仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

メンタル論

【メンタル論】練習なのにミスをすると恥ずかしい!!と思ってしまうあなたへのメンタル強化術!!

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

【メンタル論】練習なのにミスをすると恥ずかしい!!と思ってしまうあなたへのメンタル強化術!!

こんにちはわさびです。

いるんですよね~。

練習でも何だか緊張しちゃう人。

 

ひとつエラーしてしまうと、

次々にエラー出しまくっちゃう人が・・・。

 

『これじゃ本番でもエラーしちゃうぞ!』

『練習は堂々とエラーしていいんだよ』

 

試合でなるべくミスをしないように練習をしているのです。

 

柔道ではまず初めに受け身の練習からすると言います。

受け身とは負ける練習です。

だから、野球も練習でも、

まずいくらミスをしても構わないのです。

 

練習で失敗して、試合で成功させれば良いのです。

だからわさびは、

率先してエラーしていいぞ~と言って自らエラーします。

そしてニコニコして、

次は頑張るぞという姿勢を見せます。

 

誰だって最初はガラスのハートです。

そんな気持ち、痛い程よくわかります。

 

『大勢の前で恥ずかしい・・・』

『ヘタなところを見られたくない』

 

誰だって、最初はヨチヨチ歩きの赤ちゃんで生まれてくるのです。

オギャーと産まれていきなり、

『かあーさん、ミルク!今日も、ホットで!!』

というワイルドな赤ちゃんなどいませんよね?

野球だって例外ではありません。

失敗して、失敗して、また失敗して、

そして成功があるのです。

 

自分の思い込みだけで、

自分はこう思われているのだと思い込んでいませんか?

 

まったくもって、

他人の目線や、ヤジなどを気にする必要などないのです。

 

そんな気弱な気持ちには、

どこからくるのでしょうか?

どんな一流プレイヤーでも失策はします。

 

時の総理大臣だって

ひとつやふたつや3つぐらい平気で失言をしています。

 

ミスをしない人間など、どこにもいないのです。

 

『おい、何、エラーしてんだよ!!』

中には口の悪いチームメイトもいます。

なので、プレー中に相手の挑発に乗ってしまい、

勝手に舞いがってはいけません。

 

あくまでも、ここは練習の場なのです。

平然と堂々としていましょう。

 

練習とは、試合でいかにミスを最小限に食い止めるか

その為に、練習をしているのです。

 

練習の守備位置は、いつもより一歩前にできるべきです。

率先して動きましょう。

 

その延長上でミスしても、

まったくもって気にする必要などありません。

 

人間は小さな挫折を繰り返しながら大きく成長していくものです。

 

だから安心してエラーをしまくってください。

わさびはいつも失策について、いつもこう考えています。

 

試合じゃなくてよかった。』

『今のエラーは、何が原因だったのかな?』

とポジティブに捉えます。

 

そしてわさびがよく口にする言葉があります。

『野球でエラーしても死ぬわけじゃないだから』

あなたもそう思いませんか?

 

今日の試合に勝たないと、

あなたは死んでしまうわけではありません。

例えば、あなたが幼稚園児に混じって

野球をやっていると仮定します。

こんな場面では、きっとエラーしないのですよ。

 

でも強豪チームとの対戦になると、

緊張してエラーしてしまう。

 

この違いってどこにあると思いますか?

 

それは、見られている意識が強すぎるのです。

ひいき目に見れば、

あなたがひとよりも想像力に長けているからなのです。

 

相手が幼稚園生中でも、

甲子園優勝チームの中でプレイしても、

平常心が保てるように。

 

あなたの能力が100%発揮できるように、

その素晴らしい想像力をプラスに働かせて欲しいのです。

そうすれば、例えプロ野球選手に混じっても

平然とプレーができるようになります。

 

場所、相手を問わずにに、

己の実力を存分発揮できるような

強いマインドは持てるものです。

試合って、そんなに特別なものですか?

わさびにとって、

試合とは、毎日のトイレに行く程度です。

大会も練習試合もさほど変わりません。

むしろ、後者は燃えます!

 

 

審判が付くだけでも緊張する人がいます。

大会になると緊張する人がいます。

相手ベンチに女の子がいると緊張する人がいます。

 

昔のチームメイトに

相手チームのベンチに女性がいるだけで

緊張して必ず三振する人がホントにいましたよ。

 

本人も『できれば女子がいない対戦チームがいいです。』

と公言していましたからね。

 

人間は緊張すると、身体も硬直して股関節に力みが生じます。

好投してきたピッチャーがたった1本のヒットで、

トタンに腕の振りが小さくなる時があります。

 

その背中から後ろを守るチームメイトにも緊張が伝わります。

 

それは、心の緊張が身体の力みを生んでいるからなのです。

自分なら大丈夫!

私なら必ずできると、

あなたがあなたをいちばん信じてあげる事が大切です。

 

メンタルを鍛えるっとても大事なのです。

 

 

あなたは野球で緊張しますか?

わさび

-メンタル論
-, , , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。