仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

メンタル論

【メンタル論】守備で失策(エラー)をしてしまった時の超・メンタル回復術!!

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

【メンタル論】守備で失策(エラー)をしてしまった時の超・メンタル回復術!!

『し・しまった・・・』

何でもない平凡なゴロをトンネルしてしまった!

顔から火が出るほど恥ずかしいエラーを、

経験した事がありのではないでしょうか。

こんにちはわさびです。

わさびはたくさんエラーをします~。

何せ、わたしの口癖は、

『皆、今日もエラーしていいからな!!』です。

 

チーム方針は、積極的に動いてどんどんエラーしよう!です。

 

普段の練習でチームメイトの前で恥を晒す。

エラーをする事は決して恥ずかしい事ではない。

慣れ親しんだチームメイトの前で失策しながら、

共に技術を向上していけばよいのです。

 

草野球チームでありがちなのが、

絶対エラーをしてはいけないという空気感です。

 

試合でエラーをするとすぐに下を向いてしまう。

チームはシーンとして声がでなくなる。

誰かに失策したミスを叩かれると、野球をやめたくなる。

こんなピリピリした中で練習をしても、

トラウマになるだけです。

これでは本番でも上手くいきません。

 

休日に草野球楽しむチームは、

ナイスプレーも共に分かち合い、

失策を決して責めたりしないようにする。

楽しみながら向上していく環境が大切なのです。

 

監督や主力選手がエラーを指摘するようなチームにいいチームはありません。

責めている暇があるなら、

どうすればエラーをしないプレーができるかを考える。

エラーして、エラーして、エラーをしまくって

自信をつけていくべきなのです。

 

日頃からメンタル面を鍛えておかないと

試合で浮足立ってしまい地に足がつかなくなります。

それに・・・。

 

相手チームに黄色い声援を送る応援団の前で

エラーをして、『恥ずかしい!』と思う方は、

メンタルがキケン信号です。

 

大勢の見ている前でエラーをしたくないと考える人が良くいますが、

そんなくだらないプライドを持った所で、

自分が思っているほど他人はあなたの事を気にしていません。

あなたの自分の失策を必要以上に誇張させているだけに過ぎません。

『ああ、エラーをしてしまった・・・。』

とクローズアップさせているのいるのはあなた本人だけなのです。

エラーをしてヤジが聞こえてくる。

一気に視線が自分に集まり注目の的になります。

しかしそんなのほんの一瞬です。

 

そこであなたが自分を見つめ直すか、

それとも『ああ、やっちまった・・・』と思うかで

ポジティブ思考とネガティブ思考にわかれます。

たかがエラーごとき、

まったくもって気にする必要がありません。

 

 

失策したって死ぬわけではないのです。

わさびは、エラーをした時、

いつも『うるせえ、一生懸命プレーしてエラーして何が悪いだ!』と思います。

 

本番で失敗するのは不安があるからです。

不安を解消するのは自身をつけるべきなのです。

自身さえつけば緊張もほぐれます。

緊張が緩和されればエラーも減少するでしょう。

 

野球がヘタな人も、

野球が上手な人もエラーは必ずするのです。

エラーを”0”にするのは限りなく不可能に近い話です。

野球にエラーはつきものです。

失策をキッカケに相手の挑発に乗ってしまっては思う壺なのです。

 

ここから崩れていく選手。

ここからポジティブに切り替えができる選手。

ここに強メンタルに鍛えるヒントがあるのです。

 

『ああ絶望だ~、この世の果てだ!』

と思ったらジ・エンドです。

野球の神様は見ています。

2つ目、3つ目のエラーがあなたに襲い掛かってくるのです。

 

エラーをした時こそ、前向きに捉える。

そして次に、自分は何をすべきかにシフトするのです。

人間が何かに一生懸命に取り組んでいる時って、

過去を振り返っている暇など無いじゃないですか。

草野球でも同じように思考して、

自分をプラスの方向へ導いてあげればよいのです。

 

練習だから積極的にプレーをして、

エラーをするべきなのです。

エラーをすることで見える課題は多いです。

 

それに同じスポーツである柔道は、

まず受け身から学ぶそうです。

格闘技において、

投げられたなど地面に強打する際、

身体的ダメージを軽減する為に防御の姿勢、動作を取得するのです。

怪我をしない為の受け身の練習をするのだそうです。

格闘技で受け身の練習をするのは、

負ける練習をしているのですね。

 

草野球の失策は怪我のようなものです。

怪我をしないように普段の練習から失策をする。

本番で失敗をしないように心構えをする。

 

で、例え、

失策したとしても、

普段から失策をしておけば、

本番では意外に冷静でいられるものです。

 

失敗をしても良いのが練習の場です。

それなのにエラーは罪なものというチームであれば、

そんな風潮は無くしたほうが良いです。

本番で成功する為に練習で失敗を重ねるのです。

そのために練習というのはあるのです。

 

ミスが許される練習で大いにエラーをしましょう。

失策は草野球の特権なのです。

 

あなたはエラーした時、冷静さを保てますか?

わさび

 

-メンタル論
-, ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。