仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

打撃論

【打撃論】草野球 打てるバッターはここが違う!!"構え"が早く"間合い"上手です!!

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

 

【打撃論】草野球 打てるバッターはここが違う!!"構え"が早く"間合い"上手です!!

『ストライク!』

『ストライク、ツー!!』

『ストライク、バッターアウト!!』

 

あらら、大したことなさそうな投手に

あっさりと三振してしまいました。

 

投球は間の取り方やテンポにより、

打者心理を大きく左右させるのです。

 

こんにちはわさびです。

 

毎週、日曜日になると

バッターとしてピッチャーと対決する

あの緊張感がたまらないのです。

ホントしびれます。

 

そんなバッティングで会心の一撃を放った!

自分が納得できるバッティングができた時は、

思わずガッツポーズしたくなるくらい嬉しいですよね。

 

あなたの自分が納得できたバッティングって、

どんな時だと思いますか?

 

おそらく自分の間合いが取れて、

完全に主導権を握った時ではないでしょうか。

ピッチャーというのは、

誰しも自分のリズムで投げたいと考えています。

 

投手は自分が主導権を握ったまま、

バッターに配球を読ませないうちに

ポンと投げたいのが投手心理です。

打者が打ち取られる理由として

まともに”構え”をつくる前に投げられてしまういう事が挙げられます。

 

逆に言うと、

投手はセットポジションに入る前に、

打者にまともな”構え”をつくらせるないのです。

 

慌てて”構え”をつくる

いつも後手後手のバッターには、

打者が”構え”をつくるなりすぐに投げてくると思います。

 

投手と打者の対戦は、

本来は7:3で投手が断然有利です。

それは野球は投手が球を投げない限りは、

ゲームがスタートしないからです。

試合の主導権は、普通は投手が握れるのです。

しかし、野球は心理戦です。

裏と裏の読みあいなのです。

 

『カンタンに追い込まれたな・・』

打者は、時々こんな事が脳裏を駆け巡る事があります。

このわずかな瞬間に、

余計な邪念が入ると、

打者には十中八九良い結果は待ち受けていません。

 

プロ野球選手のプレイ中の心理状態は”無”だと言います。

いい意味で頭の中は真っ白だと聞いた事があります。

 

草野球選手でも、

無心な状態でプレイした場合と

あれこれ考えてプレイした場合では

その結果というのは、

死ぬほど悪い方向にしか向きませんもんね。

 

わさびは打席で迷いが生じた時、

『もう少しバットを寝かせようかな。』

など”構え”に少しでも不安を感じた時、

ヒットを打てた記憶がありません。

 

このように打者が

『打てそうにないな・・・』

という邪念が生まれた時は、

まあ間違いなくアウトになります。

 

勝負の世界は主導権を握ったほうが

良い結果を得るのです。

 

では主導権を自分に持ってくる為に、

何か良い方法はないのでしょうか?

そしてどうしたら無心で打席に立てるでしょうか。

 

 

・ゆっくりと土を馴らす。

バッタボックスには土があります。

右バッターであれば、

右手で待ったのポーズを取りながら、

ゆっくりと心を落ち着かせて土を馴らせばよいのです。

 

・”構え”をゆっくりつくる。

ピッチャーがセットに入ったからと言って、

何もバッターもすぐに、”構え”に入る必要などありません。

これではピッチャーの思う壺です。

これは初心者バッターに多くみられる光景です。

ベテランバッターは、

俺がバットをトップに構えるまでは、

投球を待てぐらいの気持で打席に立っているのです。

 

 

・サインの確認をする。

監督がサインをだしていようがいまいが、

サインの確認をするふりをして

一度、打席を外してベンチを見るのです。

 

・スパイクの紐を直す。

タイムをかけて、スパイクの紐を

堂々と直しましょう。

 

また、緩んだバッティンググローブを、

直すふりをしても良いでしょう。

 

 

以上、自分のリズムで投げる事ができる

ピッチャーを攻略するには、

バッターはその上を行かなくてはなりません。

 

『ここは打ち取られる・・・。』

と感じた時は、

堂々と一度リセットする事をしましょう。

 

また投手は、

『ここは打たれる』と思えば、

間合いを取りバッターをじらしてきます。

 

あなたの”構え”に打ちそうなオーラーがある時、

投手はビビります。

『何を投げても打たれそう・・・』

と頭をよぎる事があります。

 

野球はカケヒキです。

頭を使うものが勝利を掴むのです。

 

打者はいかに自分の間合いで

勝負するかに尽きるのです。

 

こうした打者側の心理を知る事で、

チームでクリーンアップが打てるバッターへと

成長していくのです。

 

・タイミングが合わない時の対処法

野球の勝負は一瞬のミスが勝敗を分けます。

ホント、ほんの一瞬です。

 

ピッチャーが振りかぶった瞬間、

『し・しまった』って事ありますよね!

ホント、ほんのちょっとだけタイミングが合わなかったって事。

打者って繊細なものなのです。

 

こんな時は、構えた時にバットのトップさえ

決めておけば大丈夫なんです。

 

不安が頭をよぎると、

なんだかわけがわからなくなって、

バットを左右に振ってみたりと、

結構、バットを動かしちゃうです。

ヘッドのトップを動かさなければ打席の中での修正は可能です。

 

一瞬の迷いが頭をよぎったら、

バットのトップだけはしっかりキープして、

スイングしましょう。

 

という事で、

今回は、

草野球 打てるバッターはここが違う!!

というお話しでした。

 

あなたは打者として絶妙なタイミングで”間合い”が取れていますか?

わさび

 

-打撃論
-, , , , , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。