仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

守備論

【守備論】草野球 失敗しない内野前進守備を考える!!速くて強いゴロの捌き方!!

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

【守備論】草野球 失敗しない内野前進守備をフォーメーション考える!!速くて強いゴロの捌き方!!

おっ、どうやら

【守備論】草野球 失敗しない内野前進守備をフォーメーション考える!!速くて強いゴロの捌き方!!

捕手から指示が出ました。

『おい、内野全員、前進守備!!外野は二人目気つけて!!』

これはノーアウト満塁、

あるはワンアウト満塁によくあるケースです。

こんにちはわさびです。

 

前進守備体勢にフォーメーションが変わると、

一瞬で緊迫感が増しますよね。

グランドのは静まり返り両軍ベンチに緊張が走ります。

 

たとえ満塁でなくても、

ワンアウト、ランナー3塁や、

3塁、2塁といったケースでも

前進守備を引く必要に迫られる事もあります。

 

・前進守備はバックホーム体勢である。

チームが前進守備を引くときは、

絶対に得点を与えてはならないケースです。

 

3塁ランナーをホームインをさせる事は

許されない場面です。

 

前進守備とは、

内野ゴロが飛んだ際、

内野手が3塁ランナーを

ホームで刺せるポジショニングを取る事です。

 

草野球の前進守備と

プロ野球の前進守備とではポジショニングが異なります。

 

当たり前の話になりますが、

小学生と大人でも肩の強さは異なります。

ましてやプロと草野球では天と地ほどの差があります。

 

草野球の場合、

各選手の実力によりポジショニングを変える必要があります。

自分の事は自分が一番分かっていないものです。

色々な選手を見ていると

肩が強いのに、前に出過ぎたり、

肩が弱いのに、後ろ過ぎたりします。

守備に自信のない選手は、前に出たがりません。

 

まず捕手から前進守備の指示が出たら、

ベンチ目線で監督がもう一度整理して、

各ポジショニングを明確にする必要があります。

 

ベンチが

『んん、セカンドの守備、あの肩じゃちょっと後ろ過ぎやしないか?』

と思ったところに打球は飛んでいくものです。

 

結果、セカンドにボテボテの打球が飛び、

ホームに投げるも審判からは、

『セーフ!』の宣告。

 

ヘタをすればセカンドが焦って暴投でもし兼ねないのです。

塁が詰まっていたら即座に2点献上するケースです。

 

なので、前進守備の指示を出たときは、

内野手の肩とコントロールを見極めて

ポジショニングする事が大切です。

 

・内野ポテンヒットを警戒せよ。

前進守備した時に限って、

内野と外野の間に『ポトリ』と落ちるんですよね。

ポテンヒットが・・・。

 

練習試合では滅多にお目にかかれない

タイムリーポテンヒットですが、

大会のような大事な試合だと

タイムリーポテンヒットが出るんですよね。

これは草野球あるあるです。

 

前進守備はゴロだけではありません。

内野手はあらゆる場面を想定して

ポジショニングを取る必要があります。

 

草野球の前進守備は内野と外野の間に

穴ができる守備体勢です。

 

プロ野球選手であれば走力があるので

守備範囲はかなり広いです。

 

しかし草野球選手ともなる走力は劣ります。

投手がせっかく内野フライに打ち取った打球を

確実にアウトにするには、

内野手と外野手がギリギリ捕球できる

ポジショニングを取る意識が必要です。

 

野球はイメージコントロールをしながら

プレイする事で予期せぬ出来事から回避する事ができます。

『まさかここに打球が来るとは思っていませんでした。』

では、エラーするのも当然です。

 

全ての打球を想定内のプレイに収める為に、

ここに飛んだら、こう動く!

など常に考えるようにしましょう。

 

・一歩目を強く意識する。

前進守備は怖いです。

いつもより打者から近い位置で、

打球を処理するのですから怖いものは怖い。

しかし怖いと言っていたら野球なんてできません。

 

それよりもどうしたら近い距離の打球を、

巧さばけるだろうかと考えるべきなのです。

 

定位置の打球でしたら、

ある程度打球の軌道を見てから捕球が可能です。

しかし、前進守備のゴロは、

打球の軌道を見る間もなく球は転がってきます。

 

エラーをしてしまういちばんの原因が、

1歩目の遅れです。

 

1歩目が遅れるとうまく捕球体勢に入れずに失策しまうのです。

 

冷静に前進守備でゴロをさばくには心の準備が必要です。

それには打者が打球を捕らえた瞬間に、

打球の軌道を読み、

すぐに捕球体制を整える必要があります。

 

打者の傾向や投手が投げたコースによっても

打球の行方はある程度読めます。

 

それらを思考しながら、

いかに1歩目を早く動いて捕球体勢に入るか常に考える必要があるのです。

 

さらに前進守備の際、

グラブは低い位置で構える必要があります。

 

緊張で1歩目が出遅れないように

体も少し動かしながら打球を待ちます。

 

守備はフットワークの軽さは大切です。

特に内野手は昔から足で捕れと言われるほどです。

フットワークで球を捕球し、スローイングする。

ここから内野手の流れるような一連の動作は生まれます。

 

正直、強い打球なんて体の重心を下げて、

グラブも低い位置に持ってくれば捕れます。

いつでもスムーズにグラブを

下から上に出せるように準備しておくと良いです。

 

そして、最終的にワンバウンドで捕るか、

前に突っ込むのかといったことを意識して

守備に就く事が肝心です。

 

セカンド、ショートが前進守備すると、

後方に穴は空きやすいです。

 

サード方向への前の打球はある程度サード選手に任せる。

そして、

ファースト方向への前の打球はある程度ファースト選手に任せるのです。

 

その分セカンドとショートは、

極端な前進守備を取らずに中間守備よりやや前目で守ります。

二遊間選手は外野に抜ける強いゴロへの意識と

後ろフライに意識を向ける事。

これで前進守備フォーメーション全体が引き締まります。

もちろん1点もやれない場面であれば、

外野手も前進守備体勢を取る事になります。

 

こうして内外野が一体となって

前進守備体勢を作らないと、

打球はウイークポイントに飛んでいきます。

前進守備は敵チームに

チームの一体感を見せつける最高の場面です。

 

ピンチを鉄の守備で守り抜きましょう!

あなたのチームは前進守備を鉄壁な守備で守り切れますか!?

 

わさび

-守備論
-, , , , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。