仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

守備論

【守備論】サード守備を極める!!三塁手は前進守備が基本!?適任選びのポイントも解説!!

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

 

【守備論】サード守備を極める!!三塁手は前進守備が基本なの!?適任選びのポイントも解説!!

こんにちはわさびです。

サードの選手は、強い打球に強いイメージがあります。

 

ビシバシ飛んでくるサードゴロを

的確にさばいていく姿は、もはや芸術的でさえあります。

 

人間には右利きが多いです。

当然、左バッターよりも右バッターのほうが多いです。

 

そして草野球の場合、

右バッターで引っ張ることしか能がない選手も数多く存在します。

そうなるとサードゴロが多くなるのです。

 

昔、わさびのチームに、

サードゴロが多い選手がいました。

その選手の一年間のデーターももとに、

打球方向を歳出したところ・・・。

その打球方向の9割近くがセンター左からレフトという

右バッターがいました。

 

いくらセンター返しを練習しても、

サードにゴロしか飛ばない選手でした。

 

草野球では引っ張りしかできない選手が実に多いです。

こんな選手は決して珍しくありません。

草野球は必然的にサードの守備機会が多くなるのもうなずけます。

 

あなたは三塁手の守備範囲って把握していますか。

 

・サードの守備範囲を把握する。

サードの守備範囲は以下の図が基本エリアとなります。

サードにはゴロの打球が集中しやすいです。

サードゴロゲッツーを狙う際は、

基本的にカバーに入るのはセカンドです。

背中で入る事になる遊撃手と

身体の正面で入れる二塁手とでは、セカンドがカバーするのが適しています。

 

また外野からの返球の中継、カットマンにも入ります。

そして時には、

ベンチギリギリに上がったファールフライを全力疾走する事もあります。

 

・適任選びのポイント

サードの守備につく選手には、

他の内野手と比較すると俊敏な動きは求められないです。

しかし基本的には、内野手は動ける選手が適しています。

 

サードの守備では打球を待ったり、

下がったたりしては絶対にいけません。

 

打球の判断力というよりは、

強い打球でも恐れない勇敢な選手がサードに適しています。

 

そして、落ち着きのある選手が向いています。

内野手の中で一番、一塁ベースから遠いのが三塁というポジションです。

バッターランナーの走力次第では

アウトかセーフかギリギリになります。

 

『ここはゆっくり送球しても一塁は間に合う。』

『この打球はシングルキャッチして送球しないと間に合わないな。』

いつでも冷静に物事が判断できる

落ち着きのある性格の持ち主が適任です。

ベテラン選手が多いのもうなずけるポジションです。

 

・サード守備位置は前目!?

ランナーや試合状況により

捕球後の動きは幾とおりも考えられポジションです。

ボテボテのゴロもしかり、

三塁線の痛烈なゴロも来ます。

 

回り込んで捕球するよりは、

基本的に前でさばく事が多いポジションです。

 

自分よりも前で打球を捕球するという意識が大事になります。

 

・M号は打球が低くて速い。

2018年から試合球がA号からM号に変わりました。

これによりサード守備にも変化が見られます。

 

2018年の試合傾向から、

明らかに高いバウンドの打球が激減しました。

そして打球が速い。

 

A号ではバウンドが変わる前に捕らないと、

2バウンド目、3バウンドめのイレギュラー多かったです。

 

しかし、M号では2バウンド目で、

さらに低くなる事が多いのでこの点を念頭に入れておきましょう。

 

サード守備は以前ほど、

極端に前に守る必要はなくなったのです。

 

 

・送球はワンバウンドでも良い。

肩に自信がない選手でもサードの守備につく機会があります。

50代の選手でも充分できるポジションです。

 

そんな選手は一塁への送球は、

何もど真ん中ストライクでなくても良いのです。

 

一塁手のグラブ目がけて到達するワンバンドで構わないのです。

鋭いワンバンドを送球したほうが球が速い事もまります。

ワンバンド送球で充分、間に合います。

 

但し、低すぎる送球、弱すぎる送球のワンバウンドは一塁手がキツイです。

しっかりとミットに収まる送球をしましょう。

 

三塁手は一場面、一場面で

落ち着いた判断ができれば、すぐに一流プレイヤーになれます。

 

 

・三塁ベースカバー

三塁ランナーがいれば、塁ベース固定となります。

ヒットや長打が飛んだケースでも三塁ベースを空けてはいけません。

 

三塁手は常に塁ベースを空けてはいけないのだという認識を持つ事が重要となります。

試合で一塁ランナーよりも、

三塁ランナーを背負うほうがキツイです。

サードを奪われたら相手に得点される確率は断然高くなります。

三塁ベースを落とし得れさせない為にも

ベースを空けてはいけないという癖を付けましょう。

 

・守備範囲は基本は前です。

三塁をベースを中心に

レフト前の芝目から、さらにはマウンドの後方。

サードベンチ前のファールグランドまでが守備範囲となります。

 

右打者が多い若いチームとの対戦だと、

右に打球がバンバンと飛びます。

そんな試合のサード守備の疲労度は半端ないです。

しかし球が飛んでくる機会が多いので、

とてもやりがいのあるポジションです。

 

・バントシフトのポジショニング。

バントシフトの場合、投手との連携が大切です。

バンドゴロは基本、三塁手が猛ダッシュして前に出ます。

三塁線上に転がったゴロは三塁手が捕球しますが、

基本的にはバント処理は投手にお任せします。

 

 

・ダブルプレーを成功させる。

ランナー次第でダブルプレーの動きが変わります。

二塁、一塁の場合、塁に近い捕球のケースでは、

自ら三塁ベースにを踏みすかさず二塁へ送球します。

 

また草野球の場合、ダブルプレーでは、

サードベースを踏んで、一塁送球もありです。

バッターランナーの走力や

アウトカウント次第でどこでアウトを取るのか瞬時に切り替えるのです。

 

この時、三塁手は流れるように動くのがポイントです。

捕球と塁ベースを踏むタイミング。

そして二塁への送球と、

体の動きと球の動きがバラバラになると

セカンドフォースアウト止まりになってしまいます。

この一連の流れは熟年した経験が必要です。

ノックで練習を重ねるのがベストです。

簡単にゴロをさばく三塁手がいるチームは

ホントに強いです。

 

強いゴロを簡単に捕球し、

ボテボテのゴロは片手で掴みバッターランナーを一塁で確実アウトにする。

そんな巧妙な選手は、ホント惚れ惚れしてしまいます。

 

落ち着きのある三塁手がチームに存在するだけで、

相手チームに『外野にゴロは抜けないな』

とプレッシャーを与える事にもなります。

 

外野に抜かせない三塁手の存在はかなりデカいです。

 

あなたが三塁手の守備を極めたいのであれば、

しっかりと守備力を身につけて、

チームプレイができる選手にになりたいですよね。

 

わさび

 

-守備論
-, , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。