仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

打撃論 練習論

【打撃論】キャッチボールの取る位置によってバッティング向上の練習になります。

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

【打撃論】キャッチボールの取る位置によってバッティング向上に役立ちます。

こんにちはわさびです!

あなたは野球をする前、まず何から始めますか?

グランドに到着するなり、

いきなりノックから始める方はひとりもいませんよね?

 

試合の時でも、練習の時でも、

ほとんどの場合、まず、ランニングや軽い体操などで身体をほぐします。

 

そして次に行うのがキャッチボール。

全てはここから始まると思います。

”キャッチボール”

これには、肩を温める。

体をほぐす。など、

投げる、捕るの動作で、身体全体のウォームアップを図るのだ。

 

もちろん、私、”わさび”も、

まず、グランドをゆっくり1周しながら身体をほぐしていきます。

 

ただ何となくだけでやってはいませんか?

あなたにとってキャッチボールとは、一体、何でしょう・・・。

 

えっ?そんな事はないよ!と

反発の声が聞こえてきそうです。

 

『相手に正確なボールを投げるように心がけています。』とか、

『相手からのボールを確実に捕球できるようにしています!』

『グローブのさばき方の練習になっています』など、

そんな声が聞こえてきそうです。

 

確かにこれらどれも大事な要素になります。

”わさび”もコントロールを気にしながら、

リリースポイントに趣を置きます。

 

まあキャッチボールに、

それぞれの考え方はあるにせよ、

今回の表題にした、キャッチボールの取る位置によって

バッティング向上に役立ちます。と、

もし、言われたら

その秘密をちょっとは知りたくなりませんか?

 

では、その捕る位置とは、

どのあたりになると思いますか?

 

ここで、クイズです。(4択になります。)

1.顔より高い位置。

2.利き手の肩の前位置。

3.腰より低い位置。

4.ランダムな高さで捕球する。

さて、正解は何番でしょうか?

 

 

正解:2番。

2.利き手の肩の前位置。

 

正確に言うと、

ミートポイントと同じ位置で捕るのである。

 

バックハンドキャッチの勧め

ミートポイントで捕る。

いわゆる、バックハンドキャッチである。

具体的にお伝えすると、ミットは、腕の延長上にあります。

ではバットの延長上にあるのは・・・

そう!その延長上には、腕があるのです。

 

つまり、この位置でボールを捕球するということは、

バットでボールを捕らえる位置とまったく一緒という理論になるのである。

 

※バックハンドキャッチをする仁志さん。

 

意外かもしれませんが、

これが実に、効果的な練習になるのです。

”わさびも”意識的に捕る位置を固定しています。

 

あなたは、今まで、たかがキャッチボール

されどキャッチボールと思ってきませんでしたか?

 

今日から、もうやめましょう!

よくキャッチボールには、野球の基本動作が詰まっていると言われます。

監督が『おーい、皆、試合前に早く、

キャッチボールぐらいしっかりやっておけよ』と

選手にいうことがあります。

 

あなたにもぜひ、バッティングの原点となる、

バックハンドキャッチを取り入れて頂きたいと思います。

 

キャッチボールでは、

遅い球、速い球、そして、様々な変化球がぶっ飛んできます。

キャッチボールの相手に、

コントロール難のあるとしたら、

さらに高い球、低い球、暴投などもあります。

 

”わさび”は、ノーコン選手とキャッチボールを

するのが実は好きです。

マゾか!って、

キャッチングの練習になるので、面白いですよ。

 

今回、ご紹介のキャッチボールの捕球タイミングは、

バットでボールを捕らえる位置と心掛けてください。

 

バッターボックスの立ち位置は、

ピッチャーに対して横向きですよね。

なので、キャッチボールの捕球時に、

グラブを利き手側、肩の前に出してください。

もしも、バッティングのタイミングが

なかなか掴めないという人は、

この練習方法に取り組んでください。

 

身体でミートポイントを覚えることができます。

 

バックハンドキャッチで、体感することで、

この感覚をしっかりとマスターしていけば、

意図も簡単に、ヒットを量産することも可能になります。

 

あとは、打席に立ったときに、

ストライクゾーンにきた球だけを、

的確なミートポイントで打ち返す。

よりボールを遠くに飛ばすことが可能となるのだ。

 

キャッチボールで打撃が向上する。

明日からそんな効率的なキャッチボールを始めてみませんか・・・。

ファーストストライクから、素直にバットが出るようになりますよ。

 

わさび

-打撃論, 練習論
-, ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。