仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

守備論

【守備論】ショート守備を極める!!地肩の強さと制球力!?適任選びのポイントも解説!!

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

 

【守備論】ショート守備を極める!!地肩の強さと制球力!?適任選びのポイントも解説!!

ショートの守る選手はチームの主力、

そして内野守備の花形的なイメージがあります。

 

メジャーリーガーには、

手首のスナップだけで一塁に矢のような送球をする選手がゴロゴロいます。

 

草野球選手でもそんな強い地肩があれば、

鉄壁の遊撃手になること間違えなしですよね。

 

遊撃手には内野ゴロの捕球という大事な役目がありますが、

それと同時に右に左にと動ける敏速な脚力と頭の回転の良さも問われます。

 

人間は右利きが多いです。

当然、左バッターよりも右バッターのほうが多いです。

 

そして草野球の場合、

右バッターの中で引っ張ることしか能がない選手も数多く存在します。

そうなるとショートゴロは多くなるのです。

 

試合を終えてみれば、

『今日は右にゴロが1本も飛ばなかったな』

なんて日もあるのが草野球です。

 

また、ダブルプレーなどの敏速な動きが求められる

ポジションでもあります。

鈍足プレイヤーでは到底できない

起用さが求められるポジションになります。

 

こんにちはわさびです。

 

あなたは遊塁手の守備範囲って把握していますか。

 

・ショートの守備範囲を把握する。

ショートの守備範囲は以下の図が基本エリアとなります。

ショートにはゴロの打球が集中しやすいです。

ショートゴロゲッツーを狙う際は、

カバーに入るのはセカンドです。

 

また外野からの返球の中継、カットマンにも入ります。

そして時には、サード後方まで全力疾走します。

ファールグランドでフライを捕球することもしばしば。

遊撃手はとても忙しいポジションなのです。

・適任選びのポイント

ショートの守備につく選手には俊敏な脚力が求められます。

 

二塁にランナーが出塁すれば、

投手からのけん制を待ちながらの動きとなります。

遊撃手はランナーのリードを小さくさせる動きを要します。

 

ランナーを大きくリードさせないように、

二塁手と押したり引いたりする。

動ける二遊間だとランナーは動くに動けなくなります。

 

ランナー二塁を単打で還されるか、

三塁、一塁で止める事ができるか。

強豪チームと弱小チームの差は

記録につかないこんなプレイにも表れます。

 

 

また三塁手の守備位置次第では、

遊撃手は守備範囲を少し左にも広げなければならいです。

 

遊撃手は如実に守備力を問われるポジションです。

ランナーや試合状況により

捕球後の動きは幾とおりも考えられポジションです。

 

誤ってボーっとしているタイプの選手を

選択してしまうと痛い目に合います。

 

適任選びのポイントとしては、

野球をよくわかっている頭脳明快な選手が良いです。

 

また、難しい打球が多く、

一塁ベースから遠い距離からの送球もあります。

地肩の強さと正確なコントロールも要求されます。

 

『投手交代!ピッチャーがショートに入り、ショートがピッチャーに変わります!』

と遊撃手が二番手投手でマウンドに上がるのが

多いのはその制球力かも知れません。

 

・二塁ベースカバーに入る。

ゴロを二塁手が捕球したら際、

ランナー次第ではダブルプレー、

あるいはセカンドフォースアウトというケースが想定されます。

 

或いは、外野にヒットが飛んだ時、

セカンドベースを守る為にカバーに入ります。

 

誰もセカンドベースカバーに入らないと、

賢いバッターランナーは、

一気にセカンドベースを落し入れます。

 

 

・トンデモなく広い守備範囲をこなす遊撃手

二塁ベースと三塁を股にかけてポジショニングを取るのが遊撃手です。

そしてレフトからセンターにかけて前の芝目まで、

さらにはマウンドの後方からサード後方のファールグランドまでと、

かなり広い守備範囲を求められるのが遊塁手です。

 

ホント、忙しい守備です。

疲労度半端ないですがやりがいのあるポジションです。

足の速い選手が多いのも特徴です。

 

・M号は打球が低くて速い。

2018年から試合球がA号からM号に変わりました。

 

これによりショート守備にも変化が見られます。

 

2018年の試合傾向から、

明らかに高いバウンドの打球が激減しました。

 

そして打球が速い。

A号ではバウンドが変わる前に捕らないと、

2バウンド目、3バウンドめのイレギュラー多かったです。

 

しかし、M号では2バウンド目で、

さらに低くなる事が多いのでこの点を念頭に入れておきましょう。

ショート守備は以前ほど、

極端に前に守る必要はなくなったのです。

 

但し、肩や脚力に自信のない選手は

自分に適したポジショニングを取る必要はあります。

 

 

・バントシフトのポジショニング。

 

バントシフトの場合、基本的に三塁手が前に出ます。

その際、三塁手が遊撃手が三塁ベースカバーに入ります。

ほとんどのバントは三塁手で間に合いますが、

ピンポイントでショートに転がる打球もきます。

そんな時は、遊撃手の出番となります。

 

三塁手と遊撃手はお見合いしがちなポジションです。

三塁手とコミュニケーション取り、

試合中のミスを未然に防ぎましょう。

 

 

・ショートとセカンドは仲良し

二遊間という言葉があるとおり二塁手は遊撃手との名コンビです。

息がぴったりでないと連携プレーの成功などあり得ません。

息の合った二遊間がいるチームは、

得点を許さないです。

内野手どおしのコミュニケーションは大事です。

 

 

・ダブルプレーを成功させる。

ランナー一塁でダブルプレーを狙う際は、

ショートゴロ、セカンドゴロにより動きが変わります。

 

ショートゴロの際、塁に近い捕球の場合、

自ら塁ベースにを踏みすかさず一塁へ送球します。

 

この時、遊撃手は流れるように動くのがポイントです。

捕球と塁ベースを踏むタイミング。

そして一塁への送球と、

体の動きと球の動きがバラバラになると

セカンドフォースアウト止まりになってしまいます。

 

逆にセカンドゴロの際は、

遊撃手が二塁カバーに入ります。

この際、二塁手の捕球の動きに合わせて、

抜群のタイミングで二塁ベースに入るアシストが大事となります。

 

二塁手が送球しやすい体勢をつくってあげる事と、

自分が一塁へ送球しやすい動作も求められます。

送球を捕球したら素早く体を切り返して一塁へ送球します。

この一連の流れは熟年した経験が必要です。

ノックで練習を積み重ねて体感うるのがベストです。

 

 

・塁カバーは遊撃手か二塁手か

基本的には右に打球が飛んだ場合、

遊撃手が二塁カバーに入る。

左に打球が飛んだ場合は、

二塁手が二塁のカバーに入ります。

 

しかし、草野球チームの場合、

選手層が手薄なケースもあります。

 

本日の二塁手は素人様という日もあります。

そんな時は、例外で遊撃手が二塁カバーに入ると決めてから

試合に挑むのもありなのです。

 

動ける遊撃手がいるチームはホントに強いです。

とても間に合わないような深いゴロをさばき、

バッターランナーをアウトにするテクニックは

見ていて惚れ惚れしてしまいます。

 

遊塁手が華麗にダブルプレーを決めると

相手チームからも拍手が起こります。

 

頭脳明快な遊塁手が存在するだけで、

相手チームに『外野にゴロは抜けない』

とプレッシャーを与える事にもなります。

 

器用遊塁手の存在はデカいです。

あなたが遊塁の守備を極めたいのであれば、

しっかりと守備力を身につけて、

チームプレイができる選手になりたいですよね。

 

わさび

 

-守備論
-, , , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。