仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

練習論

【守備論】軟式草野球 二遊間 けん制の入り方が分かりません。

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

【守備論】軟式草野球 二遊間のけん制の入り方が分かりません。

 

二遊間の呼吸が合わせにくくって・・・。

けん制は難しい。

 

ランナーを気にし過ぎると守備が乱れそうで・・・。

けん制は難しい。

 

こんにちはわさびです。

けん制は投手と野手の呼吸が大切ですよね。

カンタンなようで、

案外、難しいなあと感じている人も多いのではないでしょうか。

 

今回は、そのけん制について

お話ししたいと思います。

まずは、けん制に入る意味を考えてみます。

ランナーのリードが大きくなれば、

けん制する必要が出てきます。

 

例えば、セカンドランナーにリードを許してしまうと、

ワンヒットでもホームに生還を許してしまいます。

 

けん制とはランナーを意識させて、

リードを最小限にさせる狙いがあります。

 

場合によっては、見せ球を1球入れるだけで、

『カンタンには走れないな・・・。』

と相手ベンチが警戒してくれる事もあります。

 

 

 

・タッチはランナーでなくベースの縁を意識せよ。

ランナーは足から帰塁します。

基本的に体にタッチしにいくのはNGなのです。

 

それは体よりも足がベースに到達するほうが、

断然、早いからです。

体にタッチしても追いタッチになるだけなのです。

 

・ランナーを気にせずに捕球だけに集中せよ。

タッチは体ではなくベースの縁(※三塁側)を意識します。

後は、グラブを一直線に下ろしましょう。

 

グラブを下した先には、

ランナーの足が還ってくるはずです。

最短距離でランナーを刺せば、

一流プレイヤーと言えるでしょう。

 

 

・投手と野手との呼吸は大切。

けん制は投手と野手の呼吸が大切です。

 

例えば、投手は1.2でけん制を投げるとか、

投げるタイミングを決めておくのがベストです。

 

一塁と三塁の守備は、ベース固定になるので、

ランナーのリードは比較的小さめになります。

 

しかし二遊間は別です。

 

野手がベースに入ったり、引いたりと

二遊間が細かく動けば、

その分、ランナーのリードは小さくなります。

 

基本的にはスタートを遅らせるのが目的なのですが、

一発狙いで、ランナーを刺しにいく事も必要です。

 

時には、野手が一瞬、静止して、

ランナーが油断した隙にベースカバーに入ります。

かけ引き次第ではけん制プレイが完成します。

 

・ランナーを意識しすぎると狙い打ちされる。

野手のポジション取りによっては、

打者が狙い打ちをしてきます。

 

野手があまりにもランナーに気を取られ過ぎると、

極端なベース寄りポジションになりがちです。

バッターからすれば、一二塁間、

或いは三遊間が大きく開けば、

絶好のヒットゾーンが広がったとなります。

バットコントロールが上手いな選手なら、

確実に転がしてくるでしょう。

 

 

以上、まとめると

・タッチはランナーでなくベースの縁を意識せよ。

・ランナーを気にせずに捕球だけに集中せよ。

・投手と野手との呼吸は大切。

・ランナーを意識しすぎると狙い打ちされる。

 

これらを意識するだけで、

けん制上手なチームとなるでしょう。

 

あなたはけん制に入るのは上手ですか?

 

わさび

 

-練習論
-, , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。