仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

打撃論

【打撃論】軟式草野球 ポテンヒットを打てる選手とポテンヒットにならない選手‼

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

 

【打撃論】軟式草野球 ポテンヒットを打てる選手とポテンヒットにならない選手!!

 

フラフラフラ~と上がった打球は内野の頭上を越え、

外野手の手前でポトリと落ちました。

『触ってないので記録はヒットです!!』

『いいな、ラッキー!!』

 

ラッキー!!

幸運??

果たして、本当に運が良かっただけなのでしょうか?

こんにちはわさびです。

ポテンヒット。

このヒットについて、人によって誤解があるようです。

 

大半の選手が、

『ラッキーヒット』

だと思っているようなので、

そんなお話ししてみたいと思います。

 

ポテンヒットとは、

内野手の頭上を超えるヒットを指すものです。

別名はテキサスヒットと言います。

 

ボールが内野と外野の間に

「ポテン」

と落ちる様子から、

その名がついたのです。

 

軟式草野球の場合、

セカンドとショートがお見合いしてしまい、

ポテンと落ちるヒットもあります。

内野へのポテンヒットは、

得てして起きる草野球あるあるです。

 

そんなポテンヒットを、

年間何回も打つバッターと、

生涯一度も打ったことがないバッターがいます。

 

ホント、不思議とポテンと落ちる人と、

あっさり捕球されて『アウト!』となる選手がいます。

この違いは一体、どこにあるのでしょうか?

 

結構、疑問に思っていらっしゃる方は多いと思います。

 

ポテンとヒットとなる打球が、

誰もいない所に落ちる選手というのは、

キチンとした打撃フォームで、

球をしっかりと振り抜いているからこそ、

ポテンヒットが生まれるのです。

 

しっかりとバットを振り抜いたけど、

たまたまバットの芯から、

少しだけ上に外れただけに過ぎないのです。

 

逆を言えば、芯を喰らっていたら、

飛距離のあるライナー性の当たりか、

フライとなっていたのです。

ヒットになる打球にはヒットになるべき根拠があるのです。

 

打撃フォームが悪い選手は、

ポテンヒットにはならないのです。

 

しかし、『たまたま運が良かった。ラッキーだよ!!』

と言う人がいる。

確かに一理ある。

だが、そういった運を呼び込めるのも、

その選手が持つ実力のうちだ。

 

完全に外野を抜けると思った打球を好捕されたり、

詰まった打球が野手と野手の間に落ちて、

ポテンヒットになる事もあります。

だから野球は面白いのです。

 

・運なのかそれとも実力なのか?

ポテンヒットを

『運が良かった!!』で済ませていては、

いつまでもいいバッターになれません。

 

果たして、

ポテンヒットとは奇跡。

ミラクルなのでしょうか?

 

ポテンヒットの事を、

言ってしまえば打ち損じとも表現できますが、

もう少しこうしていたら、

真っ二つに外野を抜けたなと、

反省をすることができるか、

できないかで、今後のあなたの打撃は変わるのです。

 

いつまでも変われない人は、

結果を、その場で捨ててしまう選手です。

失敗をすぐに忘れて、

次のプレイに集中することももちろん大切なのですが、

その失敗を運が良かった、

運が悪かったの一言で片付けていては三流選手のままなのである。

 

ポテンヒットを打ったら、

まず胸を張って

『よし!俺はしっかりと振れているな!!』

と自信を持って欲しいのです。

 

満足のいく打撃フォームで強振すれば、

野球の神様があなたの味方をしてくれます。

 

打撃に完成品はありません。

軟式草野球選手において永遠のテーマなのです。

 

良しも悪しも、

結果に対して、

なぜ?

どうして?

という探求心は忘れてはいけないのです。

 

あなたはポテンヒットを打った事がありますか?

 

わさび

-打撃論
-, , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。