仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

自己紹介 プレーボール

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

草野球とは? 

素人が集まってする野球。

 

その草野球に魅了され70歳まで生涯現役を掲げ、

東京都下で草野球チーム監督兼選手をやっています。

通称”わさび”と申します。

 

出身地は神奈川県の横浜市鶴見区です。

1969年、山下公園にいちばん近い病院で産声を上げました。

草野球デビューは1998年でした。

以来、軟式草野球一筋に生きてきました。

 

時には家族も垣間見ずにグランドに子供を連れてまでも

野球に参戦し続けてきました。

 

 

『いないいないばー』

ベビーカーを片手にあやしながら、

娘をチームメイトに押し付け、

『カキーーン!』

と打席にも立ってきました。

 

しかし、わたしの肝心な野球経験はというと・・・。

まったくのゼロ!です。

ド素人からのスタートでした。

 

打席に立てば三振、三振。

打球が飛んでくればオデコでキャッチしてきました。

 

こんなわたしが野球を始めてまもなく。

軟式草野球チームの監督に就任してしまうのだから、

人生、何が起きるか分かりません。

 

いままでの約20年間で2つのチームを監督を経験してきました。

現在のチームを立ち上げる前は、

野球連盟一部の常連チームも経験してきました。

現在は70歳まで現役を掲げて壮年チームを立ち上げ古豪奮闘中です。

 

チーム生涯成績の合計は、

881試合519勝336敗26分(2018年3月1日現在)です。

 

特技は塁を盗む事と失策です。

平成の最後の年に49歳を迎えました。

50歳でようやく一人前と言われる草野球界。

更なる進化を遂げるために、日々、練習に励んでおります。

 

野球はメンタルです。

草野球はプライベートにも活かせるヒントがたくさんあります。

そしてあらゆるビジネスシーンでの苦難も乗り越える、

強いマインドを持つ事ができました。

 

このブログでは軟式草野球がわさびに教えてくれてことを記事にしていきます。

 

メンタルを活かして草野球で良いプレイをする。

軟式草野球界で一流を目指すプレイヤーたちの

ヒントとなる話題を取り上げ参ります。

どうぞよろしくお願い致します。

 

仕事に活かせ野球メンタル術 野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った

草野球監督兼選手 わさびの戦略レポート

 

サイトアドレスは http://topbb.site です。

よろしければ、ブックマークにご登録ください。

投稿日:

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.