仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

練習論

【練習論】ピッチャーの守備練習‼9人目の野手だから正しい練習方法が必要です。

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

【練習論】ピッチャーの守備練習‼9人目の野手だから正しい練習方法が必要です。

うちのチームは連盟戦の大会に限って、

満塁のピンチにピッチャーゴロが飛んでくるんです。

 

練習試合の満塁だとそんな飛んでくるイメージがないですが・・・

大会ともなるとどうしても、

満塁でピッチャーゴロが飛んでくるように感じるのです。

 

こんにちはわさびです。

ノーアウト満塁でピッチャーゴロが飛んできた!!

投手が素早く捕球して、

ホームゲッツーを狙うも、

ゴロの処理を誤り暴投。

キャッチャーが後逸2点を失った・・・。

 

フォーメーション。

普段から練習をしていないと、

大事な局面でミスをしてしまいます。

 

出来る事ならば華麗な守備で、

フィールディング良くピンチを切り抜けられるチームに成長したいですよね。

 

ピッチャーゴロの処理は意外と難しいです。

投手が捕球した後、一塁、二塁、三塁への送球は、

背中を向けています。

また、本塁への送球は正面を向いているのですが、

これもなかなか難しいのです。

 

草野球で投手を務める選手の多くは、

元々、エースで4番。

全ポジション対応可能なマルチプレイヤータイプだったりします。

 

そんな選手だからこそ、

『アイツは練習しなくても上手だから大丈夫だろう。』

ついついと過信してしまいます。

 

そしてチーム全体練習の中で、

投手練習をおろそかにしがちなのです。

しかし、いくら野球が上手な選手でも練習は必要です。

投手の守備練習こそがチームを勝利に導くのです。

 

そもそもチームのエースは、

再三三度のピンチを切り抜け好投を続けた末に、

最大の山場を向かれるものです。

 

最後の最後で満塁のランナーを背負えば、

そこで力尽きる事もあるでしょう。

 

投手が1人で頑張って、頑張って、頑張った先に、

投手守備で思わぬミスが生じてしまい0-1で敗北した。

ホントに多く見かける光景なのです。

 

練習でやった事のないプレイは、

本番で成功する事が難しいです。

 

ピッチャーゴロを処理してセカンドに送球する。

サード、ファーストという判断もあります。

あるいは、ホームゲッツーを狙いにいくかも知れません。

 

投手がランナーを背負ったピンチで落ち着いて処理できれば、

チームのピンチを救う事になります。

投手自らピンチを救えばチームのムードも明るくなり勝利も近づくはずです。

 

ピッチャーはの打球を処理するのは少々、厄介なものです。

軟式球は硬式球と比較すると柔らかいのです。

その柔らかさゆえにインパクトの瞬間にボールが潰れてしまう事があります。

 

おのずとピッチャーには難しい打球が飛ぶのです。

 

これらからも投手も野手と同じように練習をしたほうが、

良い事は明白だと言えるでしょう。

 

・投手の守備練習をする。

全ての投手をマウンドに集めます。

そして指導者が1人ずつホームベースの位置からゴロを転がしてあげてます。

順番に投手はダッシュして捕球します。

素早くゴロ処理をして一塁へ送球をします。

パターンを変えて、二塁、三塁、本塁への送球も練習しましょう。

 

本塁への送球では、グラブトス、フリーハンドトスなど、

チームの力に合わせた練習を試みるのも良いでしょう。

 

・投手の守備練習6つのポイント。

・ポイント1 素早く守備体勢をつくる。

投手は投球後のポジションから、

全てがスタートします。

 

瞬時にバッターの打球、動きに合わせて、

捕球体制に入らなければなりません。

 

ピッチャーは投げたらおしまいではなく、

素早く守備の構えをつくる意識が必要です。

 

投球フィニッシュから、

すぐに守備体勢へとうつる。

 

自分のピッチングフォームの癖なども

日頃の練習から確認しておくと良いでしょう。

 

・ポイント2 打球の正面に入る。

投球フォームに癖がある投手に多いのが、

半身で捕球するミスです。

 

『早く、アウトが取りたい』などの焦りなどから、

打球の横から捕球体制に入ってしまう事があります。

 

早く捕球して送球したい気持ちは分かりますが、

半身で捕球するとエラーを誘発します。

 

投手前は難しいゴロになりやすいです。

半身で捕球すると腰が高くなるので、

イレギュラーへの対応力が鈍ってしまいます。

 

基本に忠実にゴロの処理は体の正面から入りましょう。

 

・ポイント3 ダッシュ力。

 

バントの処理は0.01秒単位の勝負です。

投手は素早くゴロが転がる方向へとダッシュする必要があります。

 

スタートダッシュを決めるのは、

低い体勢からスタートを切る必要性があります。

 

バントはある程度読める事が多いので、

投球後、低い体勢を維持しながら、

捕球体勢に入りダッシュする事を心掛けましょう。

 

素早く打球の目線に合わせる事で、

確実なバント処理ができます。

 

目線はバッターと打球に合わせて練習すると良いでしょう。

 

・ポイント4 力強いステップを踏む。

投手の守備でありがちなのが暴投です。

ランナーの状況次第で、一塁、二塁、三塁、本塁と

4パターンに対して的確な送球をする必要があります。

 

特にピンチを背負っての送球は、

暴投すれば命取りになります。

 

少しでも早く送球しようと焦ってしまう選手は、

ノンステップで送球したがります。

 

しかし確実な送球でアウトを取る為には、

やはりしっかりとステップを踏む必要があるのです。

 

ノンステップだと送球する球に勢いがありません。

結果的にステップを踏む事で、

球威が増してボールにスピードがのります。

 

ステップを踏んだ送球は、コントロールも良くなるので

暴投も防ぐ事になるのです。

 

・ポイント5 常にどこに動くべきは把握する。

投手の守備にはベースカバーも大事な役目です。

 

一塁ゴロの塁ベースカバーは、

基本的に投手が入ります。

 

塁カバー時は、送球がくる方向に、

体の正面を向けて捕球体勢に入ります。

 

体の正面が塁ベースに向いたままの捕球では

ミスする確率が大きく、送球する野手も

投げにくいと感じてしまいます。

 

一塁ベースカバーに入る時は、

軸足で塁ベースを踏み、素早く身体を反転させて

送球の正面に入る事を心掛けましょう。

 

ひとつのアウトは2人の呼吸と、

タイミングを合わせる必要があるのです。

 

また外野に抜けた打球の2枚目の中継に入るのも、

投手守備の役目となりますし、

 

バックホームの場合は、捕手後ろ側に回り込んで、

ベースカバーをする必要があるのです。

 

投手はダイアモンドの真ん中に位置するポジションがゆえに、

カバーする領域は広いのです。

 

ベースカバーは常にランナーの動きに意識を持ち、

状況を点で捕えずに、全体の線で捕えて見ると良いでしょう。

 

・ポイント6 ベースカバーは塁を踏んでお終いではない。

 

塁ベースのカバーリングは、

ひとつのアウトを取った後が大事なのです。

 

例え、ランナーが動いていなくても、

塁カバーに入り、ランナーに目線を送る。

送球体勢と熱い視線を送るのです。

 

塁ベースを踏んだ後に、他のランナーもケアする。

ランナーというのは常に先の塁を狙っています。

特に若いランナーはハンターのように獲物を狙っているのです。

 

あなたが一瞬の隙を見せたら、

意図も簡単に次の塁を許してしまいます。

 

うちのチームに隙はないぞ!!という姿勢が

見えないチーム力アップに貢献するのです。

 

 

以上の6つのポイントに気をつけて、

投手の守備練習をすれば内野守備全体のが締まります。

 

あなたのチームでは投手の守備練習をしていますか?

わさび

 

-練習論
-,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。