仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

打撃論

【打撃論】草野球 アウトコース打ちを極める!ポイントはタメ・踏み込みにあった!!

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

【打撃論】草野球 アウトコース打ちを極める!ポイントはタメ・踏み込みにあった!!

こんにちはわさびです。

あなたはアウトコース打ちは得意ですか?

 

 

打者によって、得意なコース、不得意なコースがあります。

アウトコース打ちが苦手な選手は意外に多いです。

アウトコースはカンタンなコツさえマスターすれば、

面白いように綺麗に打ち返せます。

 

という事で、

今回は、苦手意識の強いアウトコースを極める!

という事で検証していきたいと思います。

 

アウトコースで完璧な当たりをした時に、

残った感触はしっかりと打球を捕らることができた

打撃フォームの”タメ”ではないでしょうか。

タメをつくる。

 

タメとはスイング時、軸足に力を貯めて腰の回転が早くならないようにする事。

ストレートを待っている時に、

意図しない変化球がきたとしても、

体勢の崩れを最小限に抑える為にタメを作るのです。。

 

アウトコースが苦手な選手は、、

外の速球に空振りをしたり、

外に落とされる球で引っ掛ける事を嫌います。

 

そんな外角球の苦手意識を克服しなければ、

カウントが不利になればなるほど苦手なアウトコースが頭をよぎります。

 

外角球を打つには、

まず、

アウトコース打ちは踏み込み強く意識します。

若干、体は突っ込み気味となります。

 

それに負けないようにステップと同時に、

タメをつくらなけければなりません。

 

タメをつくりバットのヘッドが残っていれば、

多少タイミングを外されてもバットコントロールする事は可能なのです。

 

踏み込んだ後のスイングは、

通常のスイングと比べると肘を出す時にグリップエンドをややアウトコースよりに向けます。

そして単純にそのまま腕を伸ばすだけです。

 

両手を伸ばして流し打ちです。

打球のコースは逆方向。

つまり、右打者であればライト方向、右打ちとなります。

しかし、ミートポイントによっては引っ張る事も出来ます。

 

ミートポイントを前に置く場合、

強引に引っ張り打ちをする事も可能です。

少々、甘い球の場合は引っ張る事も有効です。

 

しかし基本は流し打ちになります。

踏み込みながらしっかりとタメをつくりミートポイントは後ろにする、

これが基本的なアウトコースの打ち方となります。

 

アウトコースは長打しやすいコースでもあります。

しっかりとアウトコースの打ち方をマスターして

外角球打ちの名手になってみませんか?

 

あなたはアウトコースは得意ですか?

それとも不得意ですか?

わさび

-打撃論
-, , , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。