仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

メンタル論

【メンタル論】軟式草野球 あなたは窓ガラスを背にキャッチボールができますか!?

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

【メンタル論】軟式草野球 あなたは窓ガラスを背にキャッチボールができますか!?

スポーツにおいて、

結果が吉と出るか凶と出るかは、

メンタル、精神面が大きく左右します。

 

人間の体の動きは、

常にメンタルに左右されているのです。

 

 

こんにちはわさびです。

タイトルで、

あなたは窓ガラスを背にキャッチボールができますか?

と問いかけましたが、

メンタルとは、この言葉に集約されているのです。

 

普段、太陽が降り注ぐグランドで、

キャッチボールで 思っ切り球を投げる事は出来ます。

普通の光景で、慣れています。

 

しかし、

背中に高価な窓ガラスがあるとします。

それでもあなたは、

キャッチボールで思いっきり球を投げる事が出来ますか?

 

これがメンタルなのです。

少し環境が変わるだけで、

人間というのを重圧を感じます。

そして大きなプレッシャーとして、

あなたにのしかかってくるのです。

 

恐怖、不安、緊張

それは学校でも仕事でも、

もちろん野球のプレイでも同じ事が言えるのです。

 

 

チームの紅白戦ではのびのびとプレイてきるのに、

大会となるとプレッシャーに負けてしまう。

 

例えば、投手を例にとると、

孤独なマウンドに立つピッチャーは 、

計り知れないプレッシャーとの闘いなのです。

 

『ここはアウトコースだ!!』

バッテリーがサインを交換します。

 

しかし、ピッチャーの投げた球は、

高めに大きく外れます。

普段ならコントロールできるはずなのに、

キャッチャーが構えるミットに、

上手く投げる事ができません。

 

『サイン通りのコースに投げなければ・・・』

と意識すればするほど、

逆球がいってしまいます。

 

この現象はピッチャーが必要以上に、

バッターを意識してしまうからなのです。

焦れば焦るほど、メンタルは崩壊していくのです。

 

メンタルは意識の持ち方ひとつなのですが、

正月に神社でおみくじをら引いたとします。

 

『うあ、大凶か〜』

『年始めから縁起が悪いな。早く帰ろう。』

とネガティブに考えてしまう人間がいます。

 

するとその通りになってしまうものです。

 

人は思った事を引き寄せる動物です。

 

例え、おみくじで大凶を引いたとしても、

『そうか、これ以上、下は無いって事か!!』

『よし、後は上がるだけだ。』

と人に寄って、 物事に対する考え方は、

まったく異なるのです。

 

野球において、ネガティブ人間か、

それともポジティブ人間なのか。

 

とにもかくにも、

人間の体の動きはメンタルに大きく左右されているのです。

 

身体能力が高い、

守備も打撃もピカ一である。

 

しかし、大会では、 まったく能力を発揮できない。

 

軟式草野球には、

こんな弱メンタル選手は、 巨万といるのものです。

 

逆に、いつも冴えない素人選手が、

大事な場面で結果を出せるのは、

実は優れた強メンタルの持ち主かも知れないのです。

 

いくらプロ野球選手レベルの身体能力があっても、

本場で能力が発揮できないのでは、

並みの選手に成り下がってしまうのです。

人の動きはメンタルに左右されます。

 

 

競走馬にも調教大将がいるそうです。

普段の調教ではGⅠ馬並みで走破できるのに、

いざレースとなると1勝もできないという、

サラブレッドもいるのです。

 

動物と人間を一概に比較する事はできませんが、

人間には考える力があるのです。

競走馬にはできない事が、 人には出来るのです。

 

メンタルが強い人は、 何も特別な事はしていません。

常に冷静な気持ちでゲームに挑み、

プラス思考を持つ。

 

心が和めば、普段通りのプレイをする事ができるのです。

体と気持ちは連動しています。

今日からあなたも強メンタル思考を持ちましょう。

あなたは窓ガラスを背にキャッチボールができますか?

 

わさび

-メンタル論
-, , , , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。