仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

守備論

【守備論】草野球 おじさん内野手が確実にサードゴロをアウトをする技術を伝授!!

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

 

【守備論】草野球 おじさん内野手が確実にサードゴロをアウトをする技術を伝授!!

内野手で確実にアウトが取れる選手は、

ボテボテのゴロでも、

速い打球でも安定した送球をする事ができます。

 

確実にアウトに仕留めるのに、

強い肩など必要がありません。

軟弱肩選手でも、

しっかりとステップを踏めば内野の名手に君臨できるのです。

 

こんにちはわさびです。

軟式草野球の試合を観戦していて、

『あの内野手は上手いな!!』

と思う時がありませんか?

 

守備の上手い内野手って、

確実にアウト取りますよね!

なんだか存在そのものに安定感を感じます。

打者心理は、『あそこに打球を飛ばしたらアウトを取られる。』と感じます。

 

簡単なゴロは余裕を持ってアウトにしてしまう選手。

とても間に合わない位置からでも安定した送球をズバッと決めます。

飛んできた球全てを確実にアウトにする選手です。

 

そんな選手は、敵ベンチからも、

『あのショート、めちゃ上手いな・・・』と称されます。

バッターからすると、

そんな内野手がいたら、

ダイヤモンドが狭く見えるかもしれませんよね。

 

今回は、内野手は決して強肩ではなくても、

実はステップの速さでカバーできるというお話しです。

 

・三塁手と遊撃手の求める捕球から送球の早さ

 

軟式草野球で一流の内野手を目指すなら、

捕球してからの送球を素早くする事です。

 

捕球から送球する間に、

球を持ちかえてスムーズな送球をします。

 

打球はグラブの芯でしっかりと捕球します。

芯で捕ると打球を勢いを止める事ができます。

 

打球がグラブの中に入った瞬間、

利き手で球を勢いを抑えないとなりません。

 

芯で捕球して利き手で打球の勢いを止めながら

球を持ちかえるとうまく掴むことができるのです。

内野手はゴロの打球の勢いを抑えにいきながら、

球を掴みにいくのです。

 

・球を持ちかえる時のちょっとしたコツ。

素早く球を持ちかえて、

きちんとした球を送球するためには、

正しい球の握り方をしなければなりません。

 

正しい握りからは、人差し指と中指の腹を、

球の縫い目に掛けます。

その真下の親指を添えて送球します。

 

捕球・ステップ・球の持ちかえまでの一連の動作は、

言葉で表現すると”流れるような送球”をするのです。

 

この一連の動作をマスターすれば、

どんな弱肩な選手でも内野を守れます。

慣れてくるとワンバウンドで送球する余裕も生まれます。

 

基本的に捕球した時のグラブの位置は、

体の正面にきます。

 

捕球して球を持ちかえながら、

捕球のステップに入る。

この一連の動作がスムーズである事。

ステップを踏みながら軽いフットワークで動くことが絶対条件となります。

ここが確実にアウトにできる選手と、

内安打にしてしまう選手との大きな差なのです。

 

軸足は送球する側に直角にステップします。

つま先からステップを踏み出すと送球は乱れます。

また、ステップが合わずに何歩も歩くと、やはりこれもコントロールが乱てしまうのです。

 

・送球までの距離があるほどステップを重視せよ。

送球先の距離が遠ければ遠いほど、

ステップは重要になってきます。

 

セカンドからファーストへのように、

距離が近ければノンステップでも良いのですが、

距離が長い程、ステップは必要です。

 

ステップとはスローイングする際に、

助走を付ける役目です。

 

ステップの例をあげると、

右利き選手の三遊間ゴロを一塁の送球する際は、

右足を左足の前にステップさせて投げます。

 

また、三遊間ゴロをバックホームする時は、

方向転換の為に、右足を後ろにステップさせます。

 

おじさん三塁手が内安打にしてしまうのは、

ステップを踏んでいないからなのです。

 

・喧嘩キャッチャボールで練習する。

ステップが苦手だという選手多いです。

頭で考えるよりもステップを覚えるには、

キャッチボールで修正したほうが良いです。

 

例えば、キャッチボールの最後にほうで、

2人で捕球してから送球するまでの一連の動作を競い合うのです。

 

あなたとキャッチボールの相手とで、

どちらかが片方が落球するまで、

素早いキャッチボールを繰り返します。

 

この練習をする事で、

頭で考えながら動き、体で記憶する事ができます。

いかに、素早く捕球するか?

どうやって相手の胸元に送球するか?

 

やってみると、

実はこれが意外としんどい練習なのです。

キャッチボールはただの肩慣らしではありませんよ。

 

うちのチームでは、

内野の守備につくときは、

特にステップを最重視しています。

ステップ重視。

 

草野球チームは、選手層が薄いので、

たまに肩の弱い選手でも、

内野を守らなければなりません。

 

ノンステップ送球では、

みすみすボテボテのゴロを内安打にしてしまいます。

 

そして得点圏にランナーがいる時に

ボテボテのサードゴロが飛んだケースでは、

こんな悲しい事が連続します。

捕球してファーストへ送球するもセーフ!!

ランナーはセカンドランナーはサードへ進塁、

サードランナーにホームインを許し1点献上という、

典型的な弱いチームがやることです。

 

内野手の宿命は確実にゴロをさばく事である。

それには強肩よりも、ステップが大事なのである。

 

あなたはしっかりとステップを踏んでから、

送球する事ができますか?

 

わさび

-守備論
-, , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。