仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

投手論

【投手論】球種が増える魔法のピッチャープレート活用術!ストレートとカーブのたった2球でエースになる方法!!

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

【投手論】球種が増える魔法のピッチャープレート活用術!ストレートとカーブのたった2球でエースになる方法!!

ピッチャーは"孤独"とよく表現されます。

確かにマウンドは1人です。

特にフルボッコを喰らっている最中など、

もう周りの音さえも聞こえなくなる事もあります。

こうなると、藁をもつかむ思いに駆られます。

 

こんな時、大谷翔平神様が舞い降りて

わさびに乗り移る夢を見ます。

ビシバシと三振を取るイメージをします。

これ、本気です。

まあ、これくらいマウンド上で、

バカげた発想ができないと、ピッチャーは務まりません。

 

 

 

こんにちはわさびです。

野球には”マウンドさばき”という言葉があります。

よくプロ野球中継の解説者が

『今日の大谷翔平選手は実にマウンドさばきが上手で、とっても工夫していましたね~』

などと表現されます。

 

一流シェフがキッチンをテキパキと使いこなす姿にも似ています。

調子に乗って、もうひとう言うと、

台所を切り盛りするベテラン主婦と同じだと思います。

余計、意味がわからなくなっちゃったかな・・・・。

 

マウンド慣れしている投手であれば、マウンドの台所事情を知っています。

 

例え、初めて行く球場のマウンドでも、

どのような状態なのかすぐに判断できる能力が高いのです。

 

ピッチャーマウンドに少しぬかるみがあれば、

踏み出しの足が滑ってしまいます。

 

マウンドさばきの上手いピッチャーは、

土の具合を確認して投球フォームを微妙に修正したりします。

 

また、ゴロを打たせればボールのバウンドが変わりやすいと判断して

あえてフライを打たせる配球に改める。

 

そして高めの球を有効的に使いわずかヒット1本に抑え勝利した。

このような状況を”マウンドさばき”が上手い表現されます。

 

自ら判断できる冷静さと対応力

マウンドに立つものピッチャーたるものは強メンタルが必要です。

バッターからみて、気持が負けていていかにも弱弱しい選手はすぐに見抜かれてしまいます。

 

ピッチャーは自分でゲームを作り、

内・中・外を上手く使いながらピッチングの組み立てをしたいものです。

 

そんな時に役に立つのがピッチャーのマウンドにある、

あの白いプレートです。

ピッチャープレートを活用しピッチングを組み立てていくと、

マウンドさばきが上手になります。

『ここは、オレの場所だ!』ぐらいの

強メンタル振りを発揮する事ができるようになります。

ピッチャープレートはあなたの武器となります。

 

・ピッチャープレートを強く蹴る!

ピッチャープレートの手前の土が掘られ過ぎていて

投げにくいとうピッチャーはたまにいますよね。

 

その土が少し掘られている理由は、

蹴りの効いたピッチングをする為に意図的に掘られているのです。

 

そんな時は、少し土を入れてあげれば良いのですが、

プレートを蹴って投げると単純に蹴りの効いて球の勢いが増します。

 

わさびの球速はMAX105キロです。

最速球が、105キロだと、丁度、打ち頃な球速です。

少しでも球速を速く見せる工夫をすれば、

誰でも堂々とマウンドに立つことは可能です。

 

ストレートに勢いをつけるにはピッチャープレート手前の掘られた部分に

投球モーションから振りかぶって、軸足のスパイクのつま先が入るイメージで投げるのです。

 

軸足のつま先、親指でプレートを蹴り、身体を押し出す感覚で投げるとピッチングに躍動感が出ます。

ピッチャープレートを上手く活用して、

決してバッターに負けないように、

球に気持ちを込めて渾身のストレートをズバッと決めてあげましょう!

 

・プレートは61cmもあるんですよ!

ピッチャープレートは61cmです。

横幅がこんなにも長くあるのです。

想像してみて下さい。

30cm物差しが2本分もあるのですよ!

 

三塁側のプレート端から投げるストレートと、一塁側のプレート端から投げるストレート。

これって、バッターから見て、同じ球に感じますか?

まるで違う球ですよね。

右バッターからしたら、外角外目か内角内目までこれだけの幅に差が生まれます。

さらに言ってしまえば、三塁側のプレート端から投げるストレートをクロス気味に投げる。

同じく一塁側のプレート端から投げるストレートもクロス気味に投げる。

こうなると、随分と厄介なピッチャーです。

 

三塁側のプレート端から投げるストレートは内目から外に流れるように走るストレート。

一塁側のプレート端から投げるストレートは外目から内に差し込むようなストレートに見えるのです。

これで球種が増えました。

 

 

ボーリングをやったことがある人ならこんなような経験をした事があるかも知れません。

ピンが左端に1本残ったとします。

わさびは真ん中に立って投げてもピンを倒す自身がありません。

この日のわさびはカーブの曲がりがイマイチなのです。

なので、左端に立ちます。

ここから渾身のストレートを投げて見事、スペア♪を取りました。

ボーリングと同じ要領で、野球でも体調や体のコンディションによってはプレートを上手く使い訳けるのです。

逆に面白いようにカーブが決まる日は、真ん中に立ちに左端のピンを倒しに行くかも知れません。

ピッチャープレートを考えて使う。

これだけで投球に幅が出て球種が増えるのです。

 

 

 

では、野球の話に戻しますが、カーブで考えたらどうなるでしょうか?

三塁側のプレート端からカーブを投げてみましょう。

3箇所のミット目がけて投げます。

ほら、こんなにも球の軌道に違いが生じました。

 

では三塁側プレートからカーブを連続で2球投げてみましょうか?

場面はワンストライク、スリーボール。

まず、三塁側のプレート端より内角に一投します。

『空振りストライク!』

バッターからするとカーブが自分に向かって来るように見えました。

同然、腰が引けたバッティングになり身体は起こされてしまいました。

これで、ツーストライク、スリーボールとなりました。

 

次に一塁側のプレート端から外角に投げます。

『ストライク!バッターアウト!!』

 

バッターからすると引けた腰からスイングするので、

外目に流れるカーブにバットが届きませんでした。

こんな上手いマウンドさばきをされたら、バッターはたまったもんじゃありません。

 

バッターはいちいち、

『んん、このピッチャーは、1球毎にプレートを変えているな・・・』

などとは気にしていません。

 

それに一塁側のプレート端に立ったなと感ずかれたとしても、

バッターには、その1球がミットのどの位置に収まるのか想像などつきません。

こうした工夫があなたがあなた自身を勝利へと導くのです。

草野球のピッチャーは、そんなに球種を持っていません。

わさびのように、ストレートとカーブの2種類しかありませんという選手はたくさん存在します。

『自分はカーブしか投げれないから・・・』とピッチャー志望を諦めないで、

ピッチャープレートを有効活用して少ない球種を増やす。

 

これで、あなたも立派な草野球のエースになれるんです。

あなたもピッチャーやりたくなりましたか?

わさび

-投手論
-, , , , , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。