仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

投手論

【投手論】 軟式草野球 カウント2-2をフルカウントで勝負する理由!!バッター心理から読み切る!!

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

【投手論】 軟式草野球 カウント2-2をフルカウントで勝負する理由!!バッター心理から読み切る!!

 

こんにちはわさびです。

例えばカウント2 − 2で、
ランナー3塁、2塁の場面だとします。


ピッチャーの心理は、

『この打者で終わらせたい・・・』と思います。


バッター心理は、

『ツーアウトだから思い切っていこう』

とチャンスに打ち気満々です。


しかしあえて、カウント2-2のここから、

ワンバウンドになるボール球を投げます。

出来れば、フォークボールなどの高速変化球が好ましいです。

誰が見てもボール球になる低めの球であれば見逃します。

これでフルカウントです。


バッター心理は、

『次こそストライクが来る!』

と思います。

そしてフルカウントからの、

ウイニングボールは高めに投げるのです。

出来れば高めからのフォークやスライダーが良いです。


バッターには、ワンバウンドした低い球の残像と、

ストライクが来るという心理から、

高めのボール球であっても手を出してくれます。


ここにキャッチャー心理が、

加わると鬼に金棒です。


さあ、フルカウントです。

バッテリーはサイン交換をします。
、

キャッチャーはわざと体を、

インコース寄りに寄せてサイン交換をします。

バッターの視野にキャッチャーの動きが入ります。


バッター心理は、

『次の球はインコースのストレートなのか?』

という意識が芽生えます。


軟式草野球の選手はインコースが苦手な選手ばかりです。


『フォアボールにならないかな。』

『体に当たったらどうしよう。』

『打ってヒーローになりたいな。』

『差し込まれないように引き付けて・・・』

打者の心理は、複雑に働きます。


ここで外角に緩いカーブを、

ストンと落としてあげれば良いのです。

バッターにインコースに強く意識させておいて、

想定外のコースに投げれば料理しやすいのです。



ベテラン投手ともなると駆け引き上手になります。

打者がバッターボックスで構えに

入ってもなかなか投げてくれないのです。


1秒、2秒。

時間にしてほんの数秒です。

それでも、打者と言うのは、

この数秒で脳裏を邪念がかすめます。


気の短い打者は待たされると、

そこに力みが生じます。


構えに力みが生じると、

緩い変化球でかわせます。


また、気の弱い打者も、

あれやこれやと余計な事を考えてしまいます。


ここで投手がズバット速球を決めると手も足も出ないのです。


打者が構えてから力みが生じ始めると、

スイングスピードに悪影響を及ぼします。


じーっと構えていると必ず力みます。

バッターは力めばスイングが鈍るのです。

そこをベテラン投手は、見抜いて焦らすのです。


ベテラン投手は、

打者が力んだなというタイミングで、

ズバッと速球を決めるのです。

これが間を外すという動作です。

間を外す。


ピッチャーがより高い技術を持っているに越したことはないのですが、

それ以上に心理面は磨いておきたいですね。


相手の心理を考えながら配球を組み立てるピッチャーは、

バッターの特徴を良く見ます。


『このバッターは引っ張り専門だな』とか、

『アッパースイングだな』とか、

『速球にヘッドが遅れている』など、

考える要素はたくさんあるのです。


傾向の分かりにくい打者の場合、

わざと1球インサイド気味の球を投げて、

タイミングの取り方を見ます。

強打者か見極めるには最適な方法です。


こうして相手の心理を考えている投手は勝ち星も増えます。


軟式草野球だって、

球が速いだけじゃ通用しません。


あなたは相手の心理を考えてプレイしていますか?


わさび


-投手論
-, ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。