仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

練習論

【練習論】ノック練習でフライが上がらない人必見~正しい外野ノックの打ち方~

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

【練習論】ノック練習でフライが上がらない人必見 正しい外野ノックの打ち方

『おーい、どうしたーノッカー!』

『もう、疲れたのかー!!』

『打球が全然、こないから外野暇だよーーーー!!!』

この光景は、草野球あるあるですね。

安定した打球が飛ばないと、いい練習になりません。

 

限られた時間内で、いかに効率良くノックをするかもチーム力を高めるためには大事です。

 

『こっちだって、一生懸命、打ってんだよ!!』

『ノッカーだって、大変何だよ!!!』

ちょっと、待って下さい。

実は、ノックは大変でも何でもありません。

 

一度、コツを掴めば楽に打ち分けられます。

正しいノックの打ち方やコツを知りたくありませんか?

 

 

自分は守備練習をしたいからノッカーをやるのは嫌だという人がいます。

しかしノッカーって、実は、いい事尽くめなんですよ。

どんないい事があるかって?

それは記事の最後ほうでお伝えします、

それでは、フライノックのポイントからお話ししていきます。

 

ポイントは3つ

1.トスは真上に真っすぐ投げる

2.スイングはリズム良く軽く押し込むように打つ

3.飛距離によりミートポイントを変える

この3点のコツを掴めば、
あなたも完璧なノッカーです。

 

さてまずは質問です!

Q.あなたが右打者だったら、トスを上げる手とバットを持つ手はそれぞれどちらになりますか?

答え:正しいはありません。

わさびは、左手でトスを上げて右手のバットで打ちます。

左手で上げるとバットコントロールがしやすくなります。

右手で上げると強い打球が打てます、
どちらを選ぶかはあなたの好みによります。

 

それでは、まず軸足に重心をかけます。

これから3つポイントについて解説していきます。

1.トスは真上に真っすぐ投げる

 

トスボールを前に出してしまうと、

ヒッティングする時に身体が前に出てしまいます。

ボールが前に動く分、手前で何とかしようとなるので、

バットコントロールが難しくなります。

 

それに、手だけでバットコントロールすると、

ノッカーのスタミナ消耗度が激しく、

あなたのスタミナゲージは”0”になるのが速くなります。

 

なので、トスボールは必ず真上に真っ直ぐ上げる事が重要になります。

どうりで

 

いつもノックで疲れを感じていないですか?

 

2.スイングはリズム良く軽く押し込むように打つ

軽くスイングをする。
フルスイングはしないでください。
力が入りすぎると遠くへボールは飛びません。

そしてボールのやや下を打つ意識を持つことが大事です。

3.飛距離によりミートポイントを変える

フライノックと言うと、

・外野フライ
・内野フライ
・捕手フライ

主にこの3つが完璧に打てればノッカー冥利に尽きます。しっかりと打ち分けたいですよね。

この中で、いちばんミスショットが多いのが捕手フライです。

しかし、正しいフライノックを覚えてしまえば意図も簡単に捕手フライも打てるようになります。

それでは順を追って3つのフライの打ち方を解説します。

・外野フライ


※目の高さくらいのミートポイントで打ちます。

トスは真上に真っすぐあげます。

フライ気味の場合のミートポイントは

ストライクゾーンの目線よりやや下位置くらいでスイングします。

軸足に重心を置きながら下からすくい上げる感じでスイングをする。

ミートポイントをベルトに高さくらいするとライナーが飛びます。

アッパー気味に打てば、滞空時間が長くなります。

ボールの下を擦るようにスイングするとライナー性の打球になります。

打球の角度のコツが掴めるようになったら、

ミートポイントで打球の角度を調節できるようになりますので、

ノックを積み重ねて下さい。

 

・内野フライ


※ちょっと高め辺りのミートポイントで打ちます。
胸の位置あたりです。

力は要りません。

なるべく身体の力を抜いてスイングしましょう。

・捕手フライ


※完全な敬遠球辺りのミートポイントで打ちます。
頭よりも高い位置です。

他のトスより少し高く上げて、

ミートポイントは完全なビンボールの位置となります。

身体を潜り込ませて斜め上に軽くスイングします。

 

捕手へのフライは、お酒で言えば、締めのラーメンです。

最後まで捕手を務めた選手に
ノッカーが捕手フライを綺麗に上れるって、

ちょっとカッコ良くありませんか・・・。

 

 

最初に、ノッカーはいい事尽くめですと、

お伝えしましたが、自身の打撃練習になるんですよ。

ノックが上手な人は、打撃がいいです。
そして打率も残します。

これは紛れもない事実です。

草野球を20年近く見てきたわさびが保証します。

 

ノックには打撃の要素がぎっちり詰まっています。

だから、わさびは監督だからという前に、

打撃向上の為に、率先してノッカーを買ってでています。

 

チームで充実した守備練習をする為に、

是非、正しいノックを身につけて下さい。

 

あなたのノックがは人から褒められますか?

わさび

 

-練習論
-, , , , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。