仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

練習論

【練習論】ダブルプレー練習を極める‼満塁、三塁一塁ケースでやることをべき事とは⁉

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

 

【練習論】ダブルプレー練習を極める満塁、三塁一塁ケースでやることをべき事とは⁉

 

あなたは草野球楽しんでいますか?

 

わさびは毎週、エンジョイしていますよ!

こんにちはわさびです。

試合も楽しいけど、

慣れ親しんだチームメイトとの練習も楽しいですよね!!

 

あなたは練習好きですか!?

 

そんな練習メニューと言われて頭に浮かぶのはノックです。

サードノックのバックファーストから始まり、

ゲッツー(ダブルプレー)に移行して、

セカンドフォースアウトからバックファーストという練習に終わる。

そんなありきたりの練習をしていませんか?

 

たまには、より実戦的にダブルプレーの練習をしてみませんか?

ダブルプレーって、

全てがランナー 一塁のケースだけじゃないですよね。

ホームゲッツーだってあるし、

ランナーのパターンも多種多様です。

 

だったら、たまには、身になるダブルプレー練習をしてみませんか?

 

・ダブルプレー三塁、一塁のケース。

三塁、一塁の場合、

チームが大量リードしているケースや、

一点もやれないケースと、

あらゆるシチュエーションが考えられます。

点数差、イニング状況、試合の展開などにより、

三塁ランナーをホームに返してでも、

ダブルプレーを狙うケースもあります。

 

例えば、ノーアウト三塁、一塁の場合、

ダブルプレーでピンチを断ち切れば、

ランナーはいなくなります。

 

もしも、ホームに投げてアウトに出来たとしても、

バッターランナーを活かしてしまえば、

ワンアウト二塁、一塁と、

さらにピンチが続くのです。

 

『よーし、次はダブルプレーやります!』

だたノックをするだけでは脳がありません。

 

まず、ノッカーが指示を出します。

『ノーアウト三塁、一塁です。』

『試合は中盤です。』

『スコアーは00-05でリードされています。』

と選手に空想させるのです。

 

スポーツはイメージトレーニングが大切です。

ノックを打つ前に、

ここでどんな守備が想定されるかと、

内野手のひとりに問いかけてみると良いです。

野球は頭を使うスポーツです。

ただノックを体で受けるだけでなく頭も体も使うのです。

 

イザ、試合ともなると、

三塁、一塁というケースは、

満塁や二塁、一塁と比べて頭の中で複雑に考えがちです。

 

こんな時は、内野の司令塔、もしくはベンチから、

指示があると落ち着きます。

 

シンプルに考えれば、

1点もやれないケースでは三塁ランナーだけを意識します。

そして内野手は前進守備でバックホーム体勢を取ります。

また、1点を献上しても良いケースでは、

一塁ランナーだけを意識します。

そして中間守備でゲッツーを狙います。

 

このように、

『こんなケースがあるんだ!』と具体的に空想させながら、

頭を回転させながらノック練習を行うのです。

 

ダブルプレーと言っても、

スコア、試合展開などで局面は刻々と変化します。

 

試合中、あらゆるケースに対応できる脳を持つ事で、

チーム力の底上げになるのです。

 

このような練習の場を活用して、

チームメイトが共用していかないと、

いつまで経っても、

行き当たりばったりな試合しかできません。

 

例えば、ノッカーが指示を出します。

『ノーアウト満塁です。』

『試合は最終回です。』

『スコアーは02-01。1点もやれないぞ!!』

と掛け声を掛けます。

また、実際にダブルプレー練習をやる際、

当然、捕手も置いている訳です。

 

なので、ノックを打つ前に、

捕手がどんな守備をするべきかと

内野手のひとりに問いかけてみると良いです。

・試合の指令塔は捕手である。

先にも述べた通り、

実際の試合となると、

ベンチから指示よりも、

プレイヤーであるキャッチャーからの指示が良いです。

 

例えば、ピッチャーゴロが飛んだら、

二塁かバックホームの指示を出します。

捕手に実際に声出しながら練習をしてもらいます。

 

捕手も経験値を積めますし、

内野手が捕手からの指令に集中する事で、

実戦に近い練習ができます。

・ダブルプレーの基本フォーメーション。

ダブルプレーを狙う時は、

基本はセカンドとショートは塁ベースに近づきます。

 

サードは塁ベースから少し離れた位置まで前進します。

ファーストは一塁ランナーにリードを取らせないように、

塁ベースでピッチャーからのけん制球を待ちます。

・打球が塁ベース付近に飛んだら・・。

ベースを踏んで次のアウトを狙います。

この判断も捕手からの指令により判断していく練習をします。

 

・ダブルプレー満塁のケース

ピッチャーも含めて、

内野手全員がバックホーム体勢です。

 

内野手全員がゴロほ捕球したら、

ホームゲッツーを狙います。

 

例えば、ノーアウト満塁の場合は、

長打を喰らえば、大量失点のピンチです。

しかし考え方次第では、どこでもアウトが狙えるのです。

 

満塁を守りにくい思えば守りにくくなってしまいます。

ピンチになった事を素直に受け入れて、

満塁は守りやすいと思えば、

守りやすく感じるのです。

 

ダブルプレー満塁の想定は、

1点も与えられないという緊迫感を持つ事です。

 

まず、ノッカーが指示を出します。

『ノーアウト満塁。』

『試合は最終回です。』

『スコアーは02-01。1点もやれないぞ!!』

と掛け声を掛けます。

ノッを打つ前に、

㎏行ってえどんな守備をするべきか、

やはり内野手のひとりに問いかけてみると良いです。

 

『内野手は全員前進守備でホームゲッツーを狙う、捕手は捕球後、間に合えば一塁送球をする。』

これが模範解答になりますが、

実は、質問に答えられない選手は多いものです。

 

ですから、ノッカーは質問してみると良いです。

これはイジワルではなく、

野球は頭を使うスポーツだからなのです。

 

 

草野球で結果を残したかったら、

常に頭で考えながらプレーをするのです。

この事実をあなたを通して、

チームメイトに理解してもらうのです。

 

ダブルプレー満塁のケースは、

キャッチャーはバックホームの球が来たらホームプレイを踏みます。

サードランナーをフォースアウトにして、

素早くファーストに送球をします。

そして確実にバッターランナーもアウトにします。

 

この時、ピッチャーは、

内野ゴロを打たせるのが務めとなります。

ノックをやりながら、

ピッチャーにこの場面では、

低めの投球を心掛けるという事も理解してもらいながら、

練習を進めていきます。

 

また、ワンアウト満塁というケースも想定されます。

合えつらい向きの打球が飛んだきた場合、

セカンドでフォースアウトにして、

ファーストへ送球することもあるでしょう。

 

・ダブルプレー練習のポイント

まず、内野手は的確な送球をするという事です。

ファーストに投げやすい球を投げる事を

心掛けて練習をします。

 

ファースト守備の選手は、捕手と被る塁線上で良いですか?

やっていくうちに、

こんな疑問も出てきます。

 

バッターがベテラン選手の場合、

巧みに走塁してくる事が想定されます。

 

バッターがノーアウト満塁で痛烈な内野ゴロに倒れた瞬間、

脳裏に浮かぶのがダブルプレーです。

ダブルプレー逃れの為に、

せめてバッターランナーのオレだけは、

セーフになってやろうと必死なはずです。

内野ゴロでノーアウト満塁が、

ダブルプレーによりツーアウト三塁、二塁になってしまうのと、

 

生きてワンアウト満塁で仕切り直しするのでは、

天と地の差があります。

 

ランナーは背中で捕手と一塁間を背中で隠すように走塁するのが基本です。

野球を熟知している選手ならば当たり前の行動です。

そんな時、ノッカーは、一塁手に、

『ランナーが捕手と重なった場合どうしますか?』

と問いかけてみましょう。

 

『ランナーと交差しないように、ベースラインから離れた位置で構え、捕手の送球を待ちます。』

と答えが返ってくれば模範解答となるのです。

 

このように端的にノックしていくのでなく、

野球は頭を使うスポーツなのだと、

チームメイトに認識させる練習を行うべきなのです。

ダブルプレーが満塁になっただけで、

慌てふためくチームは多いです。

 

練習の段階から、

ダブルプレー満塁というケースもあるのだよと

認識すれば試合でゲッツー成功の確率がアップするのです。

 

例えば、スーパーマリオブラザーズで、

最終面がなかなかクリアできなかったのに、

ふとしたあっさりとクリアできた!

 

そして、一度クリアできたら、

面白いように当たり前のようにクリアする事ができるようになった。

こんな経験があると思います。

野球もゲームと同じなのです。

何度も何度も練習で失敗を重ねるから、

成功が待っているのです。

 

あなたのチームは、

練習であらゆる場面を想定したは

ダブルプレー練習をやっていますか?

 

わさび

-練習論
-, , , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。