仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

打撃論

【打撃論】軟式草野球 ドアスイングを矯正する!!『体を開くな!!』『前に突っ込むな!!』のバッティング真意!!

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

【打撃論】軟式草野球 ドアスイングを矯正する!!『体を開くな!!』『前に突っ込むな!!』のバッティング真意!!

『よーし、もっと引き付けて打っていこう!!』

『体が開いてるよ~』

ドアスイングだと、まともにボールが当たりません。

万が一、バットに当たってとしても、

内野ゴロの山になってしまいます。

 

ドアスイングとは、

投手が投げてきた球に対して、

上半身を球に預けてしまうスイングの事です。

 

こんにちはわさびです。

 

上半身が前に突っ込んだスイングは、

ただバットに当てるだけになってしまいます。

その多くは、内野ゴロになってしまいます。

 

逆を言えば、

上半身を遅らせてスイングすればヒットゾーンが広がるのである。

 

それにドアスイングが解消すると、

苦手な速球にも対応できるようになります。

 

初心者に多いのがドアスイング。

体が浮き上がる、

言わば”伸びあがり打法”になっている人がいます。

 

これでは飛距離が出ないのはおろか、

バットにボールが当たりません。

 

試合中、『ボールを呼び込め!!』

とチームメイトから声が掛かります。

 

ボールを呼び込めとは、

打者は投手が投げた球に対して、

バットを最短距離で出すという意味です。

 

ボールを打ちたいが意識が成功するがあまり、

体が前に突っ込んでしまうのです。

最短距離でスッとバットが出れば、

ボールを見極める時間も長くなるので、

当然、ミート力がアップします。

 

バットを最短距離で出せれば、

誰だって3割打てるようになれますが、

これがそう簡単にいかないのが野球の難しいところです。

 

普段、完璧なスイングをしている選手でも、

一度調子を崩せば、球を打ちたい気持ちから

スイングより先に体が前に出てしまうのです。

 

しかし、これだけは強く言いたいです。

『前に突っ込むな!!』の言葉だけに惑わされないで欲しいのです

上体が前に突っ込んでしまうのと、

思い切り体重移動する事はまったく別なのである。

 

 

『突っ込むな・・・』ばかり意識すると、

軸足に体重が残り過ぎてしまいます。

 

軸足に体重が残り過ぎると、

バットに力が伝わらずにボールが遠くへ飛ばないのです。

 

前に突っ込まないように・・・と、

過剰に意識しすぎて打てなくなった選手を、

過去、たくさん目にしてきています。

前に突っ込むなと体重移動は別物であり、

セットで考えるものなのです。

 

理想的なスイングは、

軸足を動かさないで、

うまく前に体重移動する事で、

ボールに力が伝わるのです。

 

前に突っ込まないようにするポイントは、

地面に軸足をつけ過ぎずに、

インパクトの瞬間に完全にカカトを浮かせる意識をします。

これは、テイクバックでためた力を前足にのせる為なのです。

インパクトの瞬間に、軸足のカカトを上げて、

最後に軸足のつま先を残す事で、

体の重心はまったくブレません。

結果としてボールを遠くへ飛ばす事ができるのです。

 

軸足のカカトが完全に浮いた状態で、

ボールをインパクトするミート力もアップするのです。

 

軸足に重心は残こりすぎると、

全の力がボールに伝わらないのです。

 

軸足に重心が大きいタイプの選手は、

重心はブレないのですが、

体の軸がしっかりと残ります。

 

しかしウイークポイントは、

遠くへ飛ばせない、強い打球が打てない事です。

 

軸足が残り過ぎてもかなりのヒットを量産する事は可能ですが、

より強い打球、そしてより遠くへ飛ばしたいのであれば、

プラス体重移動が必要不可欠なのです。

体重移動!!

 

体の体重移動にポイントを置いて、

インパクトの瞬間に完全に軸足を浮かせてください。

 

・体重移動のポイントは前足のカカト。

ステップを踏むポイントはカカトです。

投手に向けて前足のカカトを見せるように足を上げます。

すると軸足に力がたまります。

 

体重移動する事で、軸足に力がたまりすぎず、

腰の回転が増すのです。

 

両足のカカトを意識すれば、

体も開かなくなるのです。

 

・体を開かない。

次に『体を開かない』についてですが、

体を開かないように打とうとすると、

上半身の動きがぎこちなくなってしまいます。

 

上半身を残そうと意識しすぎて、

上半身が固ってしまいます。

 

手だけでスイングしようとする、

とても不自然なフォロスルーになってしまうのです。

 

体を開かないようにするポイントは、

前足の踏み込む位置なのです。

 

つま先はストッパーの役目をするのです。

つま先がマウンドに向かっていると、

肩が早く開いてしまいます。

つま先を完全に閉じた状態でスイングする事で、

つま先がストッパーの役目を果たします。

足の小指の側面をマウンドに向けて踏み込みます。

これで自然と体開きを解消してくれます。

 

 

最後にドアスイングを解消する効果的な練習を2つご紹介します。

 

・素手キャッチ

ストライクゾーンに軽くボールを投げてもらいます。

それを素手の手のひらで受ける練習をします。

まずドアスイングの強制がしたい打者が打席に立ちます。

至近距離からボールを投げてもらい、

それを打者の利き手の手のひらで、

ボールを受ける練習をします。

 

手の平に当てて落として構わないので、

打撃と同じ構えをしてボールを受けると、

バットの軌道の感覚を養う事ができるのです。

 

・外野ノッカーを志願をする。

 

ノッカーを志願してドアスイングを解消する!?

どうも体重移動と軸足の使い方が、

上手くいかないという選手に最適な練習になります。

 

自らチームノックのノッカーを買って出ると良いです。

 

特に遠くへ飛ばせる外野ノックが好ましいです。

意識するのはもちろん体重移動です。

 

普通に打席に立ってノックをします。

バッターボックスサークル内でノックをするのではなく、

1、2歩前に歩きながら、ノックをしてください。

体重移動をすると遠くへ飛ばせる事が分かります。

 

外野ノックはフライを上げようと意識しない事です。

 

ライナーを飛ばす意識で打つ事が大事です。

外野ノックでフライを打とうと意識しすぎると、

体が浮き上がってしまいます。

 

ライナーを意識してノックしましょう。

上手く体重移動をして、

前足に力がのらないと遠くへ飛ばない事を

実感できるはずです。

 

『ノッカー!!ボール来ないよ!!』

とヤジられれば、

どうしたらもっと遠くへ飛ばせるか

勉強になると思います。

 

体重移動を意識して外野にノックを飛ばしましょう。

 

 

以上、如何でしたか?

 

ドアスイングと体の開きを直すのは、

本当に苦労しますよね。

 

打者が一度、調子を崩すと、

スランプから脱出するのは大変です。

 

そんな時に、この3点を思い出してみて下さい。

 

・軸足のカカト。

・前足のカカト。

・つま先の位置。

 

あなたは打撃不振の時、どうやってスランプから脱出していますか?

わさび

-打撃論
-, , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。