仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

打撃論

【打撃論】草野球 センター返しの本当に意味を知るだけで打率3割超え確実‼あなたが打てない決定的な理由を教えます!!

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

【打撃論】草野球 センター返しの本当に意味を知るだけで打率3割超え確実!あなたが打てない決定的な理由を教えます!!

 

センター返しとは、

外野の中央部に打ち返す事を意味する打球の事なのだが・・・。

センター返しを心掛けている草野球選手は、

意外にも少ないのです。

 

こんにちはわさびです。

野球の世界には、

打撃でセンター返しと言う打球があります。

 

では、そもそも、

どうして打撃の基本は

”センター返し”という定説があるのでしょうか。

今回は”センター返し”の本当の意味を理解して頂きたと思います。

 

センター返しの本当に意味を理解すれば、

必ずあなたは打撃が向上するはずです。

 

・打球はバットとボールが垂直になる事で真っ直ぐ飛ぶを理解する。

まずは、この事を念頭に置いてください。

打球はバットとボールが垂直になる事で真っ直ぐ飛ぶ

 

少年野球の頃から、

監督やコーチによく『センター返しを狙っていけ!』

指導されてきた人も多いのではないでしょうか。

 

また現在、草野球チームに所属している選手も

ベンチから皆が口を揃えて

『センター返し、センター返し』と口にします。

中には引っ張る事しか知らない選手もいます。

『コイツ、本当にセンター返しの意味を理解しているのかな・・・』

という選手も口にする言葉。

センター返し。

 

そもそも、

どうして打撃の基本はどうしてセンター返しなのか。

そしてどのような理由があるから、

なぜ、センター返しをするべきなのか。

 

まず、これを理解しないと

普段の打撃で『センター返しをしよう!』とはならないと思います。

 

打者の両肩を結ぶ線上にマウンドがあります。

そこに大きなヒントが隠されているのです。

 

・センター返しの意味を正しく理解する。

あなたはノッカーをやったことはありますか?

打撃の基本はセンター返しという定説とノックとは相互関係にあります。

 

シートノック練習をするとき、まずサードから打ちますよね。

そして次はショート、セカンド・・・と

時計回りでノックをしていきます。

 

わさびは右打者なのですが、

サード方向へノックをする際、

わざわざ体はセンター方向に向けてサードにノックしますか?

答えは、

していませんよね。

試合で打席に立つ時と同じように体をセンター方向に向けて、

サードに打ちません。

 

では、ファースト方向へノックを打つ時はどうしていますか?

体を打ちたい方向に向けてノックしますよね。

もうお分かりだと思いますが、

打撃というのは、両肩と平行線上に打ち返すのが、

最も自然体で打てるのです。

 

だからノッカーは、

自然と打ちやすい体勢でシートノックをしているのです。

 

つまりはピッチャーと対戦する時、

打者の”構え”は両肩が投手と平行線になるように立っているのです。

球はマウンドのピッチャーから、

一直線にバッターボックス目がけて投げられるのです。

 

当たり前ですが、

人間が自然体で球を打ち返すのが

最も楽なのはセンター方向なのです。

だから、

センター返しが基本なのです。

 

レフト方向へ打つ時よりも、

ライト方向へ打つ時よりも、

最も力が伝わるのはセンター方向への打撃なのです。

それは球場の形態をみれば一目瞭然なのです。

 

・球場が扇型である理由を知る。

レフト、ライトが90mあるとすると

センターは120m程あります。

 

野球場というのは、

ソフトボールだろが、

草野球だろうが球場は扇形をしているのです。

では、

なぜ、野球場は扇型をしているのでしょうか。

 

おそらくセンターへの打球がいちばん飛ぶからでしょう。

 

センターがもっとも深い理由は、

打球が最も飛ぶからなのです。

つまり、センター方向が最も打球が伸びる事を意味しているのだ。

これが”センター返しをする”の決定的な理由となるのではないだろうか。

 

もしも野球場が三角形だったら・・・。

レストもライトもセンターも全て90m。

当たり前ですが、

センターバックスクリーンへのホームランが

急増する事、間違いなしです。

野球は頭を使うスポーツです。

このように、

本当に意味を理解して、

”センター返し”を理解してくれたと思います。

 

 

・打撃の基本をセンター返しにする。

右打者が無理にレフトへ引っ張ろうとすれば、

センター返しよりも余計に体を回転させる力が必要となります。

 

しかし、センター返しを基本に打てば、

レフト方向へ飛んだ打球は、

インパクトが前になった結果なのです。

ミートポイントがいつもよりやや投手寄りなった事で、

レフトに飛ぶのです。

 

逆にライト方向への打球は、

タイミング的に振り遅れて右に飛んでいるのです。

いつもより差し込まれたから、

ライト方向に打球が飛んだのです。

 

このように基本、センター返しをしていれば、

おのずとヒットの数は増えていきます。

 

実は広角に打てる選手というのは、

打撃の基本をセンター返しに置いている結果なのです。

 

最初から引っ張り専門では、

サードゴロ、ショートゴロ、

そしてレフトへの打球が大半を占めます。

中には打球の方向が9割方、レフトという選手もいます。

 

レフトポール際にホームラン。

サード線を鋭く破るヒット。

見た目のインパクトはとても強烈である。

しかし、

引っ張りでヒットを量産できるのは、

力量差のある投手との対戦だけです。

 

まあ、この手の選手で、

毎年、コンスタントに打率3割を打てるバッターは見た事がありません。

引っ張り専門選手は、

稀に打球がセンター方向に飛び事があります。

しかし、どうしてセンターに飛んだのか、

まるで理解できていなければ、

いつまで経っても打率は2割台前半をウロウロするだけです。

 

以上、まとめると、

ズバリ打撃の基本はセンター返しをする。です。

 

打撃の基本をセンター返しにおくと、

草野球であればシーズン打率を3割残すのは余裕です。

当然いや、必然にとなります。

 

そして完全にセンター返しをマスターすれば、

打撃などあっという間に開花します。

1試合に1本ヒットを打つ事が当たり前になりますよ~。

さもすれば4割バッターも夢ではありません。

 

打撃に正しい打ち方は存在しないのです。

100人いれば100通りの構え、

バッティングフォームがあります。

野球とは個々に適した打ち方を永遠に追求するものです。

 

しかし、センター返しだけは嘘をつきません。

センター返しは理にかなっており、

打撃における基本中に基本なのです。

 

センター返しの本当の意味を知り、

明日からセンター返しを意識したバッティングに

挑むべきではないでしょうか。

 

ヘタをすれば長い草野球人生で、

一生、センター返しの本当に意味を理解しないままで

現役生活を終えていく。

そんな選手をわさびは多く見てきています。

打撃は基本センター返し。

 

あなたはセンター返しをしていますか?

わさび

-打撃論
-, , , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。