仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

投手論

【投手論】草野球 ストレートを投げる!速球で三振に斬るコツは支える親指にあった!!

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

【投手論】草野球 ストレートを投げる!速球で三振に斬るコツは支える親指にあった!!

こんにちはわさびです。

野手の方でもストレートなら投げれそうな気がしますよね?

しかし、

たかがストレート、されどストレートです。

侮れません。

ストレートはこそ、とても奥が深い球種です。

試合の配球を考えると、

ストレートに球威があるに越したことはありません。

他の球種と組合わせる事で、ストレートは見せ球にも決め球にも使えます。

速いストレートと緩いカーブ。

これだけでも立派なエースになれるのです。

まずは、ピッチャーといて、

基本中の基本であるストレートを

しっかりとマスターしましょう。

 

・ストレートの握り

 

人差し指と中指の間を指1本分、開けて球の縫目に掛けます。

親指は右横全体を軽く添えます。薬指と小指もボールに軽く添えます。

そっと生卵を指を添えるような感覚で握り、腕の振りに気をつけます。

   

 

・ストレートを投げるコツ

球は縦回転になるように心掛けて、

リリースの瞬間に球に力を入れます。

 

・球速アップの秘訣は支える親指

深く握りすぎると球威が落ちます。

正しい握りを覚えるないと力ずくで投げても球威は上がりません。

 

球威アップの秘訣は、手首のスナップを効かせる事です。

スピードボールを投げるには、手首のスナップを効かせることで生まれます。

 

もうひとつのスピードアップのコツは、親指の使い方です。

親指の腹でボールを握りると球速は出ません。

 

親指の横で握る事で、残りの4本の指を親指で支えて握る事になるので、

スナップを効かせる事が可能となります。

そして球速は増します。

 

球の握りに力は要りません。

力がいるのは球がリリースされる瞬間だけです。

この点を強く意識します。

 

  

 

 

・遅いストレートと速いストレート2種類の球種を持つ

何も速いだけがストレートの長所ではありません。

遅いストレートこそ武器になるのです。

 

ピッチャーとバッターの心理作戦において、

緩急あるピッチングはとてもいやらしく感じます。

是非、遅い球をマスターするべきです。

 

試合中、唐突にキャッチャーに遅いストレートを要求されたら、

あなたは投げる事ができますか?

 

普段投げた事がなければ、遅いストレートを、

いきなりコントロール良く投げれるものではありません。

 

もしもあなたが最速120キロのストレートを投げるピッチャーだとしたら、

最遅90キロのストレートのコントロールに磨きをかけたら、

バッターはとてもタイミングが取りずらいです。

 

バッターに対して初めて遅いストレートを投げるのはとても勇気が要ります。

 

しかし、タイミングを外す遅いストレートは、

苦手な選手にはとても打ちにくい球なのです。

 

 

球速120キロをピッチャーがいると仮定します。

120キロを基準にして、速い、普通、遅いと3つに分けて考えてみます。

 

もしも、120キロが遅いと思う選手には90キロのストレートは超・スローボールに見えます。

逆に120キロが速いと思う選手には、90キロは打ち頃の球となるのです。

 

打線には九人います。九人九色です。

決してあなたの最速球が全ての選手にとっての速球ではないと覚えて欲しいです。

 

ヘッドスピードの遅い60歳のベテランには120キロのストレート投げて、

スイングの速い20歳の若手には90キロのストレートでタイミングを狂わす。

 

速いストレートも遅いストレートも同じ腕の振りで投げる事が重要です。

2種類のストレートで配球のバリエーションが増えます。

 

試合中、数人の打者に遅いストレートを見せ球として、

見せるだけでも、他の打者は考えてしまいます。

 

慣れてきたら120キロ、90キロ、70キロの3種類と

さらに球種のバリエーション増やすと良いでしょう。

これは他の変化球にも同じ事が言えるのです。

 

・ストレートこそ10球中、9球はストライクを取れる練習を・・・

ピッチャーの配球はどうしてもストレートが主体になります。

カウントを取るにも、見せ球に使うにも、コントロールが命です。

ストレートのコントロールが悪ければ、

カウントを有利にゲームを進める事が出来ません。

 

ストレートのコントロールに難があるピッチャーの大半は勝てない投手です。

 

どんなに球速が145キロ出ようが、

ストライクが取れるコントロールがなければ

意味がありません。

ピッチャーはストライクが取れてナンボです。

 

コントロールが良くて、初めて意図的にボール球も投げれる事ができるのです。

 

コントロールなしでは、サイン通りキャッチャーのミットに投げれないという訳です。

 

あなたのストレートはコントロール良いですか?

わさび

※ストレートの投球練習後は、肘、肩のクールダウンも忘れずに行いましょう。

 

 

 

-投手論
-, , , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。