仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

投手論

【投手論】草野球 フォークを投げる!鋭く落ちる球で三振に斬るウイニングボール‼

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

【投手論】草野球 フォークを投げる鋭く落ちる球で三振に斬るウイニングボール

こんにちはわさびです。

フォークはホント凄い魔球ですよね。

『ストン!』

 

傍から見ていると、

『こんな球、空振りするか?!?』

というような、

ホームベース上でワンバウンドした球でも

空振りに打ち取る事ができます。

 

落ちる球。

 

フォークと言えば、元メジャーリーガーの佐々木主浩さんを思い浮かべます。

大魔神と称されフォークを武器に世界でも大活躍しました。

現在は、競走馬の馬主さんとして世界進出してますよね。

 

抑えの切り札だった佐々木主浩さんの

最大の武器は50cmも落ちたと言われた

フォークボールという変化球です。

 

佐々木主浩さんは150キロ近いストレートの

伸び、コントロールが抜群でした。

そのストレートがあってこそ、フォークが生きた訳です。

 

草野球選手も考え方は同じです。

ストレートのコントロールが良くて、

初めて変化球が生きるのです。

 

ストレートは速くなくても良いので、

コントロールを磨く事が先決です。

 

フォークボールの投げ方は、

ストレートと同じ投球フォームで投げます。

ストレートと同じフォームから繰り出し

真っ直ぐが来たと思ったら、

ボールがストンと落ちるので、

空振りが取りやすいのです。

 

変化球はバッターのタイミングを外す球です。

肝は腕の振りです。

ストレートと同じ投球フォームで投げましょう。

 

 

 

バッターにとって、

『よし、ストレートがくる!』

 

来るとわかっていても打てない変化球です。

手を出したら、時すでに遅し・・・。

バットが空を切るのがフォークの最大の武器です。

フォークは配球の組み立てにウイニングボールとして使う事ができます。

 

・フォークの握り

人差し指と中指で球を挟み

親指の腹の3点でボールを握ります。

 

フォークは基本、全ての指を縫い目にかけません。

中指と人差し指の間から、ボールを抜くようにリリースします。

親指の位置によりボールの変化が微妙に変わります。

練習を重ねてコントロールを身につけて下さい。

 

最初は人差し指と中指で球を挟みを浅くするとコントロールしやすいです。

慣れてきたら深く挟み、鋭く落ちるフォークをマスターしましょう。

 

中指と人差し指を球の縫い目にかけるとさらに鋭く落とす事ができます。

その分、コントロールするのは難しくなります。

・フォークを投げるコツ

フォークをマスターするコツは、ワンバウンドでもよいから、

腕をスピーディーに振り抜き投げることが重要です。

コントロールが付くようになるまでは、

ワンバウンドさせるつもりで練習する事が魔球完成の近道となるでしょう。

 

 

・キャッチャーが一流でなければ投げれない魔球

フォークはパスボール、バッテリーエラーによる進塁、

得点圏のランナーを生還させる恐れがあります。

得点を許せない場面ではなかなかサインが出しずらい変化球です。

 

草野球において意思の疎通の取れたバッテリーでないと、

勝負処でフォークボールを配球の組み立てに入れるのは

とても難しい変化球です。

 

ここが草野球の辛い所でもあります。

想像がつくマメ知識ですが、

フォークという名前は、

洋食の時に使うあのフォークから由来されます。

 

・肘の怪我にご用心・・・

フォークボールは誤って肘で回転させがちです。

肩を中心に腕を回転させないと肘を痛めてしまいますので注意しましょう。

 

フォーク投げれたらカッコいいですよね!

わさび

 

-投手論
-, , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。