仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

メンタル論

【メンタル論】『”野球を楽しむ”の本当に意味』草野球がつまらない辞めたい人へ!! 

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

 

【メンタル論】『”野球を楽しむ”の本当に意味』草野球がつまらない辞めたい人へ!! 

『さあ、皆、もっと野球を楽しもうぜ!!』

内野の司令塔から激が飛びます。

益々、点差は開く一方です。

スコアは0ー6。

コールド負けまであと1点です。

 

『ピッチャー悪くない。打ち取ってる。打ち取ってる。』

『さあ、最後まで試合、楽しもうぜ!!』

『(全員)・・・』

シーンと静まり返ったグランドには完全に負けムードが漂います。

 

『カキーン』

また、味方がエラーをした。

試合を楽しむどころか緊張したまま試合終了となりました。

 

大会、連盟戦などで見られる草野球あるある光景です。

今回は、”野球を楽しむ”の本当の意味について考えたいと思います。

 

こんにちはわさびです。

唐突ですが、あなたは野球を楽しんでいますか?

野球をやっていて本当に楽しいと思えますか?

 

試合で緊張してしまう事は、とてももったいない事です。

平常心いれば練習と同じプレイができるのに、

緊張したら、野球を楽しみどころではなくなります。

 

大会なんて練習試合の延長線です。

もうひとつ言ってみれば、練習試合など練習の延長線上にあります。

 

試合は特別なものと捉えすぎてはいないどろうか。

どうせ試合に負けたって死にはしないのです。

野球を楽しむの本当に意味を考える。

心配性ゆえに考えすぎが原因なのか!?

エラーするかな。。。

打てるかな。。。

この試合、勝てるかな?

 

試合に勝つか、負けるかなど、やってみないとわからないのです。

心配しすぎる繊細な心ゆえに、

先の事を考えすぎてはいないか。

 

草野球では、

エラーをしたチームメイトに、

『先の事、考えないで、次のプレイは球を捕ってから考えればいいから!』

という激をよく耳にしますよね。

 

エラーする原因にひとつに、

プレイ中、あれこれ考えるすぎるという事が挙げられます。

 

『うっ、ボテボテの打球だ』

『今度こそ、しっかり捕球しなきゃ』

『ランナー、足速いな』

『1塁の送球、間に合うかな』

『バウンドに位置はどこに合わせようかな』

『あっ、』

 

これだけ余計な事を考えすぎたら確実にエラーをします。

 

これは正義感が強い人に多く見られる傾向ですが、

余計な責任感に駆られながらプレイをしているという事です。

 

単純に野球が好きだから野球を始めたはずです。

それなのに、野球が楽しくない。

つまらないと思っている選手がいます。

 

勝たなければいけない。

打たなければいけない。

エラーしてはいけない。

このような強迫観念を捨てて、

一切の邪念を捨てる事が大切です。

 

勝つ!

打つ!

守る!

とシンプルに考え方を変えるだけです。

 

かつてうちのチームに加入してきた人に、

野球歴が小学生のリトルリーグまでという選手がいますした。

 

彼は、幼児の頃、お兄ちゃんの所属しているリトルリーグに

お母さんと共にいつもお付き合いしていたそうです。

 

自然な流れで兄と同じチームに加入したのですが、

校庭の片隅で野球の真似ごとをしている時が一番楽しかったそうです。

 

楽しいはずの野球がやれるリトルリーグに加入してみたら、

野球が楽しいと思えなくなったそうです。

 

その理由は、エラーするとお父さんコーチ達がいつも怒っていた。

あれこれ毎回、違う事を言ってくるので野球が嫌いになったそうです。

 

野球好きなあなたが初めてボールを触ったのは、

幼児の頃ではないでしょうか?

わさびは幼児の頃でした。

 

 

カラーボールとカラーバットを片手に、

グローブなどせず野球を楽しんだあの頃。

 

勝たなければいけない。

打たなければいけない。

エラーしてはいけない。

こんな事、考えて野球をやっていましたか?

まったく考えていないですよね。

 

ただ、野球を楽しんでいたと思います。

そう、野球を楽しむとは、

シンプルに野球が好き!で良いのです。

草野球なのに野球が義務になると、

野球のプレイ自体がつまらなくなります。

 

野球を義務にしない、野球は遊びである。

野球は楽しい、そして面白い。

 

いつまでも野球をしていたくって、

辺りが真っ暗になっても

誰ひとり『帰ろう!』と言わなかったあの公園。

 

段々と球が見えずらくなってくる。

沈み行く太陽が憎らしく思えた。

あの少年時代を思い出して欲しいのです。

 

あなたは野球が楽しい環境でプレイできていますか?

わさび

-メンタル論
-, , , , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。