仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

草野球あるある

【草野球あるある】試合中、3塁ランナーに向かって『楽々刺せるぞー』って叫んだら得点を阻止できた⁉

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

【草野球あるある】試合中、3塁ランナーに向かって『楽々刺せるぞー』って叫んだら得点を阻止できた

こんにちはわさびです。

あなたは草野球楽しんでいますか?

 

今回は、試合で得点されたら困る~

という絶体絶命の場面で、

わさびがよく使うちょっとだけ汚い小技テクニックを伝授いたします。

 

草野球は毎試合必ず派遣審判を頼む訳ではありません。

そんなリッチな運営を続けていたら、

チーム予算がパンクしてしまいます。。。。

 

そこで、草野球チームの

”攻撃側持ち回り審判制”という特性を活かします。

 

草野球には色々なローカルルールが存在します。

持ち回り審判というには、攻撃側が塁審を出すというルールです。

さらに攻撃側が出した審判というのは、ややこしい立場にいます。

 

打球が飛んだ瞬間は審判役。

自軍のランナーへの指示を出す時は、

ランナーコーチャーの役割を果たすのです。

 

 

さて、相手チームにチャンスが訪れました。

局面はワンアウト満塁とかなり劣勢です。

 

『もうこれ以上、得点は許せない・・・』

そんな時、わさびは監督そっち抜けで、

打球の行方をかたずを飲んで見守ります。

このピンチの場面で、

相手打者が鋭い打球をかっ飛ばしたとします。

 

この瞬間、わさびはベンチを飛び出します。

そして、大声で叫びます。

『よーし、ホームは楽々刺せるぞーーーー』

 

これ、実は大嘘です。

右中間真っ二つに破られても、平気でフェイクします。

ランナー心理を考えたら、

『えっ、マジで・・・』

となります。

 

1人目は生還したしても、

うまくいくと、セカンドランナーが素人の場合3塁で止まってくれます。

 

もしくは一瞬、身体にブレーキがかかり打球の行方を確認しながらの走塁になります。

その分、スピードがと判断力が鈍らせる事ができるのです。

これで、ホームクロスプレーアウト!

何回もあります。

意外によく引っ掛かる小技なのです。

 

ヒットライナー性の当たりが飛んだ場合は、

『よし取った』

ポテンヒットになる打球が飛んだ場合は、

『よし、落下点に入った!』など、

フェイクを言います。

 

野球は、声出しも作戦のひとつ。

 

それが相手を中傷するような暴言でない限り

大いに声を出しも味方につけて

利用するべきなのです。

 

あなたはプレー中、しっかりと声出ししていますか?

わさび

 

 

 

-草野球あるある
-, , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。