仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

守備論

【守備論】キャッチャー守備を極める!!キャッチング、サイン、配球、捕手は事実上の監督みたい!?

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

 

【守備論】キャッチャー守備を極める!!キャッチング、サイン、配球、捕手は事実上の監督みたい!?!?

キャッチャーはの守備はホームを守るのが役目です。

サッカーで言う所のゴールキーパーと同様です。

 

ホームベースを踏まれれば

得点を許す事になります。

 

捕手のキャッチングが上手だと、

試合のリズムが良くなります。

投手は、そんな捕手だと

『どこにでも投げられるから楽だ』と言います。

そして、グランドで守る選手達の気持も高めてくれます。

そんな最強な捕手がいると、

たちまちチームは強くなれるのです。

 

こんにちはわさびです。

あなたは捕手のの守備範囲って把握していますか。

・キャッチャーの守備範囲を把握する。

キャッチャーの守備範囲は、

以下の図が基本エリアとなります。

キャッチャーは他の野手とは違い安全の為に防具を付けています。

ただでさえ邪魔なあの防具です。

レガース、マスク。プロテクター。

 

しかし体を守る為に防具を外して守備につく訳にはいきません。

 

キャッチャーマスクで視野が狭い中で、

守備についているのです。

さらには、配球を考えて

ピッチャーに対してサイン要求します。

一球、一球、試合の状況を頭の中で考えながらリードしていく、

ある意味試合を支配する、

監督だとも言えるのではないでしょうか。

 

体に何も付けていない身軽な内野手と比べると

捕手は打球への初動動作が遅くなります。

なので、打球の行方を見失う事もあります。

 

・フェアグランドの守備は内野手にお任せ。

草野球のキャッチャーは、

フェアグランドの際どい打球は無理をせずに、

捕球して確実に捕球ができるフェアグランドの球で、

ファーストでアウトが取れる打球のみを処理をすれば良いのです。

深追いは禁物です。

 

塁線上の打球は球に回転がかかっている事が多いです。

一度フェアグランドに落ちてから、

ファールグランドに切れる打球は、

ファールになるのを待つのが賢明です。

 

万が一、グラブに当ててしまったら、

球がベンチに飛び込んでしまうケースもあります。

ランナー次第ではボールデッドで得点を与えかねません。

 

捕手の守備には、盗塁を刺すという華麗なプレーもあります。

プロ野球の捕手の醍醐味は、

やっぱり盗塁を華麗なスローイングで刺すところにあります。

補殺はカッコいいです。

しかし、草野球ともなるとどうでしょうか。

三位一体、投手、捕手、内野手の守備力が高くないと

盗塁阻止は失敗に終わります。

 

いくら捕手の地肩が強くても、

投手の協力が必要です。

草野球にはクイックモーションで投げれるピッチャーは意外に少ないのです。

 

また盗塁阻止に塁カバーに入る選手のセンスも問われます。

これら全てのバランスを念頭に置きながら、

捕手はその日の守備陣を把握しておく必要性があります。

野球は頭を使うスポーツです。

捕手は常に内野手の守備、

心理状態などを把握しながらゲームを進めなければなりません。

 

・盗塁は絶対に阻止しなければいけないものなのか?

 

ランナーが一塁、又は二塁にいるケースで、

二盗、あるいは三盗が考えられます。

 

野球において基本的に盗塁は阻止するものですが、

草野球ともなるとチームレベルとの相談となります。

 

守備に自信がないチームの場合、

ランナーから絶対にアウトを取るとは考えなくて良いのです。

捕手は自分の仕事に専念する方に、

趣を変えたほうが良いです。

しかし、盗塁を送球する素振りも見せないの電話番号は、

走り放題にさせてしまいます。

 

二塁に送球する時、ランナーを目で追う必要はありません。

セカンドに投げると決めたら、

塁ベース上に目がけて投げるだけでいいのです。

ランナーやセカンドのカバー状況を目で追うと、

その分、送球が遅れてしまいます。

 

そして微妙な迷いが生じる事で悪送球にもなりかねません。

目で追う事でコントロールにも影響しますので、

塁上に投げるだけと決めたほうが良いです。

例えセカンドが塁カバーに入いらなかったとしても、

ショートかセンターがカバーリングしてくれます。

 

そして送球する球は低く投げる。

高めに浮いて球では追いタッチになります。

低めにズバッと決めましょう。

高めに浮く球を送球するくらいなら、

ワンバウンドの送球のほうが遥かに確実で速いです。

 

・キャッチャーはチームの司令塔。

捕手の役目はまだまだあります。

野手全員に指示を出す事です。

例えば、守備位置、フォーメーションの指示があります。

 

キャッチャーは野手全てのポジショニングを

見渡せる位置にいます。

ひとりだけセンター方向を向いて守備についている唯一の選手なのです。

 

よーくグランドを見回しながら、

試合全体を見る力を養っていきます。

 

常にランナーの状況やアウトカウント、

得点差などを把握して守備位置の確認、

守備位置の指示出しをするのが捕手の役目となります。

 

野球の試合中は事実上の監督は捕手だと言われる事もありますが、

草野球においてはその度合いはさらに増します。

 

試合始まれば、攻撃時の指示は監督が出せたとしても、

守備時の指示はプレイをしている捕手となるのです。

 

内野ゴロが飛べば、

『バックセカンド』なのか『バックファースト』なのか指示を出します。

 

また、打者が変わる毎に、

事細かに内外野の指示をするのも捕手の大事な役目となります。

 

考えてみると捕手って、

かなり負担が大きくて大変な稼業ですよね。

言い換えれば、

とてもやりがいのあるポジションです。

 

草野球は投手と捕手だけは、

どこのチームも一年中、選手募集をしています。

それだけ草野球界では捕手が不足いるのです。

 

 

是非、まだ捕手にチャレンジしたことのない選手がいたら、

やってみると意外にハマるかも・・・。

 

毎試合マスクを被り重責を担う、

捕手には頭が下がる思いです。

 

ところであなたは捕手経験はありますか?

 

わさび

-守備論
-, , , , , , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。