仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

メンタル論

【メンタル論】軟式草野球 短期間で成果を上げるコツ!!メンタル強化術

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

【メンタル論】軟式草野球 短期間で成果を上げるコツ!!メンタル強化術

貴方の携帯電話のキャリアはどこですか?

こんにちわ、わさびです。

わたしの携帯電話のキャリはワイモバイルとソフトバンクです!

 

野球とまったく関係のない話から入りましたが、

今回は短期間で成果を上げるコツについてお話ししたいと思います。

 

まさに野球はとは、

1球、1球が勝負の世界です。

その局面で、できれば勝負に勝ちたいですよね?

 

一瞬で勝ち組になる成果をあげる圧倒的な方法

をお伝えます。

例えば、あなたのスマホ・携帯電話のキャリアはソフトバンクだとします。

 

この場合、ソフトバンクショップは

どこにお店があるのか記憶しているが、

auやdocomoのお店が、

どこにあるのかは意外に記憶していないものなのです。

 

人間は必要な情報以外は自然と削除しているのです。

わたしたちはあまり深い事を考えずに道を歩いているものです。

 

まさか、打席で何も考えずに立っていませんよね?

『無意識に何も考えずに打席に立てたので良い結果が生まれました!』

というヒーローインタビューがあるかと思います。

 

しかしその場面では、無意識に打つ必要性があったのでしょう。

もしかすると9回裏0ー0、ツーアウト満塁だったかもしれません。

 

しかし、目的意識を持って行動するのと、

何も考えないで行動するのでは、

結果に大きな差が出ます。

 

例えば、毎日、歩く道沿いに、

いきなりコンビニがオープンしていていました。

『あら、いつのまに・・・』

なんて経験はありませんか?

 

人の視野はカメラと同じなのです。

自分が関心のあるものにだけフォーカスします。

カメラを向けた興味のあるものだけを記憶しているのです。

 

つまりは、自分が知らない事を初めて耳にした時に、

それ知りたいか知りたくないのか、

関心を示して耳を傾ける事で、

その知りたい情報を吸収する事ができるのです。

 

例えば、私がたくさんの人たちに、

こうやったらヒットは簡単に打てますよと

いくらお伝えしたとしても、

人の価値に触れることができる人とできない人がいます。

 

つまり、自分の現実の外にある情報は聞くことが

出来ないので、実践する事も出来ないのです。

 

本を一冊、読み終えても都合の良いところだけ

自分に重ね合わせ、知っている事だけを

都合よく実践しようとします。

野球は頭を使いうスポーツです。

草野球で結果を出す多くの成功者は、

1球、1球、常に思考しています。

 

守備についている際は、

『このバッターは3打席とも左に引っ張っているな・・・』

とか、

『足が速いから盗塁するかも知れない』

など先を予測する事で、

いまやるべき事が明確化されてくるのです。

あなたが打席に立った時は、

『あのセンター肩が強いから走塁には気をつけよう』

とか、

『さっきは、カーブで三振したから変化球で攻めてきそうだな・・・』

などと頭を使うのです。

 

この個々の思考能力こそがチーム力となり形に現れてくるのです。

つまり、頭脳明快で頭の回転の良い人程、野球が上手なのです。

逆に頭の悪い人は野球が下手なのです。

 

わさびは、チームメイトに

1球、1球試合をよく見ろ!と口酸っぱく言います。

時に、『なあ、今日の捕手の肩は強い?弱い?』

と聞いたりします。

 

『分かりません。』という返事が来たら、

『捕手の肩の強さを見ておいてくれ!』と要求します。

こうするのも目的意識を持つ事の大切さを

知って欲しいからなのです。

 

野球でも仕事でも、成功者の多くは自分の現実でなくても、

素直に取り入れそれをすぐに実践できる。

そんな人こそが、短期間で成功に近づけるのです。

 

あなたが、ワンアウト3塁のチャンスにで打席に入ったとします。

ここで考えられる作戦はたくさんあると思います。

例えば、どのような選択肢がありと思いますか?

 

少し、思考してみてください。

スクイズ、

犠牲フライ、

高いバウンドのゴロゴー狙い?

あなたはこの中から、

犠牲フライを狙うと決めたとします。

 

こうして、自ら、

やるべき事を明確にするのです。

 

ただ打席に立ってバットを振るだけとは

気持ちに大きな差が生まれました。

 

犠牲フライを打つには、

低めのボールではゴロで引っ掛ける可能性が高まります。

低めの変化球もNGです。

『それならば、追い込まれるまでは、高めのストレート1本狙いだな・・・』と、

 

このように視野を広げ、選択肢を増やす。

そして、最良の選択をします。

 

このようにやるべき事を明確化する事で、

集中力が出ます。

野球で大切なのは、目的を持って意識して行動する事なのです。

あなたは常に思考しながら野球をしていますか?

 

わさび

-メンタル論
-, , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。