仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

打撃論

【打撃論】草野球 打撃はどのコースに照準を合わせて待つべきか⁉意外と知らない真実⁉

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

【打撃論】草野球 打撃はどのコースに照準を合わせて待つべきか意外と知らない真実

あなたが打席に立った時、

どのコースに照準を合わせて球を待ちますか?

ど真ん中?

それともインコース?

或いは、アウトコースでしょうか?

何も考えずにストライクゾーン全てを振りにいくという選手もいるでしょうね。

 

最高の結果を残せる選手は、

もちろん、このコースに照準を合わせています!!

こんにちはわさびです。

山を張るというのとは少し違うのですが、

打撃のタイミングを計る上でコースに標準を絞るものです。

そして、多いのが、

アウトコースの球に標準を絞る選手です。

 

まあ、どれが必ずしも正しい!はないのですが、

アウトコースに照準を合わせるほうが、

打ちやすいという選手であれば、

無理に変える必要もありません。

 

アウトコースに照準を合わせている選手は、

バットが届きにくいコースのアウトコースのストレートに

意識を置いています。

考え方としてはインコースは黙っていても、

体で反応できるという持論からだろう。

 

しかし、実は、

インコースに照準を合わせたほうが

バッターにとって圧倒的に有利になるのです。

 

『インコースは厳しいコースだから打ちにくじゃないか!!』

確かにその通りです。

しかし、厳しいコースだからこそ

インコースに照準を合わせるのです。

 

人間は自分の体に向かって来る物に対して、

敏速に反応できる対応力があります。

 

人間には防衛本能があります。

自分の体にめがけて飛んできたビンボール。

つまりデットボール気味の球を、

俊敏によける事ができるのです。

 

インコースに苦手意識を持つ選手が多いのは

防衛本能からくるのでしょう。

 

つまりアウトコースよりも

インサイドの球のほうが圧倒的に反応が良いのです。

体の回転だけで反応できてしまうのがインコースなのです。

 

アウトコースは腕を伸ばして、

ミートポイントの後ろで球を捕らえる事ができます。

 

それに対してインコースは、腕をたたんでスイングの始動を早めて、

アウトコースよりももっと短い時間で打たなければなりません。

 

スイングにおいて、

始動の遅いアウトコースに照準を合わせる事で、

インコースが差しまれてしまいます。

 

打ち損じの原因はスイングの対応が遅れた結果なのだ。

 

つまり打撃で最も標準を合わせるべきコースというのは、

最も始動が早くなるインコースに照準を合わせるべきなのである。

 

わさびはいつも打席に立った時に、

意識するのはインコースです。

 

最も始動が速くなるインコースに照準を合わせることで、

真ん中の球、外角の球にも対応できます。

 

次にインコースと言っても高さはどうなの?

という疑問が生じます。

インコースはインコースでも、

”低め”よりも”高め”に標準を合わせるべきでしょうね。

 

インコース低めよりも高めのほうがさらに始動は早まります。

右バッターとしてコースを9分割にして考えてみると

アウトコースよりも赤で囲ったインコースのほうが

バッターの始動が早くなります。

そして、赤丸で囲ったインコースの中でも、

さらに始動が速くなるのが赤点を打ったインハイの球となるのです。

 

 

インコースの中でも、

低めのインコースは腕を伸ばして打ちにいけますが、

高めのインコース球は少々、厄介なコースです。

上半身に近い分、

腕をたたんでバットの芯に当てなければならないのです。

差し込まれやすいコースなので

最も体の反応を早める技術を要します。

・体の始動が最も早まるインハイに照準を合わせる。

インコース高めに標準を合わせる事で、

それよりも時間をかけられるアウトコースも対応できるのです。

 

ピッチャーの配球でアウトコースに見せ球を投げて、

インハイで空振りをとる攻め方はこの論理からくるのです。

 

素人バッターを料理するのに、

高めのストレートを使うのもこんな心理が隠されていたのです。

 

こうして最も早く対応しなければいけない、

インハイに標準を合わせる意識を持つ事で、

いかなるコースも対応できるバッターになれるのです。

 

インコースに対応できるようになれば、

後のコースはカンタンに対応できるようになります。

 

真ん中の球はインコースに比べて、

身体を内側から外へ押し出してやるだけです。

外角はさらに外へ押し出すだけの作業となります。

 

だからと言ってもちろんボール球には手を出してはいけません。

ボール球の外角を無理に打ちにいき、

たまたまヒットできたとしても、

コースに逆らうバッティングを重ねると、

バッティングフォームを崩す事にも繋がります。

 

単純にヒットできる確率が高いのはストライクゾーンなので、

基本、狙うのはストライクゾーンです。

 

バットが届きにくいアウトローの球はピッチャーの生命線です。

一流を目指す投手はアウトローを磨いています。

ピッチャーがアウトローの球を覚えるのは、

投手として最も打たれにくいコースだからです。

 

それに比べてバッターにとってインハイを打つのに力は要らない。

バットの芯さえ喰らえば勝手に飛んでいくのである。

パワーを要するアウトコースに比べ、

非力なバッターでも打ち返せるのがインコースです。

 

ホームランバッターでないプロ野球選手が、

インコースの球をポンとスタンドインさせるのは、

この論理からきているのです。

インコース球は球の威力を借りて遠くに飛ばせるのです。

 

以上、

比較的、対処がしにくいインコースに、

照準を合わせる事で、実は全てにコースに対応できてしまうのです。

野球って実に奥が深いスポーツです。

 

余談になりますがいわゆるドアスイングについてですが、

体が先に開いてしまう引っ張りばかりの選手は、

インコースに標準を合わせる打法が有効です。

 

上体の突っ込み解消には持ってこいだったりします。

 

という事で、今回は、

打撃はどのコースに照準を合わせて待つべきか?

を考えてみました。

 

ところで、

あなたの照準はどのコースですか?

わさび

-打撃論
-, ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。