仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

練習論

【守備論】軟式草野球 ボテボテのゴロはこう捕れ!!エラーしないたったひとつ極意⁉

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

【守備論】軟式草野球 ボテボテのゴロはこう捕れ!!エラーしないたったひとつ極意

緩いゴロって、案外、難しいですよね。

でも、ボテボテのゴロを確実に

捕球するコツはあるのです。

 

こんにちはわさびです。

 

ボテボテの緩いゴロが転がってくる。

この時間って、

結構、長く感じませんか?

 

この間、余計な事を考えてしまったりして、

『もう少し前に出ようかな。』

『それとも待って取ろうかな。』

 

そんな事を考えていたら、

あっ、ポロリ。。。

『おーい、サード~easy easy!!』

 

内野の選手であれば、

一度や二度、三度ぐらいは、

こんな経験をした事があると思います。

 

そんなボテボテのゴロを、

カッコ良く捕球したくありませんか⁉

私は上手にキャッチしたいです!!

 

それにはカンタンなポイントが

たったひとつだけあるのです。

それは・・・。

 

打球は遠回りして捕る。

 

ボテボテのゴロの捕球は、

打球に対して直線に走らない事です。

直線に走らない⁉

 

打球に対して直線に追わず、

回り込むようにして捕球に向かうのです。

緩いゴロの捕球は放物線を描いて走る。

放物線を描いて回り込むようにして捕球すると、

捕球と同時に一塁手に体が向く事になります。

 

こうする事でステップのリズムが合わせやすくなります。

 

回り込んで捕球すれば、

自ずとスムーズに送球体勢に入れるのだ。

 

打球に対して直線に走っていくと、

捕球して時に、急激にストップする必要があります。

 

走った勢いを止めてから、

ワンステップで送球すると、

上手く送球体勢に入りずらいものです。

 

放物線を描いて回り込む事で、

ワンステップで一塁方向に足が出ます。

 

直線に走ると体の向きや体の流れが、

本塁方向に向いています。

 

しかし、回り込む事で、

自然な流れで一塁へ体が向くのです。

 

チョットした動きひとつで、

内野の守備は変わるものです。

 

意識して動けば、凡ミスは最小限に防げるのです。

内野ゴロ、特に緩いゴロは、

確実にアウトに仕留めたいですよね。

 

ところで、あなたはボテボテのゴロを

確実にさばけますか⁉

 

わさび

 

-練習論
-, , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。