仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

メンタル論

【メンタル論】草野球 投手と打者の対決は7対3でバッターが不利なスポーツ!首位打者を獲る選手はピッチャーよりも先にアレをやっている!?

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

【メンタル論】草野球 投手と打者の対決は7対3でバッターが不利なスポーツ!首位打者を獲る選手はピッチャーよりも先にアレをやっている!?

こんにちはわさびです。

ピッチャーとバッターってどちらが有利なのか?

 

お聞きするまでもなく投手が有利です。

ではどうして、こうも打者が不利なのでしょうか。

なぜ圧倒的にピッチャーが有利なのでしょうか。

 

それは数字を見れば一目瞭然です。

バッターは打率3割で一流プレイヤーと呼ばれます。

つまり7割は打者が負けるのです。

数ある球技スポーツを見渡しても他に類を見ない確立です。

 

野球は観戦する側からすると、

投手と打者のカケヒキが醍醐味のひとつでもあります。

では、どうして野球というスポーツは、

こんなにまで投手が圧倒的に有利なのでしょうか?

少し考察していきましょう。

 

・主導権を握るのは投手である。

野球とは、バット片手にグローブを持ち、ボールを使うスポーツです。

その用具の一部である”球”が、

いま、どこの位置にあるのか?

考えれば一目瞭然です。

 

『プレイ‼』と言って、

打者が球を持ち、『カキーン!』と打ちますか?

違いますよね。

それじゃ、ノックになってしまいます。

野球がこの形で行われるスポーツであれば、

自分の間合いで自分の好きな所に打ち分ける事ができますよね。

これなら打者7割になりそうです。

 

野球というスポーツは、必ず投手が球を持ちゲームがスタートします。

そこに投手と打者の差が生まれるのです。

 

そして『プレイ!!』がかかっても投手が投げるまではゲームは始まりません。

つまり投手が自分でペースを作っているという事実です。

主導権を握るには投手なのです。

 

打者は勝負する前から受け身です。

それに負けない為に打者は、

投手よりも先に心構えをしなければなりません。

 

もしも、

『バッター、早く打席に立って!』

審判にこんな忠告を受ける打者がいたとしたら、

すでに敗北は決まったようなものです。

それを乗り越える力がある打者は、

普段、打席に入る時、どんな事に気を付けているのでしょうか?

 

それは集中力にあります。

例えば、投手はすでにモーションに入っているのに、

打者はまだ”構え”に入っていないとします。

この時点で集中力に圧倒的な生まれているのです。

この事実にどれだけの草野球選手はお気づきだろうか?

 

投手がモーションに入っているという事は、

投手のすでに集中力が高まっています。

 

一方、打者はただでさえ受け身なのに、

”構え”に入っていなければ、

その分だけ遅れを取り集中力が弱くなる傾向にあります。

 

初球をあっさりと見逃す選手は要注意です。

初球から積極的に攻める事ができない選手は、

いまいちど自分を見つめ直し、

集中力を高める努力をしたらどうだろうか?

 

あくまでも自分のペースで打席に立ち。

そして投手よりも先に”構え”をつくる事を意識する。

 

勝負事に集中させる能力が高い選手は、

短時間で自らの集中力を高めます。

そして誰よりも主導権を握る大切さを良く理解しています。

 

何度も言いますが、

球をもっているのは投手なのです。

投手は自分で自分の間合いをつくる事ができるので、

投球前に気持ちの切り替えができています。

 

一方、弱い立場の打者は大変です。

仮に集中力を高めてと打席に入っても、

草野球は味方からのヤジもあります。

くだらないヤジも耳に入れない集中力を身につけるべきなのです。

打者は投手よりも先に”構え”をつくることで投手の心理にも影響が出ます。

 

『コイツ、打ちそうだな・・・』

と思わせる事もカケヒキです。

 

投手というのは、時として、

『どこに投げても打たれそう・・・』

と考えてしまいガチです。

こうなれば本来、劣勢である打者と投手の立場が逆転します。

たちまち、打者有利となります。

いわゆる心理戦ですね。

このように、頭を使いながらカケヒキをする。

 

対戦する相手にもよりますが、

草野球はプロとは違いワンシーズンで打率4割超えも夢ではありません。

 

打者である以上、集中力を持ち主導権を握ることが重要なのです。

 

これが投手7割。打者3割の実態です。

 

あなたは打席に入る前、心掛けていることはありますか?

わさび

-メンタル論
-, , , , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。