仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

練習論

【練習論】軟式草野球 未経験者に必要な次のプレイ!!片足をベースに付け捕球してタッチをする練習!!

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

【練習論】軟式草野球 未経験者に必要な次のプレイ!!片足をベースに付け捕球してタッチをする練習!!

 

草野球をやっていると感じるのが、

野球経験者と未経験者との差です。

 

こんにちはわさびです。

野球経験者の守備って、

流れるように綺麗に見えるんですよね。

 

素人目にみても、

野球経験者の動きは実にシャープに映ります。

草野球は誰でもできるスポーツです。

 

誰にでも気軽に始められるがゆえに、

未経験者が野球に慣れてきた頃に、

経験者との差に悩む事があります。

 

学生時代に野球部に所属していた人は、

野球の基礎が叩きこまれています。

 

未経験者だと、内野手の動き、

外野手の動き、捕手、投手の動きと、

それぞれのポジションによって、

動きが違う事をまだ理解できていません。

 

野球はタイムがかかるまではインプレーです。

 

未経験者は基礎を叩き込まれていないので、

捕球したからどうゆうふうに動けば良いのか、

分からない選手もいるのです。

 

そして頭の中では、理解していても

動けないのが素人だったりするのです。

 

今回は、守備において次のプレイを、

確認する意味でやっておきたい練習があります。

ちょっとご紹介したいと思います。

 

あえて全員、ホームベースに集めます。

 

練習例:

全員が捕手位置につきます。

 

指導者がショート付近から送球をします。

捕手位置の選手達は、

片足でホームベースを踏んだ状態で内野からの返球を待ちます。

 

なるべく指導者は捕手位置で捕球する選手が、

足を延ばしてもギリギリの場所で捕球できる所に、

投げるのがポイントとなります。

 

捕手位置の選手は、

ホームベースを踏んだままで捕球してタッチをします。

 

捕球する選手は、

もしも指導者の送球が逸れた場合は、

捕球後、すぐにホームベースに戻る意識を持って下さい。

 

これを5分間、繰り返します。

 

捕手への送球は、逸れる事も想定されます。

というか、草野球は、

送球が乱れるのが前提なのです。

 

そこでこの練習に、少しアレンジを加えてみます。

 

・全ての内野手を配置して捕手に向かって投げる練習をする。

外野手にも加わってもらいます。

内・外野全てが守備につきます。

※球は各外野手に配置します。

 

外野手が中継に入る、内野手に送球します。

外野手からの送球を受けた内野手は、

捕手に送球します。

 

外野手は内野手が捕球しやすいボールを投げる。

そして、内野手は外野手と捕手の点と点を

直線で結ぶ位置で捕球体勢を取ります。

 

捕球したら素早く捕手に送球します。

様々な方向から捕手に送球が集まりますので、

充実した練習になります。

 

ノック練習やフリーバッティングだけでは、

体感できない事はたくさんあります。

 

野球はタイムがかかるまではインプレーです。

 

野球は頭を使うスポーツです。

守備は捕球してお終いではない事を意識して練習する。

 

練習で想定しながらプレイする事で、

明日の試合に繋がるのです。

 

あなたは次のプレイを意識していますか?

わさび

-練習論
-, ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。