仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

守備論

【守備論】軟式草野球 あなたがショートバウンドを捕れない理由!!成功体験のススメ‼

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

 

【守備論】軟式草野球 あなたがショートバウンド捕れない理由!!成功体験のススメ‼

こんにちはわさびです。

 

軟式草野球をやっていて、

ショートバウンドを上手く捌く内野手が

華麗にアウトを取る様はカッコイイですよね!!

カッコいい!!

 

試合で相手ベンチからも、

『ナイス!プレイ!!』という声が飛び交います。

ショートバウンドで捕る選手は、

野球センスがあるから上手にさばく事ができるのでしょうか?

 

確かにヘタクソなプレイヤーは、

バウンドの高い位置で捕球して、

失策・・・・。

エラーをしています。

 

でも、普通のバウンドも地面に着いた直後で、

捕球すればショートバウンド捕球となりますよね?

一流と三流とではここが違うのです。

まぐれはあってとしても、

ショートバウンドは、

練習を重ねてこないと上手にさばく事はできないです。

 

そこで今回は、

難しいとされるショートバウンドの捕球について

考えてみたいと思います。

 

まず、ノック練習を思い浮かべてみて下さい。

ノック練習。

歩幅を合わせながらグラブを出し、

バウンドのどこの位置で捕るか考えながら動いていますよね。

先にも述べて通り、

ショートバウンドもまったく同じ論理なのです。

普通のバウンドが捕れるのに、

ショートバウンドが捕れないという事はありません。

 

誰でもショートバウンドなど

カンタンに捕球する事ができるのです。

 

ショートバウンドで捕球できる

実に内野手はカッコいいです。

 

人間心理の中に、普通のゴロに比べて

ショートバウンド捕球は難しい。

という固定観念があるからだと思います。

 

ショートバウンドをエラーしてしまう一番の原因は、

ショートバウンドのどの位置で捕球するか、

一瞬の迷いが乗じるからです。

 

その迷いが生じないようにさせるには、

たくさんの練習をすることです。

 

内野ゴロのノックを受ける練習ではなく、

たくさんのショートバウンドノックを受けて、

目で見て体で感じる体験が必要なのです。

 

目に落として、後ろに弾いて、

たくさんの失敗経験をするのです。

 

ショートバウンドの捕球練習をたくさんする!

練習でショートバウンドの軌道を覚えてしまえば良いのです。

普通の内野ゴロと同じように,

たくさんのショートバウンドノックを

受ければ良いだけなのです。

しかしここで、ノッカーがショートバウンドを

打つ技術がありません。

という疑問が生じます

 

しかしノッカーはバットで打つだけがノッカーではありません。

必要とあらば、ノッカーは手で投げれば良いのです。

 

ショートバウンドになる球を

至近距離から投げてもらい捕球する練習をするのです。

 

守備練習をする選手が、

ノックで気をつける点はバウンド位置の確認です。

 

バウンド位置の確認。

 

普通のバウンドは、頂点に達してから落ちてくる所で捕球します。

このポイントが一番捕球しやすいのです。

 

 

 

バウンドが下から頂点に上がっていく位置で捕球しにいくと、

球が上に向かっている訳ですから捕球がしにくいのです。

 

グラブは下から上に出して捕球するのが基本です。

バウンドの頂点から落ちてくる所が

捕球ポイントに適している訳です。

 

では、ショートバウンドの捕球で、

最も適した捕球位置はどのあたりなのでしょうか。

 

 

ショートバウンドの捕球位置は、

球が地面に着いた直後のバウンド位置です。

ここが捕球するポイントです。

 

バウンド直後が、最も捕球しやすい位置となります。

バウンドの上がり際で捕球すると、

グラブを下から上へという動作にピッタリとハマるのです。

 

平凡なゴロもなるべくショートバウンドした直後で、

捕球するのが一番捕球しやすいです。

一流プレイヤーは皆、ショートバウンドで直後で捕球します。

 

もしもバウンドの位置が合わせられなくて、

バウンドが一番高い位置で捕球すると送球は乱れてしまいます。

それは一番高い位置で捕球すると、

身体の重心も高くなってしまうからです。

 

内野手は重心を低くしてから、

内野ゴロを捕球すると安定した送球ができます。

内野手はより低いバウンドで捕球するを心掛けましょう。

 

また、一歩後ろに下がって捕球すれば、

バウンドは頂点に達してしまいます。

迷いが乗じたら一歩下がらず、一歩前に出る!

一歩下がらず、一歩前に出る!です。

 

これを強く意識できるように捕球できるようになれば、

滅多にこないハーフバウンドの打球も、

とっさに反応できるようになります。

 

バウンド位置を合わせるのが苦手な選手、

ゴロを捕球するのが怖い選手は、

ショートバウンドを捕球する練習を

繰り返し、繰り返し行い苦手を克服しましょう。

 

野球はメンタルです。

俺はどんなバウンドでも捕球する自信がある!

こんな自信を身につけてほしいなと思います。

 

あなたはショートバウンド捕球は上手ですか?

わさび

 

-守備論
-, , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。