仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

守備論

【守備論】セカンド守備を極める!!広い守備範囲でダブルプレーや盗塁を阻止する!?適任選びのポイントも解説!!

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

 

【守備論】セカンド守備を極める!!脚力と頭脳で広い範囲をカバー!!ダブルプレーに盗塁阻止と大忙し!?適任選びのポイントも解説!!

セカンドの選手には、

内野ゴロの捕球という大事な役目がありますが、

同時に捕球するもの上手くないと到底務まりません。

それは送球が集まりやすいポジションだからです。

 

ポロポロと落球ばかり選手には不向きです。

セカンドで取れるはずのアウトを落とすと、

スコアリングポジションにランナーを背負う事となります。

 

弱小チームは二塁手が手薄です。

楽に得点圏にランナーを進めさせる弱小チームは

こうして大味な試合展開にするのです。

 

また、ダブルプレーでは、

敏速な動きが求められるポジションでもあります。

 

鈍足プレイヤーでは対応しきれない

大事なポジションとなります。

 

また、二塁にランナーが出塁すれば、

投手からのけん制を待ちながらの動きとなります。

遊撃手はランナーのリードを小さくさせる動きを要します。

 

ランナーを大きくリードさせないように、

二塁手と押したり引いたりする。

動ける二遊間だとランナーは動くに動けなくなります。

 

ランナー二塁を単打で還されるか、

三塁、一塁で止める事ができるか。

強豪チームと弱小チームの差は

記録につかないこんなプレイにも表れます。

 

こんにちはわさびです。

あなたは二塁手の守備範囲って把握していますか。

 

・セカンドの守備範囲を把握する。

セカンドの守備範囲は以下の図が基本エリアとなります。

セカンドには球が集中します。

内野ゴロゲッツーを狙う際は、

カバーに入るのはセカンドです。

 

また外野からの返球の中継、カットマンにも入ります。

そして盗塁阻止の大事な役割もあり

二塁手はとても忙しいのです。

 

・適任選びのポイント

セカンドには俊敏な動きが求められます。

一塁にランナーがいれば、

一塁手は投手からのけん制待ちとなり塁ベースに固定になります。

その分、二塁手の守備範囲は

右にも広げなければならいのです。

守備におけて俊敏な脚力が問われます。

 

ランナーや試合状況により、

捕球後の動きは幾とおりも考えられます。

ボーっとしているタイプの選手を

セカンドに選択するとチームは痛い目に合います。

 

セカンドの適任選びは野球をよくわかっている

頭脳明快な選手が良いです。

 

一塁手や三塁手と比べると、

二塁手はファールグランドでの守備がほぼないです。

 

なので自分に向かって来る打球は、

全てが捕球対象となります。

迷わず思い切ったプレイを心掛けましょう。

 

・一塁のベースカバー

ファーストゴロを一塁手が捕球したら際、

二塁手が一塁ベースカバーに入ります。

 

またゲッツー体勢で一塁に打球が転がった際も、

二塁手が一塁ベースカバーに入ります。

 

また、サードゴロ、ショートゴロのカバーリングも大切です。

ライトと共にファースト守備のカバーに走ります。

 

・トンデモなく広い守備範囲。

二塁ベースを中心に一塁ベース、

そしてライト前の芝目まで、

さらにはセンターからマウンドの後方までと

やたらと広い守備範囲が求められます。

 

ホント、二塁手は忙しい守備です。

おじさんでは息切れしそうなポジションです。

 

・M号は打球が低くて速い。

2018年から試合球がA号からM号に変わりました。

これによりセカンド守備にも変化が見られます。

 

2018年の試合傾向から、

明らかに高いバウンドの打球が激減しました。

そして打球が速い。

 

A号ではバウンドが変わる前に捕らないと、

2バウンド目、3バウンドめのイレギュラー多かったです。

 

しかし、M号では2バウンド目で、

さらに低くなる事が多いのでこの点を念頭に入れておきましょう。

 

セカンド守備は一塁ベースから近いので、

極端に前に守る必要はなくなったのです。

 

・バントシフトのポジショニング。

バントシフトの場合、基本的に一塁手が前に出ます。

その際、二塁手が一塁ベースのカバーに入ります。

 

バントのカバーはセカンドが入るのが適しています。

処理したバントゴロを体の正面で取れる二塁手と、

背中越しに捕球しなければならない投手とでは

二塁手が適していると言えるのです。

 

・ショートとセカンドは仲良し

二遊間という言葉があるとおり

二塁手は遊撃手との名コンビです。

 

息がぴったりでないと連携プレーの成功などあり得ません。

 

鉄壁な二遊間がいるチームは、

ヒット性の当たりをことごとくアウトに仕留めます。

 

プロ野球チームでも、

二遊間がしっかりしたチームは失点が少ないです。

得点を許さないチームは負けないのです。

 

内野手陣は日頃からコミュニケーションを取って

息を合わせておきましょう。

・ダブルプレーを成功させる。

ランナー一塁でダブルプレーを狙う際は、

ショートゴロ、セカンドゴロにより二塁手の動きが変わります。

 

ショートゴロの際は、二塁手が塁ベースに入り、

すかさず一塁へ送球します。

 

逆にセカンドゴロの際は、

捕球したら素早く体を切り返して、

二塁ベースに入った遊撃手に送球します。

この体の切り替えしは熟年した経験が必要です。

 

ノックでどう二塁ベースに向けて送球体勢を取れば良いか

練習を重ねてみると良いでしょう。

 

・塁カバーは遊撃手か二塁手なのか。

基本的には右に打球が飛んだ場合、

遊撃手が二塁カバーに入る。

左に打球が飛んだ場合は、

二塁手が二塁のカバーに入ります。

 

しかし、草野球チームの場合、

選手層が手薄なケースもあります。

本日の二塁手は素人さんという日もあります。

 

そんな時は、

例外で全て遊撃手が入ると決めてから、

試合に挑むのもありなのです。

 

動ける二塁手がいるチームは強いです。

また二塁手を手薄にするチームは、

取れるアウトも減ります。

二塁手の優越によっては、

ランナーが溜まり始めたらエンドレスで得点される続ける事もあります。

 

頭脳明快な二塁手が存在するだけで、

相手チームに『ゴロだと外野に抜けないな』

とプレッシャーを与える事にもなります。

 

器用な二塁手の存在はデカいのです。

あなたが二塁の守備を極めたいのであれば、

しっかりと守備力を身につけて、

チームプレイができる選手になりたいですよね。

 

 

わさび

-守備論
-, , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。