仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

練習論

【守備論】軟式草野球 外野手 正面フライは意外に難しい!!エラーしたくなければこれをやれ!!

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

【守備論】軟式草野球 外野手 正面フライは意外に難しい!!エラーしたくなければこれをやれ!!

 

外野の正面のフライ。

一歩も動かない平凡なフライ。

結構、捕球するのが難しくありませんか?

 

こんにちはわさびです。

『イージー』

とチームメイトから掛け声があがります。

『イージーイージー』

かんたんに捕れる打球・・・。

 

でも、外野手の経験のある選手なら、

よくわかると思いますが、

正面のフライほど難しい・・・ですよね。

 

正面のフライは意外と難しい。

わさびは常々外野手って、

華麗なポジションだなって思うんです。

 

 

・ひとつのミスが命取りなポジション。

外野手は右に左にと、

広範囲に走れって守れる守備力が必要です。

 

フライとライナーでは大違い。

憶測を誤ってバンザイでもすれば、

たちまちランニングホームラン!!

 

自分の守備ひとつで得点になる確率が高いポジションなのです。

 

打球により速さや勢いも違います。

それに加えて、己の足の速さ、

肩の強さが要求されるポジションです。

 

また内野手と比べると、外野手への打球は、

得点に絡む事が多いのです。

 

外野守備をやったこともないのに、

いきなりレフトを守らされて落球してしまい、

逆転タイムリーを許してしまったという

苦い経験をした事がある選手も少なくないと思います。

 

そんなたった1本で試合を左右するポジション。

それが外野手です。

確実な捕球術を身につけたいところです。

・はじめの一歩の判断力。

外野は打球の判断が難しいポジションです。

前に出るか後ろに下がるか

はじめの一歩が大切になります。

 

打球が飛んで来たら瞬間的に判断します。

そしてすぐに落下点に入らなければならない。

 

つまり自分のポジションから前後、左右に動く打球は、

あなた自体に走る動作が加わります。

自分から打球を追う立場なのだ。

 

しかし正面の打球は違います。

最初から落下点に入っているのです。

つまり打球を追う立場でなく、

打球が自分に向かって飛んでくるのだ。

これが正面フライが厄介な原因のひとつなのだ。

 

だから正面の打球は難しい打球なのです。

正面フライの打球は意外と伸びてくる錯覚に陥ります。

それゆえに打球感も距離感も掴みにくい打球なのです。

 

・正面の打球を確実にキャッチする方法。

正面の打球はすぐに落下点に入ってしまうと捕球しずらいです。

真下に入って待つのはキケンなのです。

 

正面フライの打球を上手に捕球するコツは、

捕球の瞬間に一歩だけ前に前進する距離感が欲しい。

つまり落下点は一歩後ろになります。

 

・落下点1歩手前で待つ。

フライやライナーを捕球する時に

一歩前に出ながら捕球すると体に遊びができます。

膝の動きが加わるのです。

 

膝を上手く使う事で、

体が柔軟に使う事ができます。

 

落下点の一歩手前で捕球する事で、

エラーを最小限に防ぐ事ができるのです。

 

例えば、落ちてくる生卵を割らないように捕球するには、お

衝撃を吸収してそーっと受け取るのが好ましですよね。

これが落下点の一歩手前の原理なのです。

 

正面フライは1歩後ろから1歩前に出て捕球する。

知っていると知らないとでは、

大違いですよ。

 

あなたは正面フライは上手に捕球できますか。

 

わさび

 

-練習論
-, , , , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。