仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

守備論

【守備論】草野球 内野手から信頼されるファーストを守備教えます!その絶対条件とは?

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

【守備論】草野球 内野手から信頼されるファースト守備を教えます!その絶対条件とは?

こんにちはわさびです。

ファーストの守備に必要な絶対条件とは言ったら、

どんな理由が思つきますか?

 

・守備が上手い
・身体がデカい
・左利きである

確かに、守備は上手いというのは必要条件のひとつです。

内野ゴロの全てのアウトを取るのはファーストの役目なのです。

キャッチボールもまともに捕れない人には務まりません。

 

・身体がデカい

これも確かに有利です。身体がデカければ、

その分、的が大きく見えます。

でも横にデカいだけの身体だと俊敏さに掛けるかな・・・

 

さらに高身長であれば、手も足も長いので、

高い球にも対応できます。

また左右の守備幅が大きく対応が可能となります。

小柄な選手と比べるとファーストの守備向きと言えます。

 

 

・左利きである
左利きだとセカンド寄りに逸れた球を

捕球しやすいという利点があります。

 

そして、けん制球でランナーへのタッチプレーにも反応しやすいので、

ファーストの守備に左利きは有利とされてます。

 

・草野球界にありがちな高齢選手=ファースト

最近では、プロ野球でもこのような傾向が見られます。

ちょっと前にも、ジャイアンツの正捕手が

一塁手にコンバートという事がありましたよね・・・。

 

草野球では少々、動けなくても、

キャッチボールができれば

ファーストの守備が務まるのでは?

という安易な考え方が、いまでも根強く残っています。

 

まあ、確かに高齢で動けないとか、

太りすぎていてポジションの選択肢が

少ないというのはわかります。

それにしても巨漢でかなり太めの選手が

ファーストの守備につく事が多いですよね。

こんなチーム、内野ゴロ失策が多いです。

試合中、野手で一番アウトを取るポジションです。

一塁手選びは、かなり大事です。

 

 

 

・一塁手を選ぶのに必要な絶対条件とは?

 

一言で言うならば、

どんな球を投げてもアイツなら必ず捕ってくれるという絶対的な信頼感にあります。

 

どんな球を投げてもアイツなら必ず捕ってくれるという絶対的な信頼感とは、

この言葉に全てが集約されています。

あなたのチームでも、アイツがファーストの時が、

何だが投げにくい、リズムが悪いという事があると思います。

守備が上手な云々言う前に、

信頼感、安心感のあるファースト選手が理想的です。

 

チームからの信頼度の高い選手は、はやり動きも一味違います。

 

・キャッチャーからの送球に対する動き

キャッチャーからの送球というと、

キャッチャーゴロ、振り逃げ三振、

キャッチャーからのけん制球などが挙げられます。

 

以下の図をご覧頂くとお分かりいただけると思いますが、

キャッチャーとファーストを線で結ぶラインと、

ランナーが走塁するラインがどうしても被ってしまいます。

 

・ワンランク上のファースト守備は一味違います。

上手いファースト選手は、決してキャッチャー主導では投げさせません。

ファースト選手主体で投げる位置をミットで示します。

そして一流のファースト選手はベースに決して拘りません。

 

二流のファースト選手は、ベースから離れたがりません。

というより、ベースから離れられません。

ベースから離れるとアウトから遠のく気がして怖いのです。

 

だから、二流選手は、キャッチャーからの送球が、

たとえ右に反れようが、左に反れようが、

ベースを踏んだままで受けようとしてしまいます。

これでは、ランナーとライン上で被ってしまいます。

 

ベースを踏んで送球を待つと、

キャッチャーから見て、とても投げずらくなる事があります。

 

そんな時、瞬時に状況判断をして、

50cm程、ファールグランド寄りでボールを呼びます。

たった50cmです。

そして『おい、ここに投げろ!』とアイコンタクトで指示をします。

 

以下の図にようにキャッチャーとランナーが被ることなく、

ファースト選手のミット目がけてストライクを投げるだけで済みます。

結果的にファースト選手は捕球後、

ゆっくりとランナーを確実にアウトにする事ができるのです。

わさびが800以上の試合を見てきた中で、

上手いなあと思ったファースト選手は

この点がひと味違います。

 

 

・基本的な内野ゴロの入り方

『カキーン!!』

内野ゴロが飛びました。

ファースト選手のあなたは、まずは、利き足でベースの位置を確認します。

それと同時に、両手を万歳するイメージで大きな的を捕球した内野手示してあげます。

これで、内野手はより投げやすくなりますね。

 

最初からベースを利き足で踏んで構えてしまうと、

内野手の視野からは、的がとても小さく見えるものです。

 

ですから、ますは、両手を挙げて、大きく的を示してあげるとよいでしょう。

そして、送球が来た時点で、ベースに足をつけます。

 

それと同時に身体を最大限に伸ばしグローブを突き出します。

 

捕球の綺麗なファームは、

ベースにつけた利き足を延ばし、

グローブを前に突き出す姿勢が理想的です。

 

 

それから捕球体制に入る。

これだけ気をつけてあげれば、信頼のおけるファースト選手となるでしょう。

 

この一連の流れをスムーズに行う事で、

内野手の心理は、

『アイツは、投げやすい1塁手だな・・・』

これで頼りになる1塁手の誕生です。

 

大きな的に投げれる内野手にとって、

これほど、安心して投げるファースト選手はいないです。

必然的に内野手のエラーは激減し、チームを勝利に導きます。

チームメイトから絶対的な信頼を勝ち取る事が間違いなしです。

 

・芸術的なショートバウンド捌きはファースト選手の特権

ショートバウンドの捕球って、結構ハードルが高いです。

難しいがゆえに、ショートバウンドを綺麗に捌きアウトを取ると、

『ナイス、ファースト!!』の有難い声が飛び交うのです。

ファースト冥利につきますね。

 

ショートバウンドはもう職人ワザとでも言いますか、

厄介なこのボール捌きは、

もはやファースト選手ならでは芸術作品です。

 

言ってしまえば、これを当たり前に捕球するのがファーストとも言えます。

 

・ショートバウンドはバックハンドで捕る。

ショートバウンドは基本的にバックハンドでキャッチャーします。

内野手からの送球がショートバウンドするなと思ったら、

まず、ミットをバックハンドで出す用意をします。

 

次にバウンドに対してタイミングよくグラブを合わせに行きます。

 

そして、バウンド直後に合わせてグラブをバックハンドで出します。

※イメージはグラブの指先を地面に突き刺す感覚です。

 

後は、ボールをしっかりとキャッチャして素早くクラブをすくい上げます。

そう、素早く救い上げるのです。

たったこれだけの動作で、華麗なショートバウンドを攻略することができるのです。

 

※バックハンドキャッチとは?逆シングルともいう。

野球で、グラブを利き手の反対方向に出して、片手で球を捕らえる動作。

・ショートバウンドがファンブルしやすい捕球とは?

ショートバウンドがファンブルする最悪なケースとは

グラブが自分の身体寄りになって捕球した場合です。

 

ショートバウンドしたボールにタイミングが合わないと

得てしてこのようなケースが生まれてしまいます。

バウンドの位置が高くなれば、その分、捕球ポイントは身体寄りになります。

これではファンブルする確率が高くなってしまいます。

 

くれぐれもファーストミットを手元まで引き寄せないように、

的確にショートバウンド直後をすくい上げる事を心掛けましょう。

 

 

・牽制球の待ち方とタッチのテクニック

場面はランナー1塁です。

当然、ファーストを守るあなたはベースを角を踏みながら

ピッチャーからのけん制に対応します。

ポイントは4

・ピッチャーから目線を逸らさない。

・どんな送球にも柔軟に対応できるように柔らわらかく膝を落とします。

・ベースの角を踏み、グローブを大きく開き、的として示します。

・タッチプレーはランナーを見ない!

 

けん制球でランナーを刺す時はタッチプレーとなります。

 

そしてタッチプレーの絶対条件は、

決してランナーを目で追わない事です。

ランナーなど一切目にせず、

来た球をそのまま2塁ベースの方向に向いた

1塁ベースの縁にグラブを差し出すだけで良いのです。

 

ランナーの帰塁が足から入ろうが、

ヘッドスライディングで手から入ろうが、

最短距離である、あなたのグローブ目がけて帰塁するからなのです。

 

けん制球はランナーに目線を送りながらタッチをしにいくと、

その分、確実に遅れます。

追いタッチになると、ランナーの手や足が先にベースに触れられてしまいます。

 

なので、あなたは2塁ベースの方向に向いた1塁ベースの縁にグラブを差し出すだけで良いのです。

 

・けん制球は身体よりに引き付けて捕球する

けん制球はなるべく身体に引き付けて捕球するのがポイントとなります。

捕球ポイントが、よりベース近ければ追いタッチになりにくいからです。

 

ついついグローブをピッチャーのほうに突き出したくなりかもしれませんが、

ベース付近でけん制を待つ。

これが正しい捕球となります。

 

 

わさびはファーストの守備って、華麗で美しいボジションだなと感じます。

野球はバッテリーが花形に見えますがファーストの守備の重要性を忘れてはいけません。

それだけやりがいのあるポジションだと思います。

 

これであなたも明日から、ファースト守備に挑戦したくなりましたか?

 

わさび

-守備論
-, , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。