仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

メンタル論

【メンタル論】私たちは顔で判断されています。草野球 ミスしてすぐに気持ちの切り替えができない人必見!

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

【メンタル論】私たちは顔で判断されています。草野球 ミスしてすぐに気持ちの切り替えができない人必見!

こんばんは、わさびです。

カキーーーーン!!

『・・・・・うわあああっつ』
『や・やべえ、エラーしちまった・・・』

こんな時、顔がうつむき加減になるのが人間心理ってものですよね。

周りのチームメイトからは、
『OK!ドンマイ、ドンマーイ!』
『よし、忘れよう!次のプレーに集中』など優しい声がかかる。

その優しさが時にはプレッシャーにもなる。

試合の中ですんなりとリカバリーできず

なかなか短時間で気持ちの整理はつけにくいものです。

そんな強靭なハートがあったら、とっくにプロで活躍しているわい!

 

草野球選手には、ガラスのハート。

ノミの心臓とまでは言わなくても、プレッシャーに弱い人が多いのです。

 

あなた子供の頃、

『人を外見で判断するんじゃありません。』

と言われて育ちましたか?

わさびはYESです!

 

なかなか人は見た目で判断する事はできないですが、
しかし人は顔を見て、この人はどんな人なのだろう?と
無意識に判断するのが人間の性です。

それはビジネスシーンにおいても同じことが言えます。

例えば営業マンであれば、
人の顔色を伺いながら、毎日の仕事を上手くこなします。

野球=仕事は比例します。

わさびは仕事ができる人は、野球でも結果を出す人が多いと考えます。

草野球の集合に平気で遅刻する人、約束が守れない。お金にルーズな人は、

やはり仕事でも同じ事をやっています。

人の顔色を伺うという感性は、野球でも同様に使われています。

 

・ミスをした時こそ、胸を張って顔を上げる

わさびはきのう朝8時に練習試合をしてきました。

相手チームのライト守備につく選手の動きを見て、

『あれ、何か動きがおかしいな??』

『あそこは、穴、だな・・・』と感じました。

そして、しばらくその選手の顔色をよーく観察して見てみると、

いかにも素人で弱弱しい表情で、しどろもどろしていました。

 

当然、その後の攻撃は、右を徹底的に狙い打ちさせました。

結果として2つのエラーをしていました。

 

このように相手に弱さを無抜かれないようにするのは、

どうしたらよいのでしょうか?

これ、実はそう難しいことではありません。

 

エラーをした時こそ、顔をあげるべきなのです。

そう、顔を上げるのです。

 

相手は必ず弱さに付け込んできます。

名プレイヤー程、必ずあなたの顔色おを見て判断しているのです。

それを逆手に取ってやれば、
あなたの感情や性格を隠すのはとても簡単な事なのです。

それには単純に顔を偽れば良いだけなのです。

つまりは、顔を上げるなのです。

 

アゴをあげるだけで人はポジティブに見えます。

意気消沈しているときは、どうしても頭を下げてしまいます。

気弱になった時は、わさびはいつもこんな歌の歌詞を思いだします。

 

【上を向いて歩こう】
作詞:永六輔
作曲:中村八大

♪上を向いて歩こう
涙がこぼれないように
思い出す 春の日
一人ぽっちの夜

上を向いて歩こう
にじんだ星をかぞえて
思い出す 夏の日
一人ぽっちの夜

幸せは雲の上に
幸せは空の上に

上を向いて歩こう
涙がこぼれないように
泣きながら歩く
一人ぽっちの夜

思い出す 秋の日
一人ぽっちの夜

悲しみは星のかげに
悲しみは月のかげに

上を向いて歩こう
涙がこぼれないように
泣きながら歩く
一人ぽっちの夜
一人ぽっちの夜
上を向いて歩こう…♪

♪上を向いて歩こう
涙がこぼれないように
思い出す 春の日

※坂本九さんのレコードジャケットより

 

グランドでミスをしてしまったたら、誰も助けてはくれません。

平常心に修復ができるのは自分自身にしかおりません。

それには上を向いてプレーするしかないのです。

 

だから、失敗した時は、

顔を上げて弱さを隠して相手に悟られないようにする。

こうして次にプレーに繋げるようにしています。

 

・気弱さをカバーしたけりゃ外見でカバーする。

歴史上の人物に目を移してみると、

コーンパイプを咥えた印象が強いマッカーサーを

ご存知でしょうか?

マッカーサーは、実は足が弱く、いつも杖を引いて歩いていました。

そこで、自分の弱さを隠す為に、パイプを咥えたと言われています。

 

そして、第16代アメリカ合衆国大統領であるこのかた、

 

リンカーンは貧相な顔立ちを隠す為に、

口ひげを蓄えたそうです。

 

この歴史上の2人は、他人は自分をどう見ているのか?

に着眼点を置き対策をしました。

 

野球であれば、スポーツサングラスをしているだけでも

一流プレイヤーに見えちゃいます。

ひげを蓄えたサングラスをしてパイプを蓄える。

まあ、ここまでやるかやらないかは別にしても、

弱さを見抜かれたくなければ顔をあげろ!なのです。

 

いつも凛凛として、口を真一文字に

顔を上げている選手は、

どんな物事に動じない人に見えませんか?

そんな選手を見かけるとわさびの目には、

『この人は、きっとタフマンだな』と見えちゃいます。

 

プレーに迷いが出て困ったら、

何も考えずに、スッと顔を上げる。

こうして強い気持ちを持ち精神力を高めるように心掛けています。

 

背が高いひとは、それだけで存在感があり、

そして強そうと評価されるものです。

 

 

・身長が高くなくても大丈夫!

しかし統計学的にみると、身長160cm以下の人でも大きく見せるのは可能だそうです。

どんなに背が低い人でも、背筋をピンと伸ばして立てば凛々しく見えるものです。

背筋をスッと伸ばす!

これだけで、相手はあなたを自身タップリな選手だと勘違いされます。

 

こうして胸を張って颯爽と立てば、本人も一呼吸置く事ができ、

意外と早く気持ちの切り替えができます。

リカバリー上手は野球上手です。

 

あなたはミスをした時こそ、キチンと顔を上げていますか?

 

わさび

-メンタル論
-, , , , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。