事がないサインを出す監督。

・ピンチになると『もっと声出せー』と言う奴。

・故意に砂ぼこりをたてるセカンドランナー。

・『試合より練習がしたいです。』という奴に限って練習には来ない。

・グラウンドのトイレにはトイレットペーパーがない。


・野球がやりたくて雨雲レーダーを5分おきにチェックする小雨の朝。

・毎回、監督に『今日の対戦相手弱いですか?』と対戦相手の強さを聞いてくる奴。

・グラウンドにスーツ姿で現れる奴。

・試合で太陽の位置を確認する外野手達。

・キャッチボールで『今日は肩の調子がいい!!』と嬉しそうに話す中年プレイヤー。

・『オーライ!オーライ!』と言っておいて、直前に頭を抱えて避ける奴。

・外野で空を見上げて物思いにふけている奴。

・春になるとグラウンドにモグラの跡ができる。

・ユニフォームは自分でお風呂で洗っている。

・公園グラウンドはプレイ中に自転車が横断する。

・前の日、寝てないアピールをするヤツ。

・前の日、深酒アピールをする奴。

・イチローバリのサングラスをしている奴。

・試合前、何が何でもトスバッティングの時間を取りたがるチーム。

・空振り三振は『ドンマイ!』

・見逃し三振は罵声を浴びる。

・フェンス付きグラウンドは近所住民のドックランにされている。

・フェンス付きグラウンドの外野には犬のフンという地雷がある。

・メタボ過ぎて対戦チームに監督と間違われている奴。 

・球場を間違えて遅刻する奴。

・相手チームの背番号30番はいい所でヒットを打つが、うちの監督は打てない。

・2人助っ人呼んだら『先週も会いましたね。』と挨拶をしてた。

・『俺はどこでも守りますよ。』という奴に限って、『俺、サードやりたい!』と面倒くさい奴である。

・野球の活動に来れないが飲み会には来れる奴。


・左利き選手はサード守備NG、ファースト守備OKみたいな風潮。

・大会で満塁になると高確率でピッチャーゴロ併殺打になる。

・午前中、野球をやると、午後は必ず昼寝をする奴。

・新加入選手の肩がいいだけで『ピッチャーできる?』と聞く奴。

・古くて色褪せたユニフォームなので違うチームの人に見えてしまうベテラン選手。

・気象予報士並みに天気に詳しい奴。


・ベンチから『外野、誰も声出てないよー』

・壮年チームの決め台詞『昔は、我々もダブルとかトリプルヘッダーやりましたね。。』

・助っ人だけ活躍して勝利したチーム。

・硬式上がりは軟式で通用しないという説を唱えたがる奴。

・平然とユニフォームのままで電車に乗れる奴。

・チームメイトの職業を知らない。

・フリーバッティングで『ラスト1球!!』を何回も繰り返す自己中な奴。


以上、如何でしたか?

草野球人ならじわっとくる、草野球あるあるでした。

あなたはいくつ思い当たる節がありましたか?

わさび

-草野球あるある
-, , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。