仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

打撃論

【打撃論】草野球 低め打ちを極める!ローボール攻略のポイントとは!?低めが打てない理由もこっそり教えます。

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

 

【打撃論】草野球 低め打ちを極める!ローボール攻略のポイントとは!?低めが打てない理由もこっそり教えます。

こんにちはわさびです。

あなたは低めの球を打つのは得意ですか?

それとも苦手ですか?

 

低めの球というのは目線から遠いコースにズバッときます。

高めの球と違いストライクなのか、

それともボールなのかとても見極めが難しいのです。

かなり上級のバッティングセンスが求められます。

 

でもそんな難しい低めの球をジャストミートできたら

打撃の幅はかなり広がりますよね。

 

チームメイトからは、

『おい、よくいまの球ヒットできたな!』と褒められ、

敵チームからは、

『ナイス!バッティングです。』と称えられる。

低めを打っただけでこんなにもヒーロー的扱いされるのです。

 

イチロー選手みたいに、

低めをバットコントロールする技術の高さ。

ホント、惚れ惚れしちゃいますよね。

 

そこで今回は、

多くの草野球選手の頭を悩ませる

低め打ちを極める!という事でお送りします。

 

 

『ストライク!アウト!!』

低めのストライクゾーンに一杯にズバッと決められて見逃しの三振!!

 

 

『あっ、しまった・・・』

フルカウントで低めギリギリに手を出しあえなくポップフライになった‼

 

あなたが描く低めの球に対するイメージは、

こんなものではないでしょうか?

 

 

・低めの球は難しいのは当たり前。

まず、低めの球は、難しいのだという事を

しっかりと念頭において頂いた上でお話しを進めていきます。

 

低めの球は投手の生命線とも言える最高の球です。

そう、低めの球は最高の球なのです。

 

野球で、迷ったら低めに投げとけば間違いないという格言があるぐらいです。

ピッチャーがヒットを打たれた時の言い訳に、

『球が少し高めに浮いたから、バッターに上手く持っていかれた。』

という会話は良くありますよね。

それだけ低めの球は打ちにくい球とされていますし、

事実、打ちにくい球です。

 

ピッチャーが低めに投げる一番の理由は、

打者をゴロに打ち取りたいと考えているからです。

高めと比べて長打になりにくいコースなので、

ランナーを背負った場面では、確実に低めの球を中心に攻めてきます。

 

こうして初めから低めで勝負してくるのが分かっている場面で、

積極的に低めを狙い打ちできるバッターになりたいですよね。

 

低めの球をヒットできた時なんて、

正直、両軍ベンチが揃って

『うわー、上手く打ったな~』と思うくらいです。

それだけ低めをジャストミートできる技術は芸術的センスなのです。

 

先に述べたとおり、低めの球というのは、

高めと比べバッターの目線から遠い所にあります。

低めは、例えストライクゾーンに入っていても、

自分ではボール球だと感じやすいコースなのです。

 

 

それを目で球を追ってしまうと、

頭や方も上下に動きやすいのです。

頭や体が動けばスイングがブレてしまいます。

そんな腰抜けスイングでは、

詰まったり泳いだりして凡フライか内野ゴロしか打てません。

 

 

・アッパースイングをする。

バッティングのスイングには、

ダウンスイング、レベルスイング、アッパースイングと3種類あります。

果たしてどのフォームが一番適したスイングなのでしょうか。

 

低めに決まるローボールに対してダウンスイングすると、

球との接点は極点に少なくなります。

低いコースにバットを上からナタで切るようなスイングをしていては、

ミートポイントは限りなく点にしかなりません。

もっとも適したスイングは、

アッパースイングとなります。

 

 

但し、単純にすくい上げただけでは、

凡フライにしかなりません。

球の真下を叩けば、フラフラ~と内野フライが関の山です。

 

極端なゴルフのスイングのようなスイングしてしまうと、

ほとんどがフライとなってしまいます。

 

アッパースイング気味で打つ場合、

手を素直に伸ばし、低めにバットを出すだけでいいです。

そしてよく肩を下げるなという解説がありますが、

肩は下がっていたほうが良いです。

言葉で表現すると肩をもらせる感覚で肩の位置を下げます。

 

肩の位置がバットのヘッドがグリップよりも上にないと、

ヒットする事はかなり難しくなります。

低めの球は喰らい付こうという意識が強く働き、

どうしても肩や顔の位置も動かしてしまいます。

 

そんな事をしなくても低めのストライクゾーンの球であれば充分バットは届きます。

強いライナーを意識して、バットの芯で捕えるにいきましょう。

 

 

・低めは極力打つな!

おいおい、最後に本題と真逆の事を言うなよとお叱りを受けそうですが、

極論、追い込まれるまで低めは打たないに限ります。

難しい低めを、自ら打ちに行く必要がなどありません。

 

ピッチャーにとって最高の球が低めの球です。

ピッチャーは外角低めに投げておけばほとんど打たれません。

内角低めは打球を詰まらせたり、空振りがとれるコースです。

基本、低めの球というのは、

内野ゴロに打ち取れるコースなのです。

 

ピッチャーからすれば仮にミートされても、

ほとんど長打になる可能性は低く単打で済みます。

 

また低めの球が苦手なバッターがもっとも注意しなければいけない点があります。

 

それは低めの球に手を出し、

すくったようなスイングを繰り返していると、

打撃フォームそのものを崩す危険性もあります。

 

なので、難しい低めの球を打つ必要なありません。

わさびさん、それを言ったらお終いよ!

というブーイングの声が聞こえそうですが、

難しいものは難しいのである。

低めの球は追い込まれるまでは手を出す必要はないのです。

 

でも、あくまでも攻める姿勢を崩してはいけません。

例え、低めの球をストライク!と宣告されても、

『俺にとって、低めなどボール球だ』

くらいな気持ちが大切です。

 

『低めに決められたな!』と弱気な思考するより、

『オレにこの球は不必要!』と強気な思考する。

野球はメンタル面は物凄く大事です。

 

わさびは低めにズバッと決められても、

屁でもないと考えます。

だって、最初から振る気がないのですから・・・。

勝負師たるもの強メンタルでいるべきなのである。

 

それでも消極的な思考をしてしまいます。

とお嘆きのあなたへ。

 

カウントが追い込まれた時、

低めにズバッと決められたらほどんど打ち取られてしまいますよね。

 

それならば、

こんなひと工夫を加えてみてはどうだろうか?

 

 

・コントロールの良い投手との対戦は打席の前に立つ

まず勝てるピッチャーというのは、

低めの球を中心に試合を組み立てると思って下さい。

強豪チームのバッテリーは甘い球など放りません。

 

ピッチャーはカウントを整える為に、

必ずと言っていい程、初球からローボールがきます。

 

制球の乱れない投手との対戦では、

ビシバシと低めに球を集められて、

早いカウントからストライクが先行しまいます。

あっと言う間にツーストライクまで追い込まれてしまいます。

 

それならば、それを逆手に取って

打席の立ち位置を変えてみてはどうだろうか?

最初からいいピッチャーだとわかっている場合は、

早いカウントから勝負する為に、

思い切ってバッターボックスの一番前に立つ事をおススメします。

 

低めに苦手意識があるバッターは、

バッターボックスの前に立ち、

少しでも高いゾーンの球で勝負できる環境を自ら整えるのである。

前に立つだけで、丁度いいど真ん中のストライクゾーンに変化させる事ができるのだ!

 

わさびはカウントが追い込まれるまでは、

通常の立ち位置で勝負します。

ここで低めの球が来るなという場合は、

1球毎、立ち位置に変化を加えて微調整する時もあります。

 

 

・バットを下から出さない。

どのコースにも共通している事が、

バットのヘッドは、球の高さより下にならない事。

具体的に、以下の図で確認して頂きたい。

バットヘッドが球よりも下回れば、

打球の行方は内野の凡フライになるはずです。

しかも低めに球ともなれば、

球の上っ面を叩いてしまい内野ゴロという事はザラにであります。

 

バットヘッドは、球と水平、もしくは球よりも上になければいけない。

バットヘッドを水平以上に保つ事で、

鋭くライナー性の打球を打てるのです。。

 

 

バットヘッドが下回らないコツは、

脇を締めて、肘をたたんでスイングするだけです。

肩はもぐるように下げることで力がより伝わります。

 

以上、低め打ちを極める!

如何だったでしょうか?

 

低め打ちは熟年した技術を要します。

首位打者を狙うようなスペックの高い選手は、

是非、低め打ちを磨いて技術向上に務めてみてはどうでしょうか。

 

あなたは低めに強いですか?

わさび

 

 

-打撃論
-, , , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。