仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

メンタル論

【メンタル論】草野球『試合は緊張する大会は打てない守れない結果が出せない』強メンタルの作り方

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

【メンタル論】草野球『試合は緊張する 大会は打てない守れない結果が出ない』強メンタルの作り方

たくさんの練習をすれば
その分、人より野球が上手くなります。

練習は嘘をつかないです。

それまでやってきた事は、必ず試合で花開くものです。

しかし、草野球の人ってマゾが多いなあと思います。

もっとシゴイて、『運動量、足んねえ~』

とかもう、Mっ気タップリだね。

こんにちはわさびです。

 

『監督~、もっと難しい球を下さーい』

ファインプレーに近い打球を欲しがる選手がいます。

身体をイジメる!

確かにそれも楽しい練習のひとつかも知れません。

 

『さあーノッカー!!疲れたかー、もっと強い打球よこせやー』とボールを欲しがります。

バテバテになるまで、身体を動かしたがる選手もいます。

特に青春時代を野球に費やした人程、シゴキ練習をしたがります。

 

わさびは決してオーバーワークはしない主義です。

たくさん練習すれば上手になるわけでもありません。

練習では細かな技術を身につけなければなりません。

 

長時間練習しても集中力を欠きます。

どうしても長時間練習したければ、

この練習は何の為に練習をしているのか目的を明確にさせる必要があります。

特に試合前などは、量よりも質を選ぶべきなのです。

 

 

・野球はチームプレーです。

例えば、フリーバッティングの練習で、
ブンブン振り回して、
『いやー、1本だけいい当たりが出たからいいや』
などと満足している選手を目にします。
この手の何も考えていない選手の場合、
ほとんどが試合で結果を残せていません。

 

どこのチームに所属せず、ただ趣味でバッセンに通っている人であれば話は別ですよ。

しかしあなたは草野球選手なのです。
ストレス発散の為に、がむしゃらに打っていてはいけないのです。

 

あなたが試合で1本でも多くのヒットを打ちたければ、
安定した自分のスイングを身につけるのが先決です。
乱れたフォームでいっくら、いい当たりをしても、
試合では打たせてくれません。

試合は生き物です。
バッティングマシーンのようにリズム良く打たせてくれません。

 

 

・強メンタルの持ち主は、無駄なエネルギーを使いません。

ライオンをご覧ください。

強メンタルの持ち主は、無駄なエネルギーを消費しません。

そして時間を有効活用する術を持っています。

 

それは臨機応変に対応する能力に長けていて、

常に学ぶ姿勢でいる事ができているからです。

いざ、本番がきても動じないのです。

 

だからと言って、わさびは、

1000本ノックがダメだと全否定しているわけではありませんよ。

 

 

・草野球で強メンタルを手に入れたければ・・・。

あらゆる状況の変化にも対応できる能力を持ちましょう。

試合の状況とは刻々と変わっていきます。

そこにシナリオは存在しません。

100試合あれば100通りの顔があり、

様々な筋書、ストーリーが待ち受けているのです。

あなたは毎回そのドラマで主役を演じる為に

野球で練習を積み重ねてきたのです。

 

その変化の繰り返しに対応できる柔軟性を持つ為に、

日々の練習を考えながらプレーをする事にかかってくるんです!

 

試合は選手をドンドン成長させます。

どんなドラマティックな展開の試合が来ようが、

動じない強メンタルを作り常に出番に備えていましょう。

 

これこそが、練習と試合に壁を作っている原因であり、

あなたのウイークポイントなのです。

あなた自身がもっとも解決するべき問題なのです。

 

 

・練習の成果を試合に直結させる強マインド

わさびはフリーバッティング練習をしていて、いつも選手に注意する事があります。

『無理して悪球打ちしないでいいよ、打ちたくないボールは見逃せばいいんだよ!』
『打席を外してもいいよ!自分の間合いで!』

自分の間合い、自分の形で打席に立てているのか?
わたしは、ここに観点を置きます。

たかが練習でなないのです!
されど、練習。
だからこそ、自分の土俵で相撲を取るべし!なのです。

フリーバッティングできた球を何でもかんでも振り回す選手がいます。

ハッキリ言って、試合で相手投手がリズム良くポンポンと
球をほってくれるでしょうか?

答えはNOですよね。

 

ピッチャーの投球練習も同じです。

投球練習でリズム良くポンポンとほる選手がいます。
果たして、試合で間合いも取らずに投げているでしょうか?

これも答えなNOなはずです。

時にはセットを外す事もあります。
ランナーがいれば、けん制も入れます。
ピンチになればチームメイトに掛け声をかける事もあるでしょう。

必ず、何らかの間合いを取っているはずです。

だから私たちは、常日頃の練習だからこそ、試合を想定した動きをして欲しいのです。
練習だからこそ、ひとつひとつのプレーを丁寧に練習せねばなりません。

量より質を優先して一つの事にこだわる。

 

 

・練習は緊張しない。試合は緊張するを克服する!

この練習では自分は何をやるべきなのか?
練習でやってきた事が試合で出せない多くの選手は、
試合を特別なものという意識を自らかせる行動をしてしまっているのです。

試合は特別なもの。

練習はお気楽なもの。

こうして区別しているから、試合で結果を残せないのです。

 

練習試合ではメチャクチャ打てます!

大会で打てたことがありません!

しかも、メチャクチャエラーします!

弱メンタルですね。

 

試合を特別なものにしない為に、
普段の練習で目的意識を持って、
練習する事が大事になってきます。

競走馬にも調教大将がいるそうです。

レース前にの練習コースだとGⅠ馬をも圧倒する走りを見せる。

しかし、本番になるとまったく走らない・・・。

とお馬さんにもいるようです。

 

あなたも調教大将にならないように、

野球において大切な事は何なのか?を考えましょう。

無意味な練習している選手は、無意味な選手生活を送る事になります。

目的を明確にさせて練習をする。

わさびはいつも心掛けています。

あなたは目的意識を持って、練習してますか?

わさび

 

-メンタル論
-, , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。