仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

メンタル論

【メンタル論】軟式草野球 自分のルーティンで結果を出す方法!!イチロー選手から学ぶ草野球メンタル強化術

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

【メンタル論】軟式草野球 自分のルーティンで結果を出す方法!!イチロー選手から学ぶ草野球メンタル強化術

こんにちはわさびです。

ルーティンとは何か?

 

イチロー選手が良くやるアレです。

イチローがバッターボックスに立った時、

ひじを触り、バックスクリーン目がけてバットを指すような一連の動作になります。

 

イチロー選手はこのルーティンを欠かさず行ってきました。

イチロー選手を良く観察して頂とお分かりいただけるのですが、

実はルーティン完了して打席で静止状態になるまで、

細かく17個以上の動作が毎打席、儀式のように行われています。

17個です。

 

ちなみにイチロー選手は練習にもルーティンが取り入れられていますし、

食事にもルーティンがあるそうです。

トップアスリートはルーティンを持っている?

このポーズで有名なのがラクビーの五郎丸歩選手です。

五郎丸の場合は伸ばした左右の人差し指の先を合わせ、

右手の中指、薬指も立てて拳に被せ気味にする独自の物となっている。

キックする時にはボールを2回回して芝に2回軽く叩いてセット。

3歩下がって2歩左に移動、ポーズをした後に右足でキックする。

 

このポーズが「五郎丸ポーズ」と呼ばれるようになり、

これら有名選手のルーティンワークに共通している点は、

彼らは決してジンクスやゲン担ぎの為に行っている訳ではありません。

(Wikipdeiaより抜粋)

 

習慣化し自分のルーティンを持つ意味。

・自分の間合いを取る。
・気持ちを落ち着かせる、。
・持てる力を最大限引き出す。
・身体を動かす事で不安や違和感をなくす。

自分のルーティンを持つ事で主導権を握るのです。

名監督であり3冠王に3度輝いた事のある

落合博満さんも個性的なルーティンで有名でした。

『現役時代の私は、まず、ホームベース寄りのバッターボックスのラインを足で消し、

それから時間をかけて自分の足場を固めたていました。

球審から「早く、しなさい」とせかされても、

「ダメですよ。これは打者にとって生命線ですから」

と言って、納得がいくまで土をならした』

なんとも落合さんらしい逸話が残っています。

これ程までに、ストイックに追求し足場固めを重視していたのです。

 

 

自己流ルーティンのつくり方

あなたがこれをするとこう変わるとか、

この動作を入れると気持ちが落ち着くなど何でも良いので、

いくつか挙げてみて下さい。

 

例えば、わさびのルーティンはこんな感じです。

ご紹介しながら説明します。

 

・舌を出す。

バットを左手に持ち時計回りで大きく弧を描きながら動かし

止まるところでまで持っていく。

 

1度、背後に屈伸運動を入れる。

 

バットの先をグランドに立ててグリップの両手で握りながら

1度、2度しゃがむ姿勢を取る。

 

土を納得するまで掘り軸足の位置を決める。

 

とわさびでも5つのルーティンがあります。

 

これら不定期に行っていたルーティンを

一連の繋がった動作としてパターン化するのです。

 

動作の順番を決めて行うのも良いですが、

草野球は限られた時間に中で活動するので、

何かとスピードを求められます。

 

例え順番が狂ってもいつものルーティンを納得いくまで行えば、

能力全開できると思います。

ネクストバッターズサークルで出来る事。

打席で出来る事など順番を変えても良いでしょう。

 

わさびは、もちろん一例として挙げた打席だけに限らず、

守備につく時、あるいはマウンドに上がる時と、

様々にパターン化されたルーティを持っています。

一連のルーティンを確立した選手=良い選手。

あらゆる場面でのルーティン化をおススメします。

 

一流アスリート達の変わり種なルーティン

卓球の石川佳純選手の持つルーティンは、

自分がミスをした時、必ずうなづきます。

 

 

ニスのラファエル・ナダル選手は、

プレー前に細かいチェックを入念に行います。

数多くのルーティンを持っていますが、

その中でも、変わり種なのが、

飲料水の商品名のラベルをコート側に向けて地面に立てます。

2015年全豪オープンで、

風で倒れたペットボトルをボールボーイが

そっと立てたことで、一躍有名になったルーティンです。

 

お笑いの江頭2:50さんは暴走する時に必ず行うポーズが数種類もあります。

 

このように一流と呼ばれる人たちの

多くはルーティンを持っています。

 

ルーティン化の持つ影響力とは?

ルーティンがもたらすメリットとは、

メンタル面、メンタル強化に直結するという事です。

ルーティンでもっとも重要なのがゆっくりと行う事です。

ゆっくり丁寧に、確かめるようにルーティンを行うことで、

精神を落ち着かせるのです。

 

仕事でもルーティン化されていると

作業効率のあがる事ってたくさんあると思います。

ビジネスの場面でも活かせそうですね。

 

結果を求めるのがスポーツです。

持てるべきポテンシャルエネルギーを最大限引き出す。

眠っている細胞を目覚めさせ戦いへと誘うのです。

こうして自分自身の気持を高めながら精神状態をMAXに持ってくるのがルーティン化なのです。

 

身体を動かして、緊張をほぐす。
そして普段と変わらない動きをする為に精神を誘導するのです。

 

あなたは、いつどんな場面でも戦える状態にありますか?

わさび

-メンタル論
-, , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。