仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

守備論

【守備論】ライト守備を極める!!強肩重視でライパチはNG!?適任選びのポイントも解説!!

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 16 分です。

 

【守備論】ライト守備を極める!!強肩重視でライパチはNG!?適任選びのポイントも解説!!

こんにちはわさびです。

あなたは外野手に対するイメージって、

何かありますか?

 

わさびは真っ先に、

イチロー選手の華麗なレーザービームが浮かびます。

 

ライトの守備って、

肩の弱いおじさん選手が守備つくチームをよーく見かけますが、

これって実はかなりリスクがあるんです。

 

弱肩選手がライトに不向きな理由は

後ほど、詳しく解説します。

 

内野と外野では明らかに異なるポジションです。

そして外野手には向き不向きがあります。

今回は、外野手の中でも、

ライト守備を極めるという事でお送りします。

 

 

・ライトの守備範囲を把握する。

ライトの守備範囲は以下の図が基本エリアとなります。

 

・草野球特有のポテンヒットを阻止する。

グランドの土から芝目に変わる辺りにフラフラっと上がる打球。

誰が捕るのか迷いますよね。

 

飛んだ場所によっては、

ライト、ファースト、セカンド選手が揃って

お見合いパーティーをしてしまいます。

 

そしてファースト、セカンドの選手は、

打球を追う体勢での捕球となります。

 

しかしライトの選手が捕球すれば、

目の前に来る打球を前進しながら捕球する事ができるのです。

 

外野手と内野手の間に上がった打球は、

基本的にライトの選手が捕球します。

 

浅すぎて追うのが無理だと判断した場合は、

『セカンドー』『ファーストー』と大きな声で指示を仰ぎます。

 

 

・ライトー守備位置は千差万別!?

バッターや試合状況により、

幾とおりも考えられポジションです。

 

外野手は『このバッターは2打席とも右方向に打球が来ているな』

試合の流れを読む事も大事です。

 

また球場の形態により守備位置が大きく変わります。

内野手は河川敷グランドだろうが、

フェンスのあるグランドだろうが守備位置は変わりません。

しかし、外野手はそうもいきません。

 

ライナーで外野手の頭を抜かれたら、

120.130mとどこまでも転がっていくのが河川敷球場です。

また両翼70mを切る小さなグランドでは守備位置も異なります。

実は外野手の守備はここが頭の悩ませ処なのです。

 

後ろにフェンスがあれば、

思い切ったプレーをする事ができます。

 

フェンス付きのグランドであれば、

打球が後ろに抜けてもランニングホームランになる事は少ないです。

 

しかし、河川敷グランドのように、

外野にフェンスがない場合、平凡なフライを後逸してしまい、

走者一掃のタイムリー。

大量失点となる恐れがあります。

 

無理をしないでワンヒットで止めるか、

アウトを狙い突っ込むのか悩ましいところです。

 

野球は確率のゲームです。

右打者であれば、レフトとセンターに強い打球が飛びます。

また左打者であれば、ライトとセンター強い打球が飛ぶのです。

つまり逆方向に強い打球がいく確率は相当低いとなります。

外野手というのは浅い守備位置を取り、

頭を越されるとエラーしたという罪を感じます。

しかし、深く守る必要などないのです。

 

これらを念頭に置いて、外野手は各打者毎にポジショニングを変える。

そして監督はゲームの指揮を取るべきなのです。

 

河川敷グランドは外野手泣かせでもあり、ヒットが出やすい球場でもあります。

 

 

・捕球後の送球は内野手の指示を仰ぐ。

フェンス直撃打、センター前ヒットなど

捕球した位置によりどこに返球するのか異なります。

外野手は常に送球する先を想定しながら動く事が大切です。

捕球後モタついていると、余計な進塁を許してしまいます。

 

『ワンアウト3.2塁か・・・』

あらゆる打球を想定して、

常にどこに投げるべきなのかと想定した動きをする事で、

捕球後も敏速に対応する事ができます。

 

そして内野手からの指示にも的確に対応する事ができます。

 

頭を抜けていく打球を捕球しにいく際は、

ランナーがどのあたりにいるのか背中では見る事ができません。

この時、内野手の指示に従い送球する先が決まります。

そして素早く正確な送球ができる事も要求されるポジションです。

 

・好返球で見えないファインプレー

特に外野に長打が抜けたケースでは、

内野手への返球を怠ると、あっさりホームインを許してしまいます。

 

捕球したら、まずどこへ返球するべきなのか。

瞬時に判断ができるように心掛けましょう。

 

同時に無駄な送球をしない勇気も必要です。

単打や、走者が静止した状態での捕球の場合、

速やかに内野手に送球する必要はありません。

ゆっくりと走りながら、

内野手に駆け寄り投手へと球が返球されるようにします。

 

無理に内野に送球して暴投になるケースもあります。

外野からの返球が乱れると、器用なランナーはすかさず進塁してきます。

三塁ランナーにホームインを許す事も考えられます。

 

常に冷静な判断で試合の状況を把握しましょう。

 

 

・ライトの選手のバックアップは大忙し?

外野手はお互い助け合い!?

バックアップは欠かせません。

外野手はバックアップを怠ってはいけません。

 

右中間を真っ二つに割るヒットが抜けると長打コースになります。

フェンスの無い、グランドだとホームインも許しかねません。

 

例えば右中間に打球が飛んで、

センターが捕球に入ったとします。

この場合、ライトの選手が透かさず

センター選手のバックアップ体制に入る事が重要になります。

 

バックアップする事で、

センターの選手が打球を後逸しても、

ライトの選手がリカバリーする事で進塁を防ぐ事ができます。

 

また、フライが上がった時も、

『アイツなら安心。捕れるだろう』と過信してはいけません。

野球は何が起こるか分かりません。

ましては、ここは”草”野球です。

 

バックアップをせずにランニングホームランを許してしまった。

なんていう事は初心者チームあるあるです。

 

また、長打コースの打球を2人で追った場合、

捕球しなかった選手のほうが送球の指示を出します。

 

外野手は連携を取りながら常に冷静な判断をしましょう。

外野手どおしのバックアップはとても大切な共同作業です。

常に欠かさないように心掛けましょう。

 

ライトの守備につく選手は、

もうひとつバックアップの役目があります。

それはファースト塁ベースのバックアップです。

 

投手、捕手から一塁ランナーへのけん制で、

暴投やエラーが考えられます。

ライトの選手がバックアップを怠るとランナーが一気に三塁まで進塁してしまいます。

 

また、全ての内野ゴロのバックアップをするのも

ライトの選手の役目です。

これが体力のないおじさんプレイヤーにはかなりしんどいはずです。

 

内野ゴロで打たせるピッチングをする投手が投げている場合、

毎度毎度、一塁のバックアップが必要になります。

このバックアップを怠るとランナーは二塁を落とし入れます。

 

全力で内野ゴロのバックアップをして

『このチームからはカンタンに二塁を落し入れられないな』

と植え付けましょう。

 

まだまだあります。

ダブルプレーのバックアップです。

サードゴロ、ショートゴロでの二塁送球が逸れると

ランナーを3,2塁にしてしまいます。

しっかりとリカバリーして進塁を防ぎます。

 

ライトの選手選びはとても大事です。

バックアップをしないという緩慢プレイヤーは

到底使えないポジションです。

 

 

・犠牲フライを捕る。

ノーアウト、又はワンアウト、ランナー三塁のなどのケースでは、

犠牲フライが考えられます。

 

バッターがライトに飛球を打ち、

三塁ランナーがタッチアップからホーム生還を狙ってきます。

また二塁ランナーもタッチアップの対象ランナーとなります。

 

犠牲フライではホームはタッチプレイとなります。

捕手に対し高めの送球がいくと追いタッチとなります。

 

ノーバウンドでの送球が難しい場合は、

無理をせずにワンバウンドでホームに投げます。

ワンバウンド送球のほうがランナーにタッチしやすい場合もあります。

 

またノーアウト又はワンアウト、三塁、二塁のケースで、

三塁ランナーを刺せないと判断したら二塁ランナーを三塁で刺しにいきます。

 

例え、三塁ランナーに得点を許したとしても、

二塁ランナーを塁に釘付け、あるいは三塁でアウトが取れる事も多いです。

 

犠牲フライ捕球ではあらゆる場面を想定してプレイをするべきです。

 

外野手は内野手に比べると打球が飛ぶ確率は低いです。

そして、一試合でライトが捕した数は、

ゼロなんて試合も実際にあります。

 

内野手の後ろに外野手がいます。

しかし、外野手の後ろを守る選手はいません。

それだけにゴロの後逸、

フライを万歳する事など許されません。

 

強いゴロを鉄の壁のように捕球し、

フライもライナーもお手の物。

そんな器用に外野を走り回れる選手はとても目立ちます。

 

ライトの選手が犠牲フライをレーザービームで刺す拍手喝采です。

そんな華麗に決めるダブルプレーができる肩は素晴らしいです。

 

 

・ランナーの背中が遠く見えるポジション

バックサード、バックホームがあるポジションなので、

捕球した位置からランナーがはどんどん遠ざかっていきます。

外野手の中でもっとも遠いので常に強肩を強いられます。

弱肩な選手を外野に起用する場合は、

余程狭い球場でない限り、

活きの良い選手の起用が正解となるのです。

 

 

・適任選びのポイント

レフト、センター、ライトは微妙に選択する選手の特徴は変わります。

ライトは肩が強いほうが良いです。

レフトの選手から一塁方向への送球はほとんどありませんが、

その逆があるのがライトです。

何かと三塁方向への送球があるので、

地肩の強い選手でないとキツイポジションです。

 

長打が飛ぶとランナーの背中が、

どんどん遠く見えるのがライトポジションです。

センター、レフトと比べるとランナーは遠ざかるばかりです。

 

弱肩選手だと余計な塁を進めてしまいます。

これは見えない失策のようなものです。

 

なので、右中間に深い打球が多く飛びますし、

ライト守備は肩が強い選手が好ましいです。

 

そしてスピードのある打球を追う速い走力も必要です。

ゴロも飛球も強い打球が捕球できる選手が好ましいです。

 

逆にライトはフラフラと上がる打球が比較的多いで、

滞空時間の長いフライをポロリする選手には不向きなポジションです。

 

ライトはおじさんプレイヤーを配置すると、

ランナー一塁でもワンヒットで得点されるケースもあります。

外野起用をしっかりしないと、

記録に残らないミスが連発する恐れがあるのです。

 

中継の球を捕球するのがヘタな選手、

そして捕球後、すぐに送球体勢に入れない選手は

外野不適合です。

 

以上、ライト選手の適任選びのポイントをまとめると、

内野手のようなゴロをさばける選手、

そして強い打球に瞬時に動ける瞬発力が求められます。

 

そして肩の強い選手である事。

特に河川敷では地肩のある選手で補強を・・・。

さらに強い打球を後逸しない選手が好ましいです。

昔からライパチと呼ばれるポジションです。

バッターとしても8番。さらに守るポジションがないから

『君、ライトね!』と邪険に扱われてきたポジションです。

 

しかしオーター組で外野手を決めるのに、

ライトをバカにできません。

 

あなたがライトの守備を極めたいのであれば、

しっかりと守備力を身につけ、

チームプレイができる選手になりたいですよね。

 

わさび

-守備論
-, , , , , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。