仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

練習論

【練習論】軟式草野球 フリーバッティング 『かっ飛ばすと気持ちイイ!!』だから試合で打てないのです!!

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

【練習論】軟式草野球 フリーバッティング 『かっ飛ばすと気持ちイイ!!』だから試合で打てないのです!!

こんにちはわさびです。

あなたは、フリーバッティングで、

何かしらの目的意識を持って挑んでいますか?

 

せっかくのフリーバッティング。

端的に打って、カッと飛ばして気持ちイイーだけではもったいないです。

 

草野球チームの練習メニューと言えば、ノック。

次にフリーバッティングという流れです。

 

1部優勝を狙っているようなバリバリのチームならともかく、

必然的に効果的な練習メニューをやっています。

 

しかし、ごく普通なチームだと、

練習メニューは、な~んとなくその場で決める感があります。

『なあ、あと、練習、何やろっか?』

『どうする?』

『フリーでもやるか・・・』

みたいな流れですから、

当然、監督やコーチからも、何らかの指示が出るケースは極めて少ないです。

 

個人で目的意識を持ち毎回、

テーマを決めてフリーバッティングに臨む事で、

より効果的な練習メニューをこなせるのです。

 

・正しい打撃フォームで打つ!

理想を言えば、フリーバッティングでは、

打席の全ての球を意識して欲しいことがあります。

それは、

正しい打撃フォームで打つ事。

 

言い換えれば、理想のバッティングフォームで打つ事を意識する。

理想的なフォームで打てば、簡単にバットの芯を食うのです。

 

・ライナー性の当たりを意識する。

フリーバッティングで10球中、
8,9球はマシンを飛ばすのは当たり前である。

しかも、ライナー性の当たりを意識します。

ゴロを打つ練習をするならともかくとして、
もしもフリーバッティングで、

ゴロばかり転がすようでは、

試合でヒットを打つ事は相当、難しいです。

 

ライナー性の当たりを強く意識しましょう。

簡単にライナーが飛ばせるようになれば、

ホームラン性の当たりを飛ばすのも容易になります。

 

・右打ちを意識する

右打者であえば、いわゆる逆方向。

右打ちの練習してください。

草野球で意識的に右打ちをできる選手は数少ないです。

また、右に打たなければならない場面がも多いです。

左打者もでも試合では、右に打たなければならないケースは多々訪れます。

右に打てる選手は監督の信頼度も上がります。

 

右だけでなくもちろん、左に打つ練習も重要です。

ケースに合わせて意識的に引っ張ったり、

流すことができる選手になりましょう。

 

・フリー+シートノックでケースバッティングを意識する。

フリーバッティングで、頭の中でランナーを置きながら、

あらゆる場面を想定したバッティングをしてみましょう。

 

できれば、全員協力の上で、全ての守備を配置し、架空ランナーを置きます。

(※人数がたくさんいれば実際にランナーも置く)

 

『じゃー次はノーアウト3塁。
7回裏2ー2でサヨナラの場面』とかです。

監督も一体となり、ケース毎に、

言葉でサインを出してあげると、
より実践向きな練習ができます。

『よーし、サヨナラの場面だ。外野に飛ばせー』
『3塁ランナーはタッチアップあるぞ!!』となります。

なんか、いい感じになってきたでしょ?

 

 

その他にも、スクイズやエンドランを想定してみたり、

ノーボール、ツーストライクなど、カウントの想定も効果敵的な練習成果が上げられます。

 

以上、フリーバッティングで

何らかの意識を持つ事で、効果的な成果を上げる事ができます。

練習メニューにアレンジを加え、

あなたのチームに合ったオリジナルメニューを作りましょう。

あなたはフリーバッティングで、何かを意識して打っていますか?

わさび

-練習論
-, , , , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。