仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

守備論

【守備論】軟式草野球 野手のノーコン矯正 5分でコントロールを良くする方法!!

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

【守備論】軟式草野球 内野手のノーコン矯正 5分でコントロールを良くする方法!!

こんにちわ、わさびです。

『ボクは内野手です。ファーストへの送球が苦手です。』

『外野から内野への返球が大きく逸れてしまいます。』

こんな悩みを持つ人は多いと思います。

そんなノーコンで悩むあなた。

外野手でも内野手でも確実にコントロールが良くなる練習方法があります。

 

 

その練習とは?

キャッチボールです。

日々、必ず行うキャッチボールでコントロールが良くなるんです。

 

野球人であればキャッチボールが大切だという意識はあると思います。

確かにキャッチボールにはたくさんの要素が含まれています。

 

野球には守備ではボールを捕る。
そして投げる。

という動作があります。

 

キャッチボールは、必ず行う行事のようなものです。

ここで、適当な投げた方をすると、
その後の試合や練習に全てが反映されます。

人間は、身体の動きを脳に情報としてインプットします。

そして、その後のあなたの投げ方に影響を及ぼすのです。

 

なので、キャッチボールをおろそかにせず、しっかりと行う必要があります。

 

サードゴロが野手へ飛んだ。
それを捕球しファーストへ投げた。

このスローイング時、握りなおしている選手を多く見受けます。

 

こんな場面で、ボールの握り方を気にしているようでは

握り損ねたり、ステップが合わなくなり暴投するリスクが伴います。

ならば、どんな体勢でも、どんな握り方でも送球ができるのは理想的ですよね。

 

内外野の守備はいかに正確なボールが投げられるか。

そしてコントロール良くアウトを取るかにつきます。

どんな握りからも安定した送球ができるフォームを身につけるべきなのです。

アウトさえ取れれば、握り方などどうでもよくありませんか。

 

キャッチボールで球の握り方を意識する。

通常、キャッチボールの正しいとされる、

ボールの握り方は縫い目に直角になるように、

親指、人差し指、中指の3本で柔らかく握って投げるとされています。

親指から人差し指にかけてのラインには隙間ができる感じです。

握り加減は卵を持つときに割れない感覚などとも言います。

この握りは、決して間違いではありません。

わさびが推奨するボールに握り方は
手のひら全体でボールに面するように強く握るです。

 

あなたは無意識に投手の握りでボールを投げていませんか?

ピッチャーは指先で投げるのですが、

野手は違います。

手のひら全体がボールにつくようして握ります。

カンタンに言うと、わさび流ボールの握り方は、

野球の基本と同じです。

 

縫い目に直角になるように親指、人差し指、中指の3本で握り、

薬指と小指は添える感じにするまでは同じです。

違うのは、手のひら全体がボールに引っ付くように強く握ります。

”柔らかく握る”ではなく強く握ります。

上の画像にある、親指から人差し指にかけての黄色部分のラインにできる隙間を埋める。

吸いつくように強く握りボールと手の間の隙間を無くしてください。

この練習で劇的に球筋が変わります。

 

ノーコンも解消され、抜群のコントロールを身につける事ができます。

さらに球威も増します。

正しい投げ方が身につき肩や肘の負担が軽減されます。

いい事尽くめです。

 

今まで散々、色々な方法を試してもノーコンが治らないあなたへ。

騙されたと思ってこの調整方法でコントロール矯正してみては

如何でしょうか?

 

あなたはコントロール良いですか?

わさび

-守備論
-, , , , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。