仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

打撃論

【打撃論】軟式草野球 速球に弱いバッターの3つの修正ポイント!!

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

【打撃論】軟式草野球 速球に弱いバッターの3つの修正ポイント!!

あなたは速球に振り遅れていませんか?

こんにちはわさびです。

速い球が苦手な選手って、

結構、チーム内にいませんか?

 

 

対戦相手の投手が、

ただ球が速いというだけで、

打線が沈黙してしますチームも珍しくありません。

 

 

それって、自分です!!という選手は、

よーく聞いて欲しいと思います。

 

速球に振り遅れるという事は、

必ずそこに原因があるのです。

その根源さえ把握していれば、

ある程度、速球などついていけます。

 

『元々、ボクはスイングが遅いんです・・・』

ハッキリ言って、速球を打つのに、

スイングスピードなどまったく関係ありません。

 

わさびはチーム内で、

下から数えたほうが早いぐらいスイングスピードが鈍いです。

でも速球を打てます。

では、速球に弱いバッターは

一体、何を修正すれば良いのでしょうか?

 

・3つの修正ポイント

1.振り
2.ヘッドの位置。
3.バックスイング。

この後、順を追ってご説明しますが、

 

修正ポイントを簡単に言うと、

速球に弱いバッターは、

バックスイングが大きくて、

バットのヘッドが下がっています。

だからバットが振り切れていないのです。

これが原因です。

 

頭の中では、『ヨシ、来た!!』

とスイングしても、

打てないのはフォロースルー時に無駄な動きが多いのです。

 

必要以上にバックスイングするので、

体はブレブレになっています。

つまり、インパクトする前のフォロースルーがデカすぎのです。

バックスイングした際、

バットのヘッドは肩よりも下がっている選手が、

まあ多い事、多い事。

 

右バッターで言えば、

左からが上がり右肩が下がれば、

バットのヘッドも下がります。

結果として、振り切れないスイングになるのです。

 

だから、速球に弱いバッターは、

1.振り。
2.ヘッドの位置。
3.バックスイング。

この3点を早急に修正する事が大事なのです。

この手のバッターは、

なまじっかデカいのばかり狙っています。

 

バットを長く持ちたがり、

重たいバットを選びたがります。

 

しかしこんな選手でも、

自分のウイークポイントを甘んじて受け入れて、

この3つの修正ポイントを改善すれば、

コンスタントにヒットを量産する事が可能になります。

己のウイークポイントを知り、

日々、修正していく。

打撃に完成形はありません。

いまの自分に合わせて

常に進化し続けなければならないのである。

生涯、打撃は進化し続けるのです。

あなたは打撃に自信がありますか⁉

 

わさび

-打撃論
-, ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。