仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

打撃論

【打撃論】草野球 高め打ちを極める!ハイボール攻略のポイントとは⁉

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

【打撃論】草野球 高め打ちを極める!ハイボール攻略のポイントとは

 

こんにちはわさびです。

あなたは高めの球を打つのは得意ですか?

それとも苦手ですか?

 

高めの球をジャストミートできるようになれば打撃の幅はかなり広がりますよね。

 

『ワンストライク!』

『ツーストライク!!』

と早めにカウントが追い込まれた時、

分かっていても、高めの釣り球に手を出してしまい・・・

『ストライク!アウト!!』

って場面、幾度も経験されているのではないでしょうか。

 

そこで今回は、高め打ちを極める!という事でお送りします。

 

高めの球を狙う時、

どうしても長打を意識してしまいがちです。

 

大きな当たりを打ちたいがあまり腕に力が入り、

”力み”のよる打ち損じをしてしまいます。

 

高めの球の攻略法って、実は意外に簡単なのです。

 

まず、あなたが高めの球を

ジャストミートした時の感触を思い出してみて下さい。

 

三位一体、完璧なスイングができていた事は当たり前ですが、

精神状態がフラットで、リラックスしていませんでしたか?

まず、一番大切なのは、メンタル面になります。

 

高めの球を狙い打ちしたのに

打ち損じする時って、

『よし、絶好球がきた!』

と気持ちが先に行ってしまいがちです。

その心理から”力み”が生まれるのです。

 

完璧に捕えた時のスイングは、

素直にバットが出ているのではないでしょうか。

 

高めの球の攻略は、

普通にバットを出しあとはミートすれば遠くへ飛ばせるのです。

普通にバットを出し、あとはミートすれば遠くへ飛ぶ!

 

高めの球は本当に面白いように外野に飛ばせる球なので、

高め打ち攻略をしておきたいですね。

 

そして高め打ち攻略のひとつに、

カウントを追い込まれるまでは、

『低めに手を出さない!』とマインドセットする事です。

この高さを狙う!と決めたほうが良いです。

 

ネクストバッターズサークルで素振りする際、

投手のモーションを想像しながら、

打席に入る前に高さをイメージした素振りしておきたいものです。

 

イザ、打席に立ったら、

ベルトよりも高いコースに山を張る事で、

よりリラックスする事ができます。

狙い球を絞る事で精神状態を安定させる。

野球は準備8割です。

 

高めの球をミスショットしない為に、

何よりもリラックスさせる事が大事です。

 

高めの球は確実のミートすれば、

自然とボールが上がりますので打球は外野まで飛びます。

 

 

・ミートポイントは前目

高めの球のミートポイントは前になりますので、

必然的に引き付けたバッティングはNGとなります。

 

ミートポイントを前にする理由は、

ポイントを前にすると、

後ろよりも断然、少ない力で遠くへ打球が飛ばせるからです。

 

プロ野球選手の中には、

ミートポイントを後ろにしてホームランさせる選手がたくさんいますが、

非力な草野球選手の場合、そうもいきません。

 

高めの球は基本的にミートポイントを後ろすると、

その分だけ”力”が必要となります。

 

ミートポイントを後ろにする利点は、

最後まで球を見極められるという点にあるので、

パワーのある選手は少しでもポイント後ろにします。

 

パワーがあればポイントに関係なく遠くへ飛ばせるのです。

パワーって、羨ましい~。

 

なので、基本的に高めの球は、

ミートポイントは前です。

 

これなら非力な選手でも確実にミートするだけで、

打球が上がる確率は高まります。

 

男性よりも、か弱い女性選手が、

たまに草野球チームに所属していますが、

 

高めの球に手を出し

『パコーン!』

バットを合わせただけで女性でもミートできるのはこの論理です。

 

野球に不慣れな人はスイング始動が早いです。

必然的にミートポイントは前となり、

セカンドの頭を越してしまうのです。

 

どうしても外野へ飛ばしたい場面で、

確実に遠くへ飛ばすには、

日頃からミートポイントを意識した練習をしておきとよいでしょう。

 

 

・バットを下から出さない。

そしてバットのヘッドは、球の高さより下にならない事。

具体的に、以下の図で確認して頂きたい。

バットヘッドが球よりも下回れば、

打球の行方はバックネットから内野の凡フライになるはずです。

バットヘッドは球と水平、もしくは球よりも上になければいけない。

 

バットヘッドを水平以上に保つ事で、

軽く内野の頭を越えていく打球を放つ事が可能なのです。

 

バットヘッドが下回らないコツは、

脇を締めて、肘をたたんでスイングするだけです。

これで球よりもバットヘッドが下回る事は解消できます。

 

以上、高め打ちを極める!

如何だったでしょうか?

 

高め打ちは意外と簡単なので、

この機会にバッティングに幅を持たせる為に、

極めてみてはどうでしょうか。

 

あなたは高め好きですか?

わさび

-打撃論
-, , , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。