仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

練習論

【練習論】盗塁阻止率100%選手がやるセカンドカバー練習!!ベースタッチのコツを極める!!

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

【練習論】盗塁阻止率100%選手がやるセカンドカバー練習!!ベースタッチのコツを極める!!

 

野球のプレイには盗塁や投手からのけん制で、

二塁のベースのカバーに入る事が多いと思います。

大事な試合になると、細かいミスは命取りに成り兼ねません。

 

試合で楽に盗塁をさせてしまえば相手は走り放題。

けん制も誰もカバーに入らない。

こんなチームは足元を見られてしまいます。

 

 

セカンドランナーは得点圏走者です。

走らせ放題のチームは容易に、

得点圏にランナーを進めさせてしまいます。

こんなチームは大量失点の多いチームです。

 

失点を減らすには、セカンドカバーはとても大切です。

また、例えアウトが取れなくても、

『際どい・・・』

と相手は相手チームに思わせる事が重要になります。

それだけアウト1つの重みは大きいのです。

 

 

 

こんにちはわさびです。

盗塁やけん制でのセカンドカバーは、

練習して体で覚えないと本番ではなかなか上手くいきません。

 

頭の中で知っていると、

やった事があるとは大違いなのです。

 

 

ベースカバーに入り捕球して、

ベースにタッチするまで一連動作は、

簡単そうに見えて案外難しいです。

 

そこで、今回は、セカンドベースで、

盗塁ランナーやけん制球での、

ベースタッチをする練習をお伝えします。

 

 

練習のやり方は至ってシンプルです。

2人組セットになり練習します。

 

セカンドで捕球する選手と、

ピッチャーマウンドから送球する指導者に分かれます。

 

 

 

練習例:

試合球を10球用意します。

選手はセカンドベース上で送球を持ちます。

※塁ベースを両足で跨ぐように待ちます。

 

指導者はピッチャーマウンド付近に立ちます。

指導者がセカンド選手に10球連続で投げます。

※実践球の球速で投げて下さい。

 

送球する球筋はランダムで行います。

ショートバウンドや高めの球や、

左右に振れる球などをも投げます。

もちろん捕球しやすい球も投げます。

 

 

練習では常に試合を想定して動ける選手は上達が早いのです。

練習は試合を意識する。

野球は頭を使うスポーツです。

 

 

捕手や投手からのセカンド送球は、

100%ストライクがきません。

試合で100%ストライクが来るとは限りらないのです。

 

この練習で学ぶべきポイントですが、

試合はあらゆるランダムな送球がセカンドにきます。

 

それをいかに素早くベースタッチアウトをするか、

そして10球連続で行い事で体で覚える事が目的となります。

 

セカンドで捕球する選手は、

盗塁してくるランナーをイメージしながらプレイを行います。

 

もちろん、盗塁してきたランナーを刺すには、

走者にタッチするかベースタッチします。

 

10球連続でベースにタッチする事で、

あらゆる体勢でもあらゆる角度くる送球をこなします。

 

捕球した球を素早くその辺に転がし捕球体勢に入ります。

これを10球連続で行ってください。

 

セカンド選手が初心者であれば全て胸元への送球で構いません。

指導者は選手にあった的確な場所に投げる事が練習のポイントです。

 

セカンド選手の動きを覚えるにはとても有効な練習です。

 

 

セカンドカバーの動きをしっかりとマスターして、

試合で華麗なプレイを見せたいですね。

 

あなたはベースタッチは上手ですか?

 

わさび

 

-練習論
-, , , , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。