仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

打撃論

【打撃論】軟式草野球 いつも内野ゴロに引っ掛けてしまう理由はヘソである。

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

【打撃論】軟式草野球 いつも内野ゴロに引っ掛けてしまう理由はヘソである。

うちのチームには、

10回中、7回引っ掛けた打球を打ってしまう選手がいます。

生涯打率は1割未満・・・。

 

10回1回ぐらいはヒットを打てますが、

そのほとんどが、

引っ掛けた延長線上の打球が、

たまたまヒットになったに過ぎないのです。

 

こんにちはわさびです。

『あなたのスイングは体がバラバラだよ。』

良かれと思って助言をします。

 

当の本人は修正しようと努力しているのか、

それともまったく聞く耳を持てないのか、

言われている意味を理解できていないのか?

 

2年経っても、3年経っても、

一向に良くなる気配がありません。

 

 

打撃に関して細かい事を言い出したら、

キリがありませんが、

ひとつだけ言える事があります。

 

 

ヒットを打てる選手と、

ヒットが打てない選手には、

絶対的な差がひとつだけあるのです。

 

 

ジャストミートできる選手と、

ひっかけてばかりの選手とでは、

絶対的な差があるのです。

 

ここに気が付くか気が付けないかで、

今後のあなたの打撃に、

大きさ差が生まれるのです。

 

その絶対的な差と言うのは、

ヘソで打つ。

へそで打つ!!

 

『ヘソでは打てないよ。』

確かにヘソで打ったら痛いです。

 

冗談はさておいて、

ヘソで打つとはどういう意味なのか?

自分の頭で考えて理解する事から始めます。

 

あなたに向けて投げられたボールの軌道は、

どの方向からきますか?

 

 

ピッチャーから放たれたボールは、

バッターボックスのあなた目がけて飛んできます。

 

ヘソで打つ。

とは、つまり、

ボールをインパクトする瞬間に

あなたのヘソがどこを向いているのか、

これがとても重要になってくるのです。

 

インパクトの瞬間、

ヘソもバットと一緒に回転させるのです。

たったこれだけです。

 

 

ボールをインパクトの瞬間、

ボールとヘソが向き合った状態で

スイング出来れば強い打球が打てるのです。

 

打撃フォームがどうだの、

ヘッドスピードが遅いうんぬんよりも、

大事なのはヘソが向いている方向なのです。

打球はヘソが向いている方向に飛んでいくのです。

 

打撃の基本はセンター返しです。

右打者で、いつもサードゴロばかり

引っ掛けている選手は、

インパクトの瞬間にはすでに、

ヘソが回りきってしまっているのです。

 

単純に言えば、

ボールがバットに当たる瞬間、

ヘソがサードに向いていれば、

サードゴロになるのです。

 

インパクトの瞬間、

バットとボールが当たる面が平行でなければ、

打球は真っ直ぐ飛びません。

 

だからインパクトの瞬間、

ヘソはボールと平行であるべきなのです。

 

これを意識するか、

しないかで打撃に大きく影響します。

 

打撃では腰の回転、腰の回転と言われますが、

ただ腰が回転していれば良いという意味ではなく、

上半身と下半身がバラバラでは、

意味がないのです。

 

バッターがボールをインパクトする瞬間に、

ヘソが正面がファースト方向に向いていれば、

ボテボテのゴロになります。

 

ヘソがサード方向に向いていれば、

この打球も、ボテボテのゴロになってしまうです。

 

打撃とは、ヘソの向きが大事なのである。

 

 

あなたはヘソで打っていますか?

 

わさび

 

 

-打撃論
-, , , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。