仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

守備論

【守備論】ファースト守備を極める!!ランナー一塁の構えや守備位置!!適任選びのポイントも解説!!

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

 

【守備論】ファースト守備を極める!!ランナー一塁の構えや守備位置!!適任選びのポイントも解説!!

一塁手には内野手からの送球を確実に捕球して、

アウトを積み重ねる大事な役目があります。

 

捕球するのが上手くないと到底一塁手にはなれません。

 

球をポロポロ落としていては

いつまで経ってもイニングが変わりません。

初心者には不向きなポジションです。

 

またランナーの出塁次第で、

守備範囲が狭くも広くもなるのもファースト守備の特徴です。

 

こんにちはわさびです。

 

あなたは一塁手の守備範囲って把握していますか。

・ファーストの守備範囲を把握する。

ファーストの守備範囲は以下の図が基本エリアとなります。

ファーストは球が集中します。

それもそのはず、

試合でアウトを取るのが一番多いのがファーストです。

バッテリーの次に球に触れる事が多いポジションです。

 

ファーストはよく太った中年プレイヤーが

務まるイメージもあります。

 

消去法で一塁コンバートとなるのでしょうが、

本来は俊敏な動きが求められるポジションです。

塁上から一歩も動けない選手の起用は基本NGです。

 

そして適任選びは、

野球をよくわかっている頭脳明快な選手が良いです。

 

草野球の場合、回転がかかる打球が多いです。

フェアグランドギリギリの打球は、

無理せずに見極めます。

フェアグランド内に入るか、

それともファールグランドに切れるか瞬時に判断をします。

 

フェアグランドで確実にアウトが取れる打球だけを

処理をすれば良いのです。

 

深追いは禁物です。

ファールグランドに切れる打球は、

例え一度、フェアグランドに落ちたとしても、

ファールになるのを待つのが賢明です。

 

万が一、グラブに当ててしまったら、

球がベンチに飛び込んでしまうケースもあります。

ランナー次第ではボールデッドで得点を与えかねません。

 

・一塁ベースカバー。

内野ゴロの全てのカバーに入ります。

ダブルプレーの際も、一塁ベースカバーに入ります。

 

内野手からの送球を受けて、

確実にバッターランナーをアウトにする役目があります。

 

また自身がゴロを捕球した場合は、

捕球した場所から塁が近ければ、

自らベースを踏みに行きます。

とても俊敏な動きが求められます。

 

また塁ベースから離れた場所で捕球した場合は、

ベースカバーに入るのはセカンドかピッチャーとなります。

野手と呼吸を合わせて素早く一塁へ送球します、

そしてランナーを確実にアウトにします。

 

内野ゴロに慌ててしまう選手がいます。

落ち着いたプレーをすれば間に合う距離がファースト守備です。

サード守備と比べ一塁ベースが近いのです。

 

ランナーの走力も判断しながら、

余裕を持ってゆっくりと確実に送球しましょう。

・ランナー一塁の守備。

基本の定位置はベースから3m離れたくらいでしょうか。

そして、ランナーが一塁に出塁すれば、

一塁手は塁ベースに固定となります。

投手からのけん制を待ちます。

 

塁から離れた位置にポジションを取ると走り放題です。

なるべく盗塁のリードさせない、

リードを小さくさせる役割が挙げられます。

 

ランナーに大きなリードを許してしまうと、

単打でも一気に一塁ランナーは三塁まで到達するケースも想定されます。

 

ランナーが盗塁をするのか、しないのかではなく、

ランナーをできるだけ塁にくぎ付けにする役割が大事です。

 

また、草野球の場合、

残念な事に緩慢な走者が多いです。

 

せっかく走者として塁に出ても、

一切リードを取らない選手もいます。

 

『オレ、今日、ピッチャーだし!』

『足、遅いから・・・』

聞けばそれぞれがそれなりの理由を言いますが、

走らないと決めつけたリードの選手が多いのが草野球です。

そんな選手の出塁の場合は、

ピッチャーからのけん制など不必要でしょうね。

 

・ピッチャーけん制の構え。

ピッチャーからのけん制を待つ構えは、

軸足で塁ベースのピッチャー寄りの角を踏んで、

腕もスーッと前に伸ばして構えます。

 

腕を伸ばしすぎて”構える”と

送球が逸れた際、反応できません。

自分なりの楽な姿勢を見つけて下さい。

 

・ライン上で捕球しない

捕手ゴロ、振り逃げなど、

ライン上で捕球するのでランナーと重なるケースがあります。

そんな時は、捕手が一塁へ投げやすいように、

気持に余裕を持って、ベースから一歩離れた場所で”構え”ます。

 

ファールグランドで捕球をしてから、

その後、ゆっくりと塁ベースを踏みます。

ラインから外れるようにすれば確実にアウトが取れるのです。

 

塁ベース上で構えてしまうと、

送球する側から見れば非常に投げにくいです。

 

ランナーの背中と、一塁手が重なるので、

本来投げるべき的が見えません。

この場面で球が逸れてセーフになるケースがやたら多いです。

 

走る気まったくゼロの振り逃げ選手に

出塁を許した時のガックリ感は半端ないです。

 

一塁手の工夫ひとつで、

セーフもアウトに変える事ができるのです。

 

 

・けん制守備の構え2パターン。

不慣れな選手は塁ベースから離れたポジショニングを取ると、

野手からの送球の捕球後、

慌ててベースを探してしまう事もあります。

 

こんな単純ミスを未然に防ぐ為に、

守備に不安のある選手は、片足を塁ベースにつけて構えるのがベストです。

 

しかし、一流プレイヤーともなれば、

ベースのピッチャー寄りの角を背中にして、

体をピッチャーに対して正面に向けた体勢で捕球を待ちます。

これはどんな球が来ても対応できるようにです。

この場合、送球を見極めてから塁ベースを踏みに行きます。

 

・バント処理の動き

ランナー一塁でバッターが送りバントの構えをしてきたら、

ピッチャーの投球と同時に前に出ます。

 

ランナー二塁のケースのバントでも

投手の投球と同時に思いっきり前にダッシュします。

 

これは捕球を間に合わせる為でもありますが、

バッターにプレッシャーをかける役目もあります。

 

バッチーに、

『正面のゴロだと三塁でフォースアウトにされてしうかも』

と脳裏によぎらせればしめたものです。

野球は心理戦です。

 

意図的にシャープに動いて、

バッターを心理的に追い込みのです。

気弱なバッターは自らバントコースを狭めるのです。

 

 

・二塁のカバーリング

一塁手はホント忙しいです。

センターの右に左に打球が飛んだ際、セカンドやショートが中継に入ります。

必然的に二塁ベースがガラ空きになります。

そんな時は、すかさず二塁ベースのカバーに猛ダッシュします。

 

草野球の場合、寝ぼけた一塁手だと

ミスミス走者に二塁ベースを踏ませる事になるので

二塁カバーはしっかりと行って下さい。

 

・中継プレイとカットマン

ライトへのヒット、

あるいは右中間へのヒットなどの場合、

中継、カットマンに入るのは一塁手の役目となります。

 

 

また一塁手の選択をおろそかにすると、

平凡なゴロの失策が止まらなくなるチームもあります。

 

内野手は繊細な生き物です。

『アイツなら、どんな送球でも捕球してくれる!』

そんな不動の一塁手がいると、

内野手は安心して一塁へ送球する事ができます。

 

一塁手が華麗なグラブさばきはチームのピンチをも救います。

鉄壁な一塁手が存在するだけで、

相手チームに

『内野ゴロは確実にアウトにされてしまうかも』

とプレッシャーを与える事にもなります。

 

草野球選手には、

内野ゴロで全力疾走しない緩慢なプレイヤーが多いです。

『どうせ、ファーストは捕るだろう』

緩慢プレイヤーの走る気を無くす存在感があるのが、

鉄壁な一塁手の存在感です。

 

一塁手を重視するチームは試合に強いです。

 

あなたが一塁の守備を極めたいのであれば、

しっかりと守備力を身につけて、

チームプレイができる選手になりたいですよね。

 

 

わさび

-守備論
-, , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。