仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

打撃論

【打撃論】バッターは打つだけじゃない!?ランナーが盗塁する時の2つの心得‼チームプレイをする。

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

【打撃論】バッターは打つだけじゃない!?ランナーが盗塁する時の2つの心得チームプレイをする

こんにちはわさびです。

 

試合中、こんな選手をよく見かけませんか。

ーさあ、ノーアウトランナーは一塁です。ー

バッターは8番の山田さんです。

ベンチからは、一塁ランナーの加藤さんに盗塁のサインが出ました。

加藤さん

うぅーっ・・・盗塁のサインか。少し自信がないな・・・。』

山田さん

『盗塁させるのか。じゃ、初球は打っちゃいけないな・・・。』

 

ーさあ、ピッチャー振りかぶって投げました。ー

 

一塁ランナーの加藤さん、あまりスタートダッシュつかずにセカンド目がけて走ります。

打者の山田さんはキョトンとした顔で、

バットを構えたまま見逃しで、球審の判定は『ストライク!』

 

捕ったキャッチャーは、

透かさずセカンドへ送球、ランナーの山田さんは楽々、『アウト!!』

『ああー、』

思わず、ベンチから深いため息が漏れます。

 

加藤さん、棒立ちはないでしょう。。。

 

これ、草野球あるあるですね。

 

さて、あなたは加藤さんが打席で何をすべきだったのかわかりますか?

 

それでは、バッターがすべき事をチェックしましょう。

ポイントはひとつです。

”バッターは空振りをする”です。

 

わざと空振りをします。

空振りをする狙いはバッターが空振りをする事で、

ランナーの走塁を助ける役目があります。

言い方を変えれば、キャッチャーがセカンドに送球しにくい空振りをして、

送球を遅らせるのです。

 

 

・露骨な空振りは打撃妨害を取られます。

 

空振り後、バッターボックスからハミ出す程に、

大げさに動くと打撃妨害になるので避けましょう。

あくまでも自然な範囲で、よろけるのが賢明です。

 

ここは、あなたの演技力が問われます。

露骨な演技は必ず、バレますよ。

 

演技も空振りもあまり得意ではないとお嘆きのあなたには、

秘策があります。それは記事の後半に・・・。

 

・野比のび太のような空振りをする

タイミング良く、ドンピシャで空振りしても

アシスト効果のほとんどありません。

キャッチャーはバットが前に出るだけでも恐怖を感じますが、

ドンピシャのタイミングでは、

ただの空振りなのです。

 

キャッチャーにとってただの空振りは、

見逃しのストライクと同じタイミングで捕球ができます。

 

ランナーを上手にアシストする為に・・・

若干、振り遅れ気味にスイングをします。

野比のび太のように、キャッチャーのグラブが乾いた音を立てた後、

思いっきり大根切りをしても打撃妨害になることはありません。

 

 

・ショートバウンドや高めの球は空振りはしなくてよい。

ショートバウンドの場合、

ただでさえ、キャッチャーは捕球するのでが精一杯です。

バッターは、みすみすストライクを取られる必要はありません。

 

また、高めのボールや大きく左右に逸れたボール球は、

キャッチャーは捕球がしにくいものです。

送球が難しいので球をみすみす空振りする必要がはありません。

 

 

・ベテランバッテリーは盗塁を警戒する

バッテリーがベテランともなると、盗塁をしてくるのは見え見えです。

初球はキャッチャーが立ち上がり、高めのボール球を要求してきます。

それでも味方の一塁ランナーが盗塁をした場合、

バッターはアシストしなければなりません。

野球は、裏の読み合いです。

最初からキャッチャーは立っていますので、

ランナーは相当、厳しい状況です。

バッターの腕の見せところです。

 

ここで見事なアシストを決める事は、

ヒットを打つに等しいとわさびは考えます。

 

・バントの構えをする

演技や空振りする自信のない選手などは、

バントの構えでキャッチャーが送球しにくくするという戦略もあります。

バントの構えで盾となり、ランナーの走塁をアシストするのも戦略のひとつになります。

 

バッターにバントの構えをされると、

キャッチャーからセカンドが見えにくくなります。

一流キャッチャーならば、ベースだけを目がけて投げる事ができますが、

並みのキャッチャーの場合は、ランナーの動きを目で追ってしまいます。

 

バッターはキャッチャーが送球しにくくなる

シチュエーションをつくりランナーの走塁を助けるのです。。

 

 

・上手なバントの構え。

ボールの軌道を最後までよく見ながら、

ボールがキャッチャーミットに収まるギリギリまでを見極めます。

 

もしも、『これはボール球になるな!』と判断した場合は、

みすみすストライクを取られる必要はありません。

 

そんな時は、球がホームベースをかすめる前にバットを引っ込めます。

 

このバントの構えの戦略は、相手チームの内野陣が

あなたのバントを警戒してきます。

 

当然、前進守備をしてくるので、

ファーストランナーがはとても走りやすくなります。

また相手チームのキャリアが浅い場合、

連携力が低くいのでバントの構えはとても有効な戦略です。

 

あなたがバントの構えをしたことで、

相手チームの野手陣は戸惑います。

『盗塁してくるのか・・・?』

『それとも、バントで送るのか・・・?』

とかなり慌てます。

 

 

野球は心理戦です。

頭をよく使ったほうが勝利します。

 

一球、一球、たくさんのシチュエーションを考える事で、

対応力が増します。

盗塁のサインが出ているのに、

バッターがボケーーーッとしていてはならないのです。

野球は頭を使うスポーツです。

 

考える野球のチームプレーで協力して勝利に導きましょう。

あなたは野球で頭を使っていますか?

わさび

-打撃論
-, , , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。