仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

守備論

【守備論】ピッチャー守備を極める!!投手カバーリングのコツは!?9人目の野手の役割とは!?

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

 

【守備論】ピッチャー守備を極める!!投手カバーリングのコツは!?9人目の野手の役割とは!?

ピッチャーは9人目の野手です。

投げるだけが商売ではありません。

 

こんにちはわさびです。

あなたは投手の守備範囲って、

把握していますか。

 

草野球界には絶対的に投手が不足しています。

どうしてもチーム内で、

野球が上手な人が

『お前、ピッチャーできるだろ!』

草野球で初デビューする事が多いのです。

 

草野球でピッチャーが、

自分よりも後方のフライを取りにいき

『ポトリ』と落球している姿を見ていませんか。

 

自分より後ろのフライはどのポジションが捕るべきか?

 

特に野手出身のピッチャーの場合、

野球の動きをするので、

深追いしすぎて失策してしまう事もあります。

反応してしまうのは性ですね。

 

投手に転がるゴロやポップフライは、

球に変な回転がかかっていて難しい打球が多いです。

ファールグランドに切れる打球であれば、

見過ごす勇気必要です。

 

・ピッチャーの守備範囲を把握する。

ピッチャーの守備範囲は、

以下の図が基本エリアとなります。

 

ピッチャーは投球後にすぐに守備体勢に入らなければなりません。

投球後で体勢が崩れている状態で捕球にいくので、

身構えて待つ内野手と比べると、

初動動作が遅くなります。

 

またバッターからの距離が近いので、

打球の強さによっては無理をする必要がないケースもあります。

 

そして送りバントなどの処理の際は、

ライナーを背中越しでしか見る事ができません。

捕手からの指示なしでは動けないので守備が難しいのです。

 

なので、基本的に自分より後方は

信頼のある内野手に任せます。

 

・カバーリングする塁ベースは3つあります。

セカンド以外のカバーリングは基本的にピッチャーが入ります。

例えば、一塁ゴロが転がったケースは、

投手が一塁のベースカバーに入ります。

 

逆に三塁ゴロが転がったケースも、

投手が三塁のベースカバーに入るのです。

またランナーが得点圏、スコアリングポジション(三塁、二塁)にいるケースで、

捕手が球を捕球できないケースが生まれます。

世に言うバッテリエラーです。

 

ワイルドピッチ、パスボールでキャッチャーが

後方に球を逸らしてしまったら、

ピッチャーがホームへ走ります。

本塁カバーが遅れると、あっさり得点を許す事になります。

このプレイは投手守備が不慣れな選手がよく犯す凡プレイです。

 

捕手が球を逸らしたら、どんな球でもホームに走るクセを付けましょう。

それだけでも、相手チームは、

『このピッチャーは俊敏な動きをするからホームは狙えないな・・・』となります。

野球は心理戦です。

思わせるが勝ちなのです。

 

相手の心理も考えながらプレイする事を心掛けましょう。

 

・外野返球のカバーリング。

外野からホームに返球があるケースでは、

捕手が返球を後逸する事も考えられます。

万が一、悪送球や捕手の捕球ミスが出れば、

2点目、3点目と一気に大量失点する恐れがあります。

 

投手はキチンと捕手の背後に回り、

しっかりとカバーリングをします。

 

・ピッチャー返しは捕球しなくても良い!?

ピッチャー返しの打球は鋭い当たりです。

強烈な当たりが飛んできたら、

無理をする事はありません。

グラブで叩き落とせばファーストへの送球は充分間に合います。

叩くと言葉ではカンタンですが、

実際のやってみるとグラブで打球を叩くの容易ではありません。

 

正面を突く打球以外は、

内野手に任せるぐらいが丁度いいです。

 

・難しいファーストカバー。

一塁ゴロが転がれば、

投手が一塁カバーに入ります。

これが意外と難しいのです。

 

バッターランナーが俊足だと焦る気持ちも生じます。

ピッチャーはただでさえ投球後に体勢が崩れています。

そこを全力でファーストへ走るのです。

 

そして最後に一塁手の投げるタイミングに合わせて、

グラブを差し出します。

頭で覚えるより理屈抜きで練習で確認したほうが良いです。

 

 

・バント処理を極める。

バント処理の際、

投手は体が流れてしまいがちです。

 

バントゴロを三塁手が捕球する際は、

縦の動きで一塁へ送球する事ができます。

しかし投手がバントゴロを処理した際は、

背中の方向に一塁ベースはあります。

体が流れるというのは頭の位置が動いてしまうのが原因です。

 

体が流れないようにするにはバントゴロを捕球した後、

足で踏ん張りながら体だけを回転させて送球する事です。

・チーム練習で投手の守備範囲の確認をしておく。

チーム練習の際、

ピッチャーの守備範囲はどこまでか、

チームメイト同士で確認しておく事が大事です。

 

試合になればこの共通した認識がズレていると

チグハグな守備になります。

『何でもない平凡なゴロやフライをお見合いしてしまった!』

なんて事が起きないように、

しっかりと練習でコミュニケーションを取っておきましょう。

 

守備の上手い投手は絶体絶命のピンチを自ら救う力があります。

フォールディング力の高い投手には、

何故かピンチでよく打球が飛びます。

 

これホント不思議です。

守備力の高い投手には、

おあつらえ向きな打球が投手に飛ぶ事が多いのです。

 

投手が自らピンチを救った場面。

わさびが幾度となく見てきた草野球の光景です。

 

投手は投げるだけが仕事ではありません。

立派な九人目の野手なのです。

しっかりと守備力を、

身につけチームプレイができる投手になりたいですね。

 

あなたは投手として守備力に自信がありますか。

 

わさび

-守備論
-, , , , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。