仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

メンタル論

【メンタル論】草野球 全員でユニフォームを着るとチームが勝てる理由を教えます!!

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

【メンタル論】草野球 全員でユニフォームを着るとチームが勝てる理由を教えます!!

 

あなたのチームのユニフォームカラーは何色ですか?

こんにちはわさびです。

ところでユニフォームって必要だと思いますか?

 

野球チーム=ユニフォームと

当たり前に着用していますが、

草野球でもビジネスの世界でも、

制服、ユニフォームというのは存在します。

 

これは草野球で言えばチームと言う組織に対する帰属意識のために必要なのです。

 

帰属意識とは?元来は精神分析学の用語。ある集団に自分が属している、

その集団の一員であるという意識。企業や民族などさまざまな規模・単位について用いられる。

 

逆にユニフォームなどに左右される事なく、

自由に野球を楽しみたいと思うチームも稀にいます。

ホントに稀です。

 

実際、わさびの知り合いにユニフォームなしで、

10年以上のキャリアのあるチームさんもいらっしゃいます。

 

もう一度、ビジネスの世界に目を向けてみますが、

ユニフォームを実務的に考えると、

キケンな仕事に就く方は作業着や安全靴など、

自分の身を守るためにユニフォームは必要になります。

 

では、ユニフォームを野球で考えてみるとどうでしょうか?

スパイクは足を守る。

より速く走る。

グリップが効く。

 

そしてユニフォームは発汗性に優れ、

動きやすく機能性が高いデザインになっています。

 

つまり、ユニフォームとは、

帰属意識という心理面と、

機能性という実務的な側面の二面性があるのです。

 

そして何よりも、ユニフォームを着用すると

『これから野球をやるのだ!』

と身が引き締まる思いがします。

 

野球に限らず、スポーツをやるものは

常に怪我と背中合わせです。

私服で野球では気が入らないので思うのですが・・・。

 

 

 

・ユニフォームが果たす心理的6大要素。

1.集団の帰属意識

2.一体感の助長

4.社会的ステイタス

5.視覚的効果

6.自我意欲の働きかけ

 

1.集団の帰属意識

ビジネスでは社会人になると真新しいスーツに身を包みます。

野球であれば仲間同士でユニフォームを統一することで帰属意識が高まります。

 

2.一体感の助長

同じユニフォームを着ることで、集団へ順応します。そして一体感が生まれます。

 

3.粗悪行為の抑制

あなたの着ている制服の背中に、大きく会社の名前が書かれていたら、

外出先で横暴な態度も取りにくく規律を守るものです。

学生の制服にも同様の効果があります。

 

4.社会的ステイタス

仕事で着用するユニフォームはお客様に対する安心感・信頼感を与えます。

コンビニにセーターを着たおじさんがうろうろしていると思ったら、

いきなりレジを打ち始めたら少し身構えちゃいますよね。

 

5.視覚的効果

ユニフォーム着用で統一感があると好印象を与える効果があります。

野球に置き換えると、チームが強く見えるという視覚的効果があります。

Tシャツにジーパンの私服チームと比べたら雲泥の差ですね。

 

6.自我意欲の働きかけ

小学生の頃を思い出すと、体育着に着替えると、

『さあ、これから運動場に出るぞ!』

『うん、どうじょ』とスイッチが切り替わった思います。

夜寝る時に、パジャマを着るはリラックスモードに切り替える為です。

私服で仕事をするよりもスーツなどに身を包むと、

連帯意識が高まり仕事の精度そのものが向上します。

 

『んん、わさびさん』

『その考え方、古くないですか?』

 

いまは私服で勤務できる会社が増えています。

自由な服装で気楽にできる職種は、

年々、増加傾向にあります。

窮屈なスーツを着させると生産効率が下がる。

会社の利益向上の為には、

『スタッフにを信頼しているので服装は自由です。』という会社も増えた。

 

心理学的に見ると、きっちりとした格好で仕事をすると

自然と気持ちも身も引き締まります。

 

それでも、服装を社員に任せる服装自由主義は、

会社と社員の信頼関係があってこそ実現できるスタイルです。

 

会社から信頼されているスタッフであれば、

仕事モードになれる服装を選ぶセンスがあるからです。

本来、人間は周りの環境に左右されることなく、

自分をコントロール出来るはずなのです。

 

スポーツ世界では、

ユニフォームを統一する事で、

ひとつの目標に向けての連帯感を助長します。

草野球チームを作ったのなら、カッコいいユニフォームも作りたくなりますよね。

 

野球のユニフォームはweb上でも専門ショップが増えました。

パソコンがあればデザインから発注までできます。

自分たちだけの個性溢れるユニフォームで、

チームを勝利に導きたいですね。

そのユニフォームには実は、

色によってチームの強さが決まってしまうという事、

知っていましたか?

※参照過去記事 【メンタル論】草野球 ユニフォームカラーを考える スポーツにおける色と強さの関係性 最弱チームの色とは?

 

しかし、プロ野球でも企業のように、

ユニフォーム自由性を導入したら

どうなちゃいますかね。

 

西武ライオンズの誰かが

オレは子供の頃から阪神ファンだからと

縦じまのユニフォーム着て来たりして・・・。

わさび

 

-メンタル論
-, , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。